おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

『穴吹情報デザイン専門学校』で楽しみながらイラストを学ぶ!

      2017/09/08

広島県福山市にある『穴吹情報デザイン専門学校』は楽しみながらイラストを学べる取り組みを行っている所です。

その秘密は、様々なイベントに参加をしながら、授業に取り組んでいくので楽しみながらイラストを描くことが出来るのです。

それでは、この専門学校を詳しく知らない方のために、どのようなイベントや特色があるのか詳しく紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

穴吹情報デザイン専門学校のスケジュール

穴吹情報デザイン専門学校では、様々なイベントや制作展がありますが、その中でもイラストに関係のある東京ゲームショウ/アートフェスティバル/終了・卒業制作展について詳しく紹介しましょう。

東京ゲームショウ

穴吹情報デザイン専門学校は、毎年9月に幕張メッセで開催される『東京ゲームショウ』に作品を出展しています。

このイベントには、様々なゲーム業界の企業が参加をしているので、生徒が作った作品を覚えてもらうことによって、就職活動を有利にすることが可能です。

さらに、様々な作品を見ることが出来るので、良い刺激を受けたり、息抜きをしたりする事も出来るでしょう。

アートフェスティバル

穴吹情報デザイン専門学校のデザイン系の学科で、10月に開催されるのが『アートフェスティバル』です。

このイベントは、福山市の『ショッピングモールポートプラザ』で実施するので、親子連れの方たちに作品を見てもらえます。

穴吹情報デザイン専門学校の発表によれば、1,300名以上に見てもらえた事もあるので、作品制作をする時から大勢の方に見てもらえる事を楽しみにして制作する事が可能です。

修了・卒業制作展

穴吹情報デザイン専門学校で、学んできた成果を試せるのが『修了・卒業制作展』です。

この修了・卒業制作展では、多くの方たちに見てもらえるので、第三者の意見を聞ける絶好の機会です。

授業では友達や教師の意見しか聞けないので、あまり確信が持てなくても、大勢の方から意見を聞く事が出来れば目指すべき目標も定まります。

それが分かれば、就職した後に活かせていけるので、この修了・卒業制作展の経験は貴重なものになるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

穴吹情報デザイン専門学校の学科

イベントは楽しむ事が出来ますが、業界で活躍するために必要となるのが、どの学科を選ぶかが重要になります。

そこで、穴吹情報デザイン専門学校の数多くある学科の中でも、イラストの技術を学べる3つの学科を紹介しましょう。

マンガ・イラスト学科

マンガ・イラスト学科は名前の通りで、マンガとイラストの両方を学ぶ事になるので、マンガも描けるイラストレーターを目指している方にはおすすめです。

そして授業の内容は、デッサン基礎/カラーイラスト実習/シナリオ/デジタルコミックなどを学びます。

デッサンの基礎では画力を高める事が出来て、カラーイラスト実習はデジタルのイラストを中心に勉強していくのです。

シナリオはマンガを描く上で重要となるシナリオを構成する方法を学んで、デジタルコミックはパソコンでマンガを制作する方法を学んでいきます。

CGデザイン学科

CGデザイン学科は、CGのイラスト制作を中心に学んでいきます。

その授業内容は、広告論/Webレイアウト/アドバタイジング/商業イラストなどです。

広告論は広告やチラシを使用しながら学んでいき、Webレイアウトはサイトのレイアウトやデザインについて学んでいきます。

アドバタイジングはデザインのルールや法則を学んでいき、商業イラストは広告や雑誌に入れる挿し絵の描き方を学んでいくのです。

イラストだけでなくWebも学べるので、フリーランスでイラストレーターを目指している方は、自分のサイトを作成して作品を多くの方に見てもらえる事が可能になるでしょう。

グラフィックデザイン学科

グライフィックデザイン学科は、アナログとデジタル両方でイラストを制作する方法を学んでいくが学科です。

その授業内容は、ベーシックデザイン/イラストレーション/エディトリアル/写真実習などがあります。

ベーシックデザインは点/線/面/色/余白などでデザインを構成する技術を習得して、イラストレーションは様々な画材を学びながらイラストを制作していきます。

エディトリアルはAdobeのソフト『InDesign』の操作方法を学びながらカタログやパンフレットを制作していき、写真実習ではカメラの使い方やデータ管理などを学んでいくのです。

このカメラの使い方を学べば、様々な風景を撮影してイラストを描く上で大いに参考にする事が出来るはずです。

穴吹情報デザイン専門学校の設備

穴吹情報デザイン専門学校では、生徒たちが学業を専念出来るような設備が揃っているので、その中でもイラスト制作をする方におすすめの設備を3つ紹介しましょう。

Mac実習室

デザイン業界で多くの企業が使用しているパソコンがMacで、そのMacを数多く揃えているのが『Mac実習室』です。

ここではMacを揃えているだけでなく、そのMacにはCGのイラストやロゴを制作出来るAdobeのソフト『Illustrator』や『Photoshop』が用意されています。

そのため、心置きなくCGのイラストを制作する事が出来るでしょう。

ゲーム実習室

ゲーム業界でも、多くのイラストレーターが活躍しており、多くの生徒たちがゲーム業界の企業へ就職しようとしています。

この学校では、そのような生徒に希望を叶える設備『ゲーム実習室』があります。

この実習室では、ゲーム制作に関係するソフトが揃っているので、ゲーム業界で活躍したい方にとっては必要不可欠な設備と言えるでしょう。

学生ラウンジ

穴吹情報デザイン専門学校では、授業で使用する設備だけでなく、休憩時間に生徒たちが息抜き出来る設備『学生ラウンジ』を用意しています。

この学生ラウンジでは広い室内空間になっており、多くの机や椅子が用意されています。

そのため大勢の生徒たちが、会話を楽しんだり、交流を深めたりする事が出来るのです。

穴吹情報デザイン専門学校の学費サポート

穴吹情報デザイン専門学校のイベントや特色を理解出来ても、学費が高ければ通学出来ない方もいるでしょう。

この専門学校では、そのような方にも配慮しており、様々な学費サポートがあるので紹介しましょう(2017年3月時点)。

社会人推薦入学特待生制度

『社会人推薦入学特待生制度』では選考により、特待A/特待B/特待C/特待D/特待Eなどを用意しています。

特待Aは入学年度50万円を免除・2学年度50万円免除してくれて、特待Bは入学年度25万円免除・2学年度は25万円免除してくれるのです。

特待Cは入学年度15万円免除・2学年度は15万円免除してくれて、特待Dは入学年度を10万円免除してくれます。

最後に特待Eは入学年度を5万円免除してくれるのです。

学費を免除してくれますが、それぞれ免除額が異なっているので注意しましょう。

親族入学優遇制度

在校生や卒業生の『親族入学優遇制度』も用意されており、この制度では2親等内が10万円免除してくれて、4親等内は5万円免除してくれます。

成績に関係がなく適用されるので、身内に穴吹情報デザイン専門学校を卒業した方がいるのか確かめたほうが良いでしょう。

家賃支援制度

穴吹情報デザイン専門学校から離れた所に住んでいる方で、通学をするのが難しい場合には、この専門学校が定めている地域のアパートやマンションに入居したら10万円を免除してくれる『家賃支援制度』も用意されています。

アパートやマンションで一人暮らしをしたら、お金をかけてしまう事を心配している方にはありがたい制度と言えます。

奨学生制度

穴吹情報デザイン専門学校から奨学生として認められた方で、経済的に困窮している場合には年額で最高60万円の貸与が認められています。

他の奨学生制度とは併用出来ない問題点もありますが、60万円という額は高額なので、学費に困っている方には嬉しい制度でしょう。

まとめ

穴吹情報デザイン専門学校は、楽しみながらイラストを学ぶ事が出来る取り組みを行なっているので、ストレスをためる事もなくスキルアップをする事が可能です。

真剣にスキルアップしたい方の中には、楽しみながらイラストを学べる事に半信半疑の方もいるかもしれません。

しかし、この専門学校では設備やカリキュラムなどが工夫されているので、楽しみながらスキルアップする事が可能なのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ