おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

いつでもどこでも気軽に読書!Amazonのタブレット端末kindleを見てみよう!

      2017/09/08

Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル

スマホより画面が大きく、パソコンより気軽なのがタブレット端末。

タブレット一つで色々な楽しみ方ができますが、読書好きな方におすすめなのがAmazonのタブレット端末kindleです。

読書に特化しているから、使いやすさは抜群。

でも、種類が色々あってどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

それぞれどんな特徴があるのか、見てみたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

kindleってなに?

Kindleってよく聞くけど、実際のところよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

Kindleとは、2007年にAmazon.Comが販売を始めた、電子書籍専用のタブレット端末、並びにコンテンツ配信を始めとする各種サービスのことです。

電子書籍専用の端末以外に、ウェブ閲覧やゲームなどが出来る端末もあります。

お値段もかなりお手頃。

Amazonでプライム会員になれば、豊富なコンテンツをいつでも制限なく楽しむことが出来るので、満足度はかなり高いです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

kindleを購入する前に是非!

Kindleを購入するならやはりAmazonがおすすめです。

中古業者などでも売っていますが、やはり信頼できるところで購入したいですよね。

しかも、Amazonのプライム会員になれば、会員特典でいつでも4000円オフのお値段で購入できるので、お得感は抜群。

一年に数回あるAmazonのセールでは、さらにお安く買えることもあります。

プライム会員の会費は、一年3900円。

一か月で換算すると月額325円です。

会員になれば、Amazonでお買い物をした際の配送が無料になったり、お急ぎ便や日にち指定も無料でできるようになります。

さらに、Amazonで配信されている音楽や動画、ラジオも自由に使えます。

動画はAmazonオリジナルドラマや、人気海外ドラマなど豊富な種類があり、ラインナップも変わっていくので、飽きることはありません。

ダウンロードして持ち運ぶこともできるのでおすすめです。

ただし、動画や音楽を楽しむにはkindleの中でも「fire」という端末を購入する必要があるので、注意してくださいね。

Kindleの電子書籍専用タブレットを購入した場合、動画や音楽のコンテンツを楽しむ事はできません。

しかし、スマホなどお持ちの場合、そちらにアプリを入れさえすれば、スマホでコンテンツの使用が可能になります。

動画は一度に3台までなら同時視聴できますから、家族で楽しむ事もできますよ。

一方、動画とか音楽は興味ない、読書が出来ればいいんだよ、という方におすすめなのはkindleオーナーライブラリーです。

このサービスは、kindleで配信されている本を毎月無料で1冊読む事ができるのです。

2万冊のタイトルから選べるといいますからすごいですよね。

このようにAmazonプライム会員にはお得な特典が満載なのです。

Kindleを購入してみようと考えている方は、まずプライム会員になることをおすすめします。

30日の無料お試し期間もありますので、気軽に入会してみてはいかがでしょうか。

kindleって種類がたくさんあってよくわからないんだけど…

本を読む事だけに特化したタブレット端末「kindle」。

ウェブ閲覧やゲームなどはできません。

本当に読書のためのみの端末なのです。

もしウェブ閲覧などもしたい場合は「kindlefire」という別モデルがありますが、ここでは「kindle」についてのみ見てみたいと思います。

どんなモデルがあるのでしょうか。

kindle

Amazonの電子書籍専用タブレット端末で一番お安いモデルです。

8980円から購入することができます。

プライム会員なら4000円引きですから4980円ですね。

とりあえずどんなものか試してみたいという方にはぴったりのモデルではないでしょうか。

しかしお値段がお安い分、他の端末より機能は落ちてしまいます。

まず、バックライトがありません。

暗いところで本を読んだりしない!

という方なら大丈夫です。

さらに、画像解析度も他の端末より劣ります。

他のモデルは解像度が300ppiありますが、こちらのkindle端末は167ppi。

約半分と言ったところでしょうか。

そのため、少々画像が荒く感じてしまうかもしれません。

とにかく安く使ってみたい人、あるいは子供に持たせてみようかなと考えている人にはおすすめです。

Kindle Paperwhite

こちらは14280円から。

プライム会員なら10000円くらいで購入できますね。

お値段が上がった分、機能もより充実。

電子書籍の快適さを感じたいなら、このくらいのグレードから始めるのがいいかもしれません。

暗闇でも読書可能なバックライト付きで、画像解析度も高く、フォントも綺麗に見えます。

お休み前にベッドで読書を楽しみたい方や、綺麗なフォントで読みたい方におすすめです。

Amazonのセールなどでさらにお安く買えることもあります。

Kindle Voyage

この端末は「Kindle Paperwhite」の上位版といったところです。

お値段は23980円とちょっとお高め。

プライム会員でも20000円弱といったところですね。

こちらの端末に追加された機能は、まず自動ページめくりボタン。

このボタンはわずかな圧力に反応し、ページをめくると指先にかすかな振動を与え、ページをめくったことを知らせてくれるのです。

よりリアルを追求しているというわけです。

さらに、フロントライトは自動調整機能付き。

あらゆる明るさの環境下で、読書に最適な明るさになるようライトを自動調整してくれます。

また、利用するにつれて使用者の好みを学習していくというからすごいですね。

「Kindle Voyage」の画像解析度は「Kindle Paperwhite」と同じ300ppi。

しかし、使用されているのは傷や衝撃により強い強化ガラスです。

ガラスにはマイクロエッチング加工が施され、光の反射を抑え、快適な読書を保証してくれますよ。

薄さも軽さも「Kindle Paperwhite」より上。

タブレット端末で電子書籍を読むメリットを実感したいならおすすめのモデルです。

Kindle Oasis

Kindleの最上級モデルです。

お値段32980円。

もう少し頑張ればipadが購入できそうなお値段ですね。

勿論プライム会員割引は使えますよ。

特徴としては、kindle全モデルの中で最軽量、最薄です。

人間工学に基づいたデザインで、より快適な読書時間を追求しています。

どういうことかといいますと、左右で端末の薄さが違うのです。

片手で持った時に、本の背表紙を掌に当てているような感じになります。

さらにディスプレイは最強のカバーガラスと高剛性プレーティングガラスを施した、非常に軽いフレームが使用されています。

携帯性と耐久性がきちんと両立しているのです。

ですから、気軽に屋外へ持ち運ぶことが出来るのですね。

また、画面タッチだけではなく、グリップにもページめくりボタンがついており、ページめくりも簡単。

ストレスなく読書を楽しめます。

最上級モデルだけあって、かゆいところに手が届くつくりです。

バッテリー内蔵の高品質レザー調カバーは高級感がありますし、3色から選べるので愛着もわきます。

とにかく読書が好き!

本がないと生きていけない!

という方なら、この金額を出しても購入したいと思えるかもしれません。

ただあまりにハイスペックで高価格なので、まず自分の読書スタイルを良く考えることをおすすめします。

同じ端末でも金額が違う…

kindle端末を購入する際にはプライム会員になることがおすすめというのは前述の通りです。

さらに端末を選ぶ際に注意しておくことがあります。

それはキャンペーン情報有りと無しのモデルでは値段が異なるということ。

キャンペーン情報無しのモデルは、有りのものより2000円ほど高くなります。

キャンペーン情報とは、いわゆる広告のこと。

スリープモードをから立ち上げると、広告が全面に現れます。

これを解除するには画面をスワイプすればいいのですが、その手間が面倒だという人はキャンペーン情報無しのモデルがおすすめです。

まとめ

Amazonのタブレット端末「kindle」ならいつでもどこでも、気軽に読書を楽しむことができます。

本ですと大量に持ち運びすることはできませんが、タブレット端末に入れておけば、自分の好きな本をいつでも読む事ができますよね。

本を買って読まずにため込んでしまう、いわゆる「積ん読」してしまう方も、タブレット端末にため込んでおく分には問題ありません。

ライトに使ってみたい方から、本気の読書を追求したい方まで、ラインナップは豊富です。

自分にピッタリのkindleを見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末