おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

おすすめのタブレット端末2選と選び方について紹介します

   

MK6K2J/A iPad mini 4 16GB シルバー Wi-Fiモデル (iOS)

タブレットと端末はスマートフォンと比べて画面も大きく操作もしやすいものです。

そしてパソコンと比べるとコンパクトで持ち運びがしやすいという魅力の歩けるものです。

スマートフォンを持つ人が増えましたが、同じようにタブレット端末を持つ人も増えました。

子供にスマートフォンを見せたくないけど、ゲームや動画を見たがりますよね?

そんな時にも画面の小さなスマートフォンよりタブレット端末の方が画面も大きいので眼にも良いです。

そんなタブレット端末の便利さについて紹介します。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末の魅力

サイズ

スマートフォンよりも画面が大きいので、見やすく操作もしやすいです。

持ち運び

タブレット端末は、ノートパソコンと比べてもはるかに薄く計量です。

その為持ち運びも苦になりません。

またWi-Fiを使用すればあらゆる場所で使うことができます。

旅行は特にタブレット端末があると便利です。

調べ物をすることはもちろん移動中は動画など見ることもできるので退屈しません。

仕事

タブレット端末は、遊び用だけではありません。

ビジネスとしても充分に使えます。

特にコンパクトなので出張なんかにも持って行けます。

操作

スマートフォンよりも画面が大きいので、実は操作がしやすく高齢の方やスマートフォンの操作が苦手な方でもタブレット端末の操作はできるという人が多いんです。

またタッチペンを使えばなお操作しやすくなります。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末を選ぶ3つのポイント

タブレット端末の大きさ

タブレット端末は大きさがいくつかあります。

主に7インチから10インチが主流です。

7インチといってもスマートフォンと比べると画面は大きくなるので使いやすさはありますがノートパソコン代わりのように使うなら10インチがさらに大きく使いやすいです。

またノートパソコンと比べても軽いので持ち運びも苦になりません。

特に仕事で使うなら10インチがおすすめです。

OS

タブレット端末にはいくつかのOSがあります。

これは、どの端末を選ぶかで変わりますがiOSならiPadで使用されているOSでアップル社が開発しています。

AndroidタブレットならGoogleが開発したOSです。

WindowsならMicrosoft社が開発したOSです。

Windowsと聞くとパソコンのイメージがありますよね?

仕事でタブレット端末を使うなら、WordやExcelなどが同じように使えるWindowsがおすすめです。

その他普段使ってるスマートフォンと同じタイプを選ぶと操作がわかりやすいのでおすすめです。

性能

例えばSDカードを使いたい場合SDカード非対応のiPadはおすすめできません。

また、容量などの違いもあります。

これはどれだけタブレット端末を使うのかがポイントになります。

基本はスマートフォン、たまに使う程度なのか仕事にもプライベートにも使うのかで容量も変えるのがおすすめです。

タブレット端末の月額料金

タイプで変わる

タブレット端末を購入するとき実は購入別やタイプによって金額も異なります。

まずはタイプで選ぶ場合です。

タブレット端末にはWi-Fiタイプとセルラータイプがあります。

セルラータイプとは自宅だけでなく外出先でもタブレットが使えるタイプです。

このタイプは月額ネット使用料金が発生します。

次にWi-Fiタイプです。

Wi-FiタイプはWi-Fiのある場合でのみ使用ができます。

基本的には自宅ということになりますが日本でも無料Wi-Fiスポットが増えてはいますがいつでもどこでも使えるというわけではありません。

主に自宅で使うならWi-Fiタイプでも充分です。

この場合、料金としてはタブレット端末のみの金額となります。

もちろん一括で払えば、その後料金が発生することはありません。

ただし本体のみでも分割で購入する人が多くほとんどの人が24回払いで買う人が多いです。

この場合は2年は本体料金のみ払う必要があります。

セルラータイプはこれに加え使用料金がかかります。

おすすめのタブレット端末

アップル iPad mini4

MK6K2J/A iPad mini 4 16GB シルバー Wi-Fiモデル (iOS)

iPadの中で1番低価格で1番軽量です。

操作もしやすいタイプなので、タブレットに詳しい人には少し物足りないかもしれませんが初めて使うという方にはおすすめです。

Microsoft Surface Pro4

Microsoftから販売されているSurfaceはタブレットでもありノートパソコンとしても使える優れものです。

容量も大容量で、画面が12.3型と大画面なのに超高解像度なので画質が粗くありません。

Surfaceペンを使えば手書きで入力もできるのでおすすめです。

今までノートパソコンを使っていてノートパソコンの代わりとして購入するのにおすすめです。

また仕事に使いやすいのもおすすめです。

タブレット端末のお手入れ

ティッシュやアルコールはNG

キーボードでの操作がないタブレットは、キーボードの隙間などにホコリが入らない利点があるものの画面が汚れやすいという弱点があります。

画面の保護シートを貼っていても実は指紋だらけになっている方も多いと思います。

そんなとき身近なものだとティッシュやウェットティッシュを使う方が多いのですがこれはNGです。

ティッシュのように柔らかい素材だと指紋を取ることは難しく逆に伸ばしてしまうんです。

そんな経験ありませんか?

そんなときにウェットティッシュを使う方が多いですがウェットティッシュもアルコールが入っていると画面や保護シートが傷むこともありますし本体の中に水分が入ることで故障の原因にもなります。

液晶クリーナー

市販のものでディスプレイ液晶クリーナーがあります。

これがあれば簡単にきれいにすることができます。

力も入れないので画面に傷も入りません。

長持ちさせるためにはメンテナンスもしっかりしておきましょう。

急ぎならメガネクロス

常にクリーナーを持ち歩いてるなんてことも少ないですよね。

そんなときにはメガネクロスで代用可能です。

タブレット端末を何に使うか?

見る

タブレットでは電子書籍で本や雑誌を読むことができます。

また映画やアニメを見ることもできます。

これらは、スマートフォンでもできると思うかもしれませんが画面が大きいので見やすいという利点があります。

特に子供が見る場合、スマートフォンの小さな画面より大きな画面の方が眼にもいいですよ。

書く

タッチペンを使えば、図形を書いたりスケジュールを書いたり電子メモ帳としても使えます。

もちろんExcelやwordを使用すればビジネスでも使えます。

スマートフォンで仕事に使う書類を使うのは少し難しいですよね?

画面の大きいタブレット端末なら作成しやすいですよ。

聞く

もちろんラジオや音楽を聞くこともできるので好きな曲をインストールすることでいつでも聞くことができます。

便利な使い方

その他GPSを搭載しているので地図として使うことや、メールやインターネットで調べ物もできます。

もちろんSNSもできます。

また年賀状作成なんかもタブレットでできるので注文する手間もありません。

写真を入れる場合も保存データから簡単に選択ができます。

まとめ

タブレット端末は、薄くて軽くて使いやすい、ノートパソコンとスマートフォンを掛け合わせた優れものなんです。

これひとつあるだけで、自宅だけでなくさまざまな場所で使えます。

私も道に迷ったらすぐに地図を見たりお店を探す時に使ったり子供が外出先で退屈したら映画を見せたりと重宝しています。

保護シートやケースを使うことで子供が触っても大丈夫なのでおすすめです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末