おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

お金はどのくらい必要?デザイン専門学校の平均的な学費

   

デザイン専門学校に進むためには、当然ながらお金がかかります。

そして専門学校の学費と言うのは、基本的にはまずまず高いことが多いです。

だから、しっかりとその学費を用意しないとならないでしょう。

では、デザインの専門学校では、どのくらいの学費がかかるのでしょうか?

ここではそんな、デザインの専門学校の平均的な学費について紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校の学費はだいたい年間130万前後

デザイン専門学校の学費は、だいたい年間で130万円前後になると言えるでしょう。

もちろんそれは、学校によって差があります。

年間で150万円程度かかるところもあれば、130万円どころか100万円前後で通えるところもあるでしょう。

でもだいたい平均すると年間で130万円前後になります。

なのでデザインの専門学校に行きたいのであれば、だいたい年間で130万円前後のお金がかかるということを覚悟しておくと良いでしょう。

安いところを選ぶのもあり

ただ年間130万円前後かかるというのは、やはり高額になるでしょう。

大学よりもお金がかかると言えますから。

そうなってくると、金銭的に辛くなることもあるでしょう。

無理してそういう平均的な学費のところに通うよりは、年間の学費が100万円を切るようなところに通う方が良いでしょう。

学費が高いところに無理して通わないといけなくなると、当然専門学校に行きながらたくさんバイトもしないとならなくなるでしょう。

でも、そうしてたくさんバイトをしていると、やはり本職とも言えるデザインの勉強をする時間が無くなってしまいます。

そうしてデザインの勉強をする時間がなくなってしまうのであれば、もはやなんのために高い学費を払おうとしているのかも分からなくなってしまいます。

それはまさに本末転倒なのです。

そうなるくらいであれば、学費が安いところを選んで通う方がよほど良いでしょう。

別に学費が安いからといって、授業や設備が弱いということもありません。

立地などによって学費が安いことは多々ありますから。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

1年時には多めに費用が掛かる

だいたい平均で130万円前後かかると言えるデザイン専門学校の学費ですが、1年時には、多めにその費用も掛かってくることが多いです。

入学金がある分高くなるので、だいたい20万円前後高くなることが多いと思っていた方が良いでしょう。

なので、結果的に2年で300万円弱かかってしまうことが多いのです。

さらに、1年時にかかる費用はそれだけではないはずです。

パソコンなどのアイテムも必要になる

それが、デザインをするためのアイテム確保にかかるお金です。

そもそもデザイン専門学校に進む時点で、パソコンでデザインをしていたという方がほとんどでしょうが、場合によってはアナログでデザインしていた方もいるかもしれません。

でも、やはりデザイン専門学校では、ほとんどがパソコンでの授業になるでしょう。

ということは、当然ながらデザイン専門学校に進んだらパソコンは必要になります。

既に自宅にパソコンがあったという方でも、もっとスペックの高いパソコンが必要になることもあるでしょう。

そうしてパソコンを買うとなると、すごく費用が掛かります。

また当然必要なのはパソコンだけではないでしょう。

教科書なども買わないとなりませんし、独学で勉強をするための参考書なども必要になるでしょう。

なので、1年時にはすごくお金がかかってしまうのです。

なんとかぎりぎり130万円用意できたくらいでは、足りなくなってヒィヒィしてしまう可能性が高いでしょう。

そうならないようにするためには、1年時には費用がグッと高くかかると理解して、なるべく多めに資金をねん出することです。

夜間の専門学校であれば費用はおさえられる

平均するとだいたい年間で130万円前後かかると言うデザインの専門学校の費用ですが、それだけ掛かるとなると、用意することが出来ないという方も出てくるでしょう。

安いところであれば100万円を切るくらいで通うこともできますが、それでもやはり100万円近くのお金がかかるわけですから、用意出来ない方はいるでしょう。

では、そんな風に資金が捻出できない場合は、どうしたらよいのでしょうか?

その場合にはもはや諦めるしかないのでしょうか?

いや、そんなことはありません。

お金はすごく重要な物ではありますが、お金のことで夢をあきらめないとならないというのは、すごく残念なものです。

お金がないのであれば、お金がないなりの道が用意されているのが、専門学校と言うものです。

多くのデザイン専門学校では、昼のコースだけではなく、夜のコースも用意されています。

そして夜のコースであれば、その学費はだいぶ抑えることが出来るでしょう。

平均すると60万円くらい

夜のコースのデザイン専門学校の学費は、平均するとだいたい年間で60万円前後である事が多いです。

60万円前後くらいであれば、なんとか用意できる事もあるのではないでしょうか?

昼間のコースの半額くらいになるわけなのですから。

夜ならば働きながら通える

また、夜のコースのデザイン専門学校であれば、昼間とは違い、働きながら通うことが出来るというメリットもあります。

定時であがれる仕事でないと学校に間に合わなくなることもありますから、正社員として働くことは難しいかもしれません。

しかし、アルバイトや派遣であっても、しっかりと7時間くらいは働きながら専門学校に通うことが出来るのです。

毎日それだけ働きながら専門学校に通えば、しっかりと学費も無理なく用意することが出来るでしょう。

なので、やはりあまり金銭的に余裕がない方には、夜間のコースのデザイン専門学校がすごくおすすめになります。

何のデザインかによっても学費は変わる

このように、デザインの専門学校にかかる学費は、昼間の場合はだいたい年間130万円前後、そして夜の場合はだいたい年間60万円前後というのが、ここでの結論になります。

でも、デザイン専門学校の学費は、実はそこで何のデザインを学ぶのかと言うことによって、全然変わってくることがあります。

たとえば、グラフィックデザインなのか、それともWEBデザインなのかということで大きく違ってくるのです。

基本的には、WEBデザインを学ぶ際の学費の方が、グラフィックデザインを学ぶ学費よりも安くなりがちです。

学校によってはそれが変わらないところもあるかもしれませんが、基本的にはWEBデザインは安く学べると言えるでしょう。

もちろん学費によって、自分が学びたいデザインではないデザインを学ぶところに入学を決めるというはナンセンスです。

学費が安いとはいってもそれは10万20万の世界ですから、それで進路を変えるのはばかばかしいです。

でも、なんでもいいからデザインが学びたいと言うのであれば、その際にはWEBデザインのコースに進むのはアリでしょう。

たとえ10万20万でも、安く通うことが出来ればそれだけスケジュールや気持ちにも余裕が出来てくるでしょうから。

まとめ

デザイン専門学校にかかる平均的な学費については、以上の通りになります。

決して安いとは言えないデザイン専門学校の学費ですが、安く通おうと思えば、夜間のコースと言う逃げ道が用意されていることも多いですし、いくらでも方法はあります。

なのでもし金銭的に厳しくても、それだけ諦めずに、なんとか方法を模索してみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ