おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ここに気をつけよう!液晶テレビが壊れる4大原因は知ってる?

   

液晶テレビが壊れる際には、当然その故障を引き起こしてしまうきっかけ、原因となっているものがあるものです。

その原因をきちんと知っておけば、それをなるべく遠ざけることで、液晶テレビを長持ちさせることが出来るようになるでしょう。

そこでここでは、液晶テレビが壊れてしまう4つの原因についてみていきたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

一番多い原因はほこり

液晶テレビの故障を引き起こしてしまう原因として多いのは、やはりほこりになるでしょう。

基本的には液晶テレビは、ある一定の場所にずっと置いてあり、そしてそこから動かさないことが多いでしょう。

どれだけ綺麗な家にも基本的にはほこりはあるものですし、そしてそれは日々飛び散り、舞い落ちてくるものになります。

ということは、ある一定の場所から全然動かさないとなると、知らない間のその液晶テレビはほこりがすごくたまってしまうことになるのです。

ましてや液晶テレビには、熱がこもらないようにするために、通気口のような穴が開いていることが多いです。

そういうところにドンドンほこりがたまっていってしまい、いつしかそれは基盤の方にも影響を与えていってしまうでしょう。

そうなったらやはり液晶テレビは壊れてしまうでしょう。

なので、液晶テレビが壊れてしまう原因の一つとして、ほこりが挙げられるのです。

ほこりは定期的に掃除するようにしないとならない

そんな風に、ほこりは液晶テレビの故障の原因となってしまうわけなのですから、もし今使用している液晶テレビを少しでも長く使いたいと思うのであれば、定期的にほこりを掃除するようにするのがおすすめになります。

たとえば掃除機で吸いだしてあげるのもアリですし、タオルや綿棒などを使用するのもアリでしょう。

いずれにしてもそうして定期的にほこりをとるようにしていけば、テレビにほこりがつまり故障してしまうことも防ぐことが出来るようになるでしょう。

部屋自体も綺麗にしておくべき

また、部屋自体も綺麗にしておくべきだと言えるでしょう。

部屋が汚い状態であれば、当然その分だけほこりも部屋に舞い散りやすくなります。

ということは、それが液晶テレビに詰まってしまう可能性も高くなるという事になるでしょう。

ほこりを完全に防ぐことは難しいですが、なるべく部屋を綺麗にしておけば、多少なりとも舞い散るリスクは少なくなるでしょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

直射日光も故障の原因に

液晶テレビの故障の原因としては、直射日光も挙げられます。

液晶テレビは、直射日光に弱いところがあります。

というよりも正確には、熱に弱いのです。

それは何も、液晶テレビだけの話ではありません。

基本的には精密機器というのは、熱に弱いです。

もちろん熱に弱いとはいっても、多少のアツさくらいであれば、そうそう壊れることはありません。

しかし夏場の直射日光の場合はどうでしょうか?

夏場の直射日光は、すごく熱を与えます。

なので、それが耐えられるような温度ではないところまで、そのものの温度を上げてしまうこともあるでしょう。

そうなれば当然、それは壊れてしまいます。

だから、直射日光、特に夏場の直射日光も、液晶テレビを壊してしまう原因となると言えるのです。

窓際に置かないようにすればよい

では、夏場の直射日光の対策はどのようにすればよいでしょう。

それにはいくつかの方法がありますが、一番手っ取り早いのは、窓際に置かないようにするという事でしょう。

窓際に液晶テレビを接地してしまうからこそ、液晶テレビに直射日光が当たるようになるのです。

窓際から離れたところにおけば、そうそう直射日光はあたらなくなるでしょう。

なのでそうするのが一番手っ取り早い、直射日光により液晶テレビが故障するというのを避ける方法だと言えるでしょう。

遮光カーテンを厚めにするのもアリ

ただ中には、配線の関係で窓際にしかそれを置くことが出来ないという方もいるでしょう。

もし窓際にしかソレをおくことが出来ない場合、どのようにして対処していけば良いでしょうか?

窓際にしか液晶テレビを置くことが出来ないのであれば、遮光カーテンを厚めのものにするのがおすすめになります。

遮光カーテンでしっかりと陽光を遮れば、少しはましになります。

その分部屋は暗くなりますが、暗い方がテレビは見やすいでしょうし、それはもはや一石二鳥だと言えるでしょう。

衝撃で壊れることも少なくない

液晶テレビが壊れる原因としては、衝撃もあります。

液晶テレビは、精密機器の中でも比較的に衝撃に弱い方だと言えます。

たとえばちょっとガンと置いただけで液晶が割れてしまうこともあるでしょう。

なので、もし倒れたりしたら、ほぼほぼ確実に壊れてしまうと言えるでしょう。

当然壊れやすいのは液晶パネルだけではありません。

内部基盤なども、衝撃により壊れやすいと言えるのです。

だから、もしそれを移動させたりすることがあるのであれば、その際にはすごく慎重に移動させないとならないと言えるでしょう。

移動させないのが一番良い

もし液晶テレビを壊さないようにして長く使っていきたいと思うのであれば、そもそも移動させないようにすると言うのが一番良いでしょう。

移動させないようにしていけば、それが壊れることもないと言えます。

なぜならそれに衝撃がかかる可能性が0になるわけなのですから、衝撃で壊れるという事はなくなります。

もちろんほこりで壊れたりする可能性はありますが、それはそれに対してまた対処していいだけです。

なので、特別どうしても移動させないとならないということでもない限り、それはなるべく移動させないようにしていきましょう。

使い過ぎて壊れてしまうこともある

液晶テレビが壊れてしまう原因として、それを使い過ぎることも挙げられます。

基本的には液晶テレビなどの精密機器は、使用していればいるだけ、劣化が進んで行きます。

なので、たとえば365日毎日24時間テレビをつけていれば、すぐにそのテレビは壊れてしまうと言えるでしょう。

ハードに負荷を与えていることになりますから。

無駄遣いしないのがポイントに

では、そういうハードに使用することでの劣化によって壊れてしまうという事には、どのようにして対処していけば良いでしょうか?

ハードに使用することでの劣化によって壊れてしまうというのは、液晶テレビを無駄遣いしないことで対処していくのが良いでしょう。

液晶テレビは、たとえば誰も見ていないのについているという事も珍しくはないのではないでしょうか?

でも誰も見ていないのにソレをつけていても、それはただただ液晶テレビの劣化を進めてしまうだけになります。

そういう無駄な時間は、知らず知らずのうちに1時間2時間たっていたりもします。

なので、意外とそういう時間をトータルしていくと、すごく長い時間になることがあるでしょう。

それだけの無駄が削減出来れば、ずっと長く液晶テレビを使えるようになるはずです。

だから、誰も見ていないのに無駄に液晶テレビをつける習慣があれば、それはやめるようにするのがおすすめです。

まとめ

液晶テレビが壊れる4つの大きな原因としては、以上の4つが挙げられます。

これらの原因は、どれもしっかりと対処していける原因になりますから、しっかりと対処していきましょう。

そして、できれば少しでも長くその液晶テレビを使用出来るようにしていきましょう。

1年2年ごとくらいで液晶テレビを買い替えていたら、その出費はかなりのモノになりますから。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ