おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ここをチェック!イラストの専門学校のオープンキャンパスで見るべき4つのポイント

      2017/09/08

5c35ea218a07bd283af1b4e15895faa8_s

イラストの専門学校への進学を考えている場合、失敗しないためにはオープンキャンパスへ行ってみる必要があります。

でも、そのオープキャンパスでなにを見ればいいかが分からないという方もたくさんいるのではないでしょうか?

ただ行くだけではもちろん意味がありません。

そこでここでは、イラストの専門学校のオープンキャンパスで見るべきポイントを紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

生徒の雰囲気をチェック!

まずチェックするべきは、その専門学校にいる生徒の雰囲気です。

イラストの専門学校といっても、色々な人がいます。

イラストを本当に学びたくて、本気でプロになろうとしている人もいれば、或いはなんとなくイラストが好きで、特に大学などでやりたい事もないからイラストの専門学校にきているというひともいます。

そんな色々な人がいる中で、自分が成長できるのはどういう環境でしょうか?

それはまず間違いなく、やる気がある、本気でプロになろうとしている人が多い環境になるでしょう。

授業風景が見られればベスト

それを把握するためには、やはり授業風景を見るのがベストでしょう。

ということはつまり授業がある日にオープンキャンパスをしてくれているところを見に行くのが良いです。

もし本気でプロになろうとしている人が多いのであれば、授業だって真剣にきき、必死で取り組んでいるはずです。

その分和気あいあいとした雰囲気はないかもしれませんが、それこそが自分を成長させてくれる環境だと知っておきましょう。

制作物からも判断できる

もし自分が気になっているところがそういう日程でオープンキャンパスをしてくれていない場合、制作物などでその痕跡を確認すると良いでしょう。

当たり前ではありますが、本気でプロになろうとしている人が多い場合、その分制作物の完成度も高くなるはずです。

特にイラストの場合、やればやるだけ上手くなるという特徴がありますから、きちんと本気で向き合えば、みな成長するのです。

なので全体的に制作物のレベルが高いと感じるイラストの専門学校にいけば、ある程度切磋琢磨できる環境である可能性は高いです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

立地もチェックしないとならない

イラストの専門学校のオープンキャンパスで見るべきは、専門学校の内部だけではありません。

イラストの専門学校へ行くのであれば、その周りに何があるか、或いはそこは駅からどのくらい離れているかなどもしっかりとチェックしておきましょう。

たとえば周りに何にもないようであれば、やはりちょっとした買い物などに不便するでしょう。

さらに駅からすごく遠かったりしたら、モチベーションに関わります。

もちろん日常的に、駅から遠いから学校にいかないという事はないでしょうが、たとえば雪などが降ったら、駅から遠いと行く気がなくなるでしょう。

さらにいえば、駅から遠いとその分の徒歩の時間が無駄になります。

その時間のロスは体力をも奪いますし、当然練習時間も奪うでしょう。

もしバスに乗らないとならない場合、バス代もかかってしまいます。

それは、実際に歩いて学校にいってみないとわからないことだと言えるでしょう。

だから、立地のチェックはすごく大切なのです。

就職状況をチェック

イラストの専門学校のオープンキャンパスに言ったら、就職状況をチェックするようにしていきましょう。

就職状況をチェックする方法は二つあります。

まず一つは当然、質疑応答の時間などに質問をすることです。

イラストの専門学校の就職状況は、どこもかしこもあまり良くはないでしょう。

だから、オープンキャンパスにいってもあまり熱心にそこに関して述べてくれるということはないかもしれません。

でも、もしそのオープンキャンパスの場で聞かれてしまったら、答えないわけにはいきません。

なので、質問をすればしっかりと就職状況を確認することが出来るでしょう。

就職系の張り紙などをチェックする

あとは、求人などが張り出されているところをチェックするという方法で確認することが出来るでしょう。

そこにあまりイラストの求人がないこともあります。

それはつまり、そのイラストの専門学校では、イラスト関係への就職実績があまり良くないということを意味しています。

イラストの専門学校を出ても、まったく関係のない仕事に就く人は多いです。

だから、そういうイラストの専門学校も多いという事をしっておかないとなりません。

就職率が良くても安心できない

オープンキャンパスでは、就職率だけを伝えてくるところもたくさんあるでしょう。

でも、当然ながら就職率だけが良くてもあまり意味はありません。

なぜなら、就職率には、イラスト関係の就職以外も含まれているからです。

だから先述のような、まったく関係仕事への就職も、イラストの専門学校の手柄として、就職率に繋がってしまうのです。

たとえ就職率が90パーセントと述べていても、そのうちで本当にイラスト関係の就職を決めた方はどれくらいいるのだろうという話になるのです。

それをしっかりと確認して、出来ればイラスト関係への就職率が少しでも高いところへ行くようにしていくのがおすすめです。

どうせイラストの専門学校へ行くのであれば、イラストを仕事にしないのは勿体ないです。

もちろん後で自分の意志でイラストを仕事にしないと決めるのは自由ですが、イラストを仕事にしたいのにできないのでは、なんのためにイラストの専門学校にいくのか全く分かりません。

先生の雰囲気もチェックする

イラストの専門学校のオープンキャンパスでは、先生の雰囲気もチェックする必要があります。

イラストの専門学校は、先生の当たりはずれによるところも大きいといえます。

先生が良い感じならば、やはり成長も出来るでしょうが、先生があまり合わないとどうしてもモチベーションも上がりづらく、やる気も出ないでしょう。

そしてえてして、先生という生き物は、一癖ある人が多かったりします。

ましてやイラストという特殊なものを教えている先生ともなると、ますますでしょう。

だから、しっかりと色々な先生に目を向けて、人となりをチェックしていきましょう。

実際に話ができると吉

はたから見ているだけではわからないものですから、できれば先生たちとなんらかの会話をしてみると良いでしょう。

せっかくオープンキャンパスという、同じ空間を共有できる場所にいるのですから、話しかけない手はありません。

何を話しかけたらよいのかわからないという方は、ただ挨拶をするだけでも十分です。

イラストの専門学校の先生の中には、挨拶をしてもきちんと顔を見て挨拶を返してくれない人もいます。

そんな先生が教えてくれるような環境で成長できるでしょうか?

そんな先生は間違いなく教え方も大雑把だと推測できます。

ということは当然、そこで学んでいてもあまり成長は出来ないでしょう。

教え方は日常の一挙手一投足に現れたりしますから、挨拶でもいいのでしっかりと話しかけて、人となりをチェックしていってください。

そして、出来ればいい雰囲気の先生が多いイラストの専門学校を選んでいきましょう。

まとめ

イラストの専門学校のオープンキャンパスで見ないとならないのは要するに、パンフレットやホームページではわからないようなことだと言えます。

上記であげてきた4つのポイントは、どれも直接行ってみないとわからないことでしょう。

せっかくの貴重な時間を使っていくのですから、そこでしか得られない情報を得てかえってきてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ