おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

こんなときは対策が必要?液晶テレビを見るときにストレスを感じる4つのポイント

   

液晶テレビは、現代の生活では必需品となる家電製品であり、多くの人が毎日使用しているものです。

ただし、その使い方には、常に注意しておく必要があります。

使い方によっては、快適に見ることができず、余計なストレスを感じてしまうことがあるのです。

ここでは、液晶テレビでストレスを感じてしまうポイントと、それぞれの対策について、詳しく説明していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

画面が眩しい

液晶テレビの画面に眩しさを感じるときは、見づらくなってしまうため、かなりストレスがたまります。

まともに画面を見ていると疲れるので、映像を楽しめなくなってしまうのです。

それでも無理に見ようとすると、目に大きな負担をかけてしまうため、ひどいときには、痛みを感じることもあります。

また、視力にも悪い影響を及ぼしてしまうのです。

こうした眩しさを感じてしまう原因には、光の反射があります。

画面に日光や照明などが反射し、その光が目に入ることで、眩しくなるのです。

また、明るさの設定の問題もあります。

液晶テレビを購入したあと、設定をまったく変えていない場合、画面が明るすぎるために、眩しさを強く感じることがあるのです。

目の疲れを軽減し、ストレスなく見るためには、これらの原因に注意して、しっかり対策をしていきましょう。

反射を抑える

液晶テレビに光が反射してしまうときは、設置する場所を変えてみてください。

画面に光が当たりやすい位置だと、反射する光の量も多くなり、目に負担をかけてしまいます。

そこで注意したいのが、窓の真正面に置くことです。

真正面の位置だと、窓から入った日光が、もろに画面を照らしてしまうため、どうしても光の反射が強くなってしまいます。

なるべく反射を抑えるためには、正面ではなく、横から光が当たる位置を探すべきです。

横から入る光なら、画面を照らす光の量も軽減できるので、あまり眩しく感じません。

また、反射防止のためのフィルムを貼るのも、おすすめの方法です。

それを画面に貼っておけば、光が当たっても、反射する心配はありません。

特に、画面に光沢のあるグレア液晶を使っている場合は、光の反射が起きやすくなるので、ぜひ試してみてください。

明るさを調整する

画面が明るすぎることでストレスを感じるなら、眩しくない程度に調整して使うようにしましょう。

買ったときのままだと眩しく感じるのは、店の中に合わせた設定になっているからです。

照明が強い店内に並べるときは、周囲の明るさに合わせて、画面も明るくしています。

使う場所に合った明るさにすることで、よりきれいに、見やすくすることができるのです。

そのため、設定を変えずに普通の家庭で使用すると、周囲の明るさに合わず、眩しく見づらい画面になります。

液晶テレビを使うなら、まず設定をチェックし、部屋の明るさに合わせて下げておきましょう。

それなら眩しさを感じないので、ストレスもなくなります。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

映り込みが多い

液晶テレビを見ていると、部屋の中の様子や自分の顔などが、画面の中に映り込んでしまうことがあります。

これは、映画やドラマを見るときには、かなりストレスになるポイントです。

せっかく物語の中に入り込んでいても、部屋の中や自分の顔が映ることで、現実に引き戻されてしまいます。

のめり込んで見ていると、あまり気にならないこともありますが、一番感動的なシーンで映り込みが目に入ってしまう可能性も、ゼロではありません。

特に、夜のシーンなど、暗めの映像になっているときは要注意です。

夜になって暗くなると、窓ガラスが鏡のようになり、自分の顔を映してしまうのと同じで、暗い画面だと映り込みが多くなります。

作品に集中するためにも、映り込みの対策はしっかり行いましょう。

映り込み対策なら反射の軽減を

液晶テレビの映り込みは、反射と密接な関係があります。

光が反射して眩しい画面は、映り込みも多くなってしまうのです。

グレア液晶で窓の正面になっていると、眩しいだけでなく、外の景色が映り込んでしまいます。

日光だけでなく、部屋の照明が反射するときも、映り込みが起こり、快適に見ることができません。

そのため、映り込みの対策をするなら、反射を軽減するのがおすすめです。

光が反射しなければ、映り込みも起こりません。

それには、光が多く当たらない位置にテレビを動かしたりして、反射防止フィルムを使ってください。

また、部屋の中の光を少し抑えるために、間接照明を使うのもよい方法です。

間接照明は、光を発する部分の露出が少ないため、画面への映り込みを少なくすることができます。

映像が粗い

液晶テレビを見たとき、映像がざらざらして粗く見えるようだと、ストレスを感じてしまうものです。

例えば、映像の美しさにこだわって制作された映画を見るとき、それがしっかり再現できないようでは、作品の最もおいしい部分を味わえないことになってしまいます。

また、せっかく感動的なストーリーが展開されていても、映像の粗さが気になってしまうと、なかなか集中することができません。

そうした映像の粗さには、液晶テレビを見るときの距離が大きく関係しています。

液晶テレビに映るデジタル映像は、たくさんの小さな点で構成されているため、あまり距離が近いと、どうしてもざらつきを感じてしまうのです。

また、近くで見ることは、目にも大きな負担をかけてしまうので、快適に見るためには、しっかりと距離をとっておくようにしましょう。

適切な使用距離で見る

映像の粗さによるストレスを回避するためには、その液晶テレビに合った視聴距離が重要になります。

適切な距離を守って見ていれば、映像が粗くなる心配はありません。

そのためには、画面の高さに注目してください。

画面の高さを3倍にした距離が、液晶テレビの最適な視聴距離であり、映像の粗が目立ちにくい距離になります。

その距離を確保していれば、映画などの美しい映像をしっかり再現することができるのです。

目の負担を減らすためにも、視聴距離は常に意識しておきましょう。

目が疲れる

液晶テレビの画面を長く見つめていると、目が疲れてしまい、見づらさを感じることがあります。

ドラマやアニメなど、連続もので続きが気になるような作品は、何話も続けて見たくなりますが、疲労が蓄積された状態だと、目がショボショボしたり、痛みを感じたりするものです。

そうなれば、快適に見ることができなくなり、なかなか作品に集中できません。

素晴らしいシーンがあっても、目の疲労のために、肝心な部分がぼやけてしまうこともあります。

そのようなストレスを発生させないためには、適度に休憩を入れることが大切です。

疲れてきたときは、無理に見続けたりせず、いったん目を休めるようにしてください。

目を休める方法

休憩するときは、目を温めることが、効果的な疲労回復になります。

蒸しタオルで目を覆い、温めて血行をよくすると、目のショボショボを解消することができるのです。

また、遠くの景色を見るのもおすすめです。

長く同じところにピントを合わせると、筋肉が固まって目の疲れを感じやすくなります。

そのため、遠くの景色を見て筋肉をほぐすことが、目を休めるための有効な方法になるのです。

休憩中にこのような工夫をして、しっかり目の疲れをとれば、また気持ちよく画面を見ることができます。

おもしろい作品は、つい続けて見たくなりますが、余計なストレスを感じながらでは楽しめないこともあるので、忘れずに休憩を入れていきましょう。

まとめ

液晶テレビは、普段何気なく見ていることも多いものですが、もしストレスを感じることがあるなら、それを無視すべきではありません。

ストレスを感じるときは、目に負担がかかっていることも多いのです。

そのため、ここで紹介したことを参考にして、しっかり対策を行ってください。

疲れを解消すれば、テレビをもっと楽しむことができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ