おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

こんな悩みはどうしたら良い? 漫画専門学校について悩んだ時の解決方法

   

漫画家を目指す方法はひとつだけではなく、いくつもの方法があるので自分に合ったやり方を選ぶことが大切です。

漫画専門学校で学ぶことは漫画家を目指す方に最適な方法のひとつですが、専門学校に入学するにあたり様々な悩みが生じる方がいるようです。

ここでは、漫画専門学校について悩んだ時の解決方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

漫画家になりたいけど絵が下手なことが不安

漫画が大好きで漫画家になりたい夢を持っている方の中には、漫画専門学校に通いたくても絵がうまく描けないことに不安な気持ちになる方がいます。

漫画専門学校にはもともと絵が上手い方もいれば、初めて漫画について学ぶ方もいますが、絵のスキルに関する悩みがある場合どうしたら良いのでしょうか。

初心者でも一から絵の描き方が学べる専門学校を選ぶ

漫画家を目指すには、絵の描き方の基本を徹底的に身につけることが大切です。

漫画専門学校では絵の描き方を基礎から徹底して学べる授業があるので、現在は絵がうまく描けなかったとしても練習を積み重ねていくうちに絵の上達を目指すことができます。

その上で漫画の描き方のスキルを磨いていくので安心して漫画家を目指すことができるでしょう。

個人のレベルに沿って指導してもらえる専門学校を選ぶ

漫画専門学校はクラスごとに授業を受けていきますが、中にはクラスでの授業以外に個人のレベルに沿ってアドバイスがもらえるなどの指導が受けられるところがあります。

どのように練習を積み重ねれば上達できるのかプロの視点からアドバイスをもらうことで、効率良く絵の上達を目指すことができるでしょう。

放課後も教室が自由に使える専門学校を選ぶ

絵の表現力は漫画家に必要なスキルのひとつで絵の上手さはもともとのセンスが関係していることもありますが、練習量が大きく左右することがあります。

人の倍以上練習を積み重ねていくことでスキルアップするので、毎日時間を取って絵を描く練習をすることが大切です。

放課後も教室が自由に使える開放教室を設置している漫画専門学校なら、絵の練習に集中することができるでしょう。

スポンサーリンク

漫画家とイラストレーターどちらになるか迷っている

絵を描くことが好きな方の中には、漫画家とイラストレーターのどちらの職種を選ぶか迷っている方がいます。

どちらも絵の描き方のスキルを磨く必要がある職種ですが、漫画家はコマ割りやストーリーも同時に作るなど独自のスキルが必要となります。

二つの職種で迷った時、どのような対策をとれば良いのでしょうか。

漫画とイラストそれぞれの専門学校説明会に参加する

漫画のスキルだけを徹底して学んでいく専門学校もあれば、イラストのスキルを徹底して学んでいく専門学校もあります。

それぞれの専門学校は定期的に学校説明会を実施しているので、まずは授業内容について丁寧な説明を受けることでどちらの方がより興味を持てるか確認することができます。

分からないことについて質問を受け付けているので、学校説明会には質問事項をまとめたメモを持って行くことをおすすめします。

漫画とイラストのコースそれぞれの体験授業を受ける

漫画家とイラストレーターどちらを目指すか迷ってしまう場合には、それぞれのコースの体験授業を受けてみることをおすすめします。

実際にそれぞれの授業を受けてみることで、自分が思い描いていたイメージと一致するのはどちらの職種なのか分かる場合があります。

漫画とイラストのスキルを同時に学べる専門学校を選ぶ

漫画専門学校の中には、漫画コースとイラストコースがはっきりと分かれていて、それぞれ専門的な事柄だけを学んでいくところもあります。

しかし、中には漫画とイラストのスキルを同時に学べる、漫画イラストコースがある専門学校もあるので、それぞれの職種に必要なスキルを同時に学びながら迷うことなく夢に向かうことができます。

仕事をしながら漫画家を目指すことに不安がある

現在は違う仕事をしていても、漫画家になりたいという夢をどうしても実現したい方の中には、漫画専門学校に通いたいと思っている方がいます。

しかし、現在の仕事を辞めて漫画専門学校に通うことに不安を感じる方もいるようですが、このような場合どのような対策をとれば良いのでしょうか。

夜間や休日クラスがある漫画専門学校を選ぶ

仕事をしながら漫画家デビューを目指す場合、もともと漫画を描くスキルがあれば新人発掘コンテストなどに応募し続けるなどの方法があります。

しかし、まったく絵が描けない状態から漫画家を目指すには、絵の描き方の基礎や漫画を描くための独自のスキルを磨いていく必要があります。

夜間や休日クラスがある漫画専門学校もあるので、仕事をしながらクラスに通うことで必要なスキルを磨き漫画家デビューを目指すことができるでしょう。

漫画専門学校が手掛ける通信講座を受講する

漫画専門学校の中には漫画通信講座を手掛けているところがあります。

様々な理由から専門学校に通えない方でも通信講座を通して漫画のスキルが学べるので、仕事をしながら漫画家を目指したい方におすすめです。

漫画専門学校で学ぶ内容と同レベルのプロを育成する内容のものもあるので、仕事をしながら自宅でマイペースにレッスンをすることができます。

漫画家デビューできない時の進路について不安

漫画家になる夢を目指して漫画専門学校で学びたいと思っていても、万が一漫画家デビューできない時の将来の進路について不安に思う方がいます。

また、漫画家デビューできないとなると、在学中に学んだことが無駄になってしまうことに対して不安になる方もいるようです。

漫画専門学校でスキルを磨いて、将来に備えながら安心して漫画家を目指すにはどうしたら良いのでしょうか。

漫画とイラストレーター同時に目指せる専門学校を選ぶ

漫画家は作者ならではの世界観を表現していく職種なので、絵を描くスキルだけではなくストーリーなどトータルで個性が必要となります。

イラストレーターも個性と高いスキルが必要なことに変わりはありませんが、クライアントの意向に沿ってイラストを描くなど幅広い仕事内容となっているので、漫画とイラストのスキルが同時に身につく漫画専門学校に通うことで将来に備えることができます。

漫画家になれなかった場合でも、イラストのスキルが身についていればゲームデザイナーやイラストレーターとして働くことが可能なので安心して専門学校で学ぶことができます。

在学中に就業サポートを実施している専門学校を選ぶ

漫画専門学校の中には、在学中に漫画家デビューを目指せるだけではなく、途中で進路変更を希望している生徒に対して就業サポートを実施しているところがあります。

絵のスキルは漫画家だけではなく、イラストレーター・キャラクターデザイナー・ゲームデザイナーなど幅広い職種に生かせるので、進路変更の際にアドバイスをもらいながら将来に備えることができます。

在学中に学んでいることが無駄にならないので、安心して漫画専門学校に通うことができるでしょう。

まとめ

漫画専門学校に通いたいという希望を持っていても、様々な悩みがあることで始めの一歩を踏み出せない方がいます。

しかし、悩みに合わせて対策をとっておけば、安心して必要なスキルを磨きながら漫画家デビューを目指すことができます。

漫画専門学校はそれぞれ違った特徴や魅力を持っているので、悩み解消に役立つ自分に最適な学校を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 漫画の専門学校