おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

とにかく大画面の液晶テレビが欲しい!おすすめと注意ポイントは?

   

ソニー SONY 65V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-65X9000E 4K対応   (2017年モデル)

現在は液晶テレビが主流となっており、他の選択肢は「有機EL」か「プラズマ」くらいですが、「有機EL」はまだまだこれから、「プラズマ」はもはや壊滅状態です。

テレビを選ぶならほぼ液晶一択ですが、大画面液晶には不安を覚える人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは大画面でもしっかり画像の美しさを堪能できる、おすすめの液晶テレビをご紹介します。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

テレビの変遷は…

大昔のテレビはどの家も「ブラウン管」でした。

そこから進化し、「プラズマ」「液晶」の2つに分かれます。

プラズマテレビは「プラズマディスプレイ」を用いたテレビで、一時は「液晶テレビ」と並ぶ人気でした。

しかし、年々高性能化が進んでいく液晶テレビについていくことができず、今ではほとんど生産されていません。

現在の主流は液晶テレビです。

しかし、「有機ELディスプレイ」を使用した「有機ELテレビ」が登場してきたので、今後の状況は不確定です。

有機ELテレビは価格がネックとなっていましたが、2016年には韓国のメーカーが量産化に成功。

今後多くのメーカーがこの流れに続くと見られ、将来的には有機ELテレビがメインとなるかもしれません。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビってどんなもの?

現在、家電量販店などで見ることができるのはほとんど「液晶テレビ」です。

液晶テレビとは、「液晶ディスプレイ」を使用したテレビのことです。

ブラウン管テレビよりもはるかに薄く、場所をとりません。

バックライトにはLEDが使用されており、色の幅が豊かなのが特徴です。

ただし、応答の速度が遅いため、テレビを見ていると「残像感」が気になることがあります。

また、静止画に比べると動画の解析度は低くなり、画面のアラが目立ちます。

色幅は豊かですが、コントラストは弱く、特に「黒」が見づらいと感じることがあります。

他にも割れやすい、視野角が狭いなどの短所があるといわれますが、各メーカーの努力・工夫によってこうした欠点はかなり改善されています。

液晶テレビは大型化しにくい?

一時、液晶テレビの欠点として「大型化しにくい」というものがありました。

しかし、技術の発展と共に、この問題も解消されつつあります。

現在販売されている液晶テレビで一番大きなものは84インチ。

個人宅に所有するには大きすぎるほどの大きさです。

大画面液晶テレビを購入するなら、「4K」がおすすめ

今から大画面の液晶テレビの購入を考えている人は、「4K」対応がおすすめです。

通常の液晶テレビは「フルHD」のものがメインで、フルハイビジョンの美しさをそのまま堪能できます。

しかし、これからは4K放送のコンテンツがまずまず増加するといわれます。

4KはフルHDの4倍もの画素数を持ち、クリアで立体感溢れる画像を楽しむことができます。

通常のフルHD画像も4K相当にバージョンアップして見せてくれるので、4Kテレビさえ持っておけば、驚くほど美しい画像を家庭で楽しむことができます。

大型テレビってどのくらいの大きさ?

液晶テレビの大きさもバリエーションに富んでいますが、「大型」とはどのくらいの大きさでしょうか。

一般的には32~46インチ程度の液晶テレビが、人気があります。

大型テレビと言われるのは大体50インチ以上です。

インチは日本の単位ではないので、ちょっとわかりにくいですが、具体的には縦62.23㎝、110.49㎝となります。

このサイズより大きいものはかなりの大型テレビとなります。

大型テレビを購入する際気をつけたいこと

映画やドラマなど、綺麗な大画面で楽しむことができたら最高です。

近年は「ネットフリックス」や「アマゾンプライム」などの動画を家庭で楽しむ人も増えています。

気に入った海外ドラマや映画を大画面で見れたら嬉しいですよね。

しかし、大画面テレビを購入する際には気をつけたいことがあります。

それは、「部屋の広さ」です。

液晶テレビを近くで見ても、目の焦点が定まらず、全く楽しくありませんよね。

近すぎると画面がぼやけてしまいます。

つまり、テレビを見るには「最適な距離」というものがあるのです。

好きな映画やドラマを大画面で楽しみたいのはわかりますが、やみくもに大きなテレビを買っても無意味なので気をつけましょう。

大画面液晶テレビに最適な部屋とは

現在、テレビを見る部屋は何畳くらいありますか?

もしも6畳、8畳程度でしたら、大画面テレビはあきらめましょう。

50インチのテレビは、前述の通り高さが60㎝を越えます。

それなりの距離を保って見ることができなければ、画像の良さも全く堪能できません。

50インチを超えるテレビを置く場合、部屋は最低でも12畳はほしいところです。

テレビと視聴する場所の距離が十分に確保できる部屋が必要です。

おすすめの大画面液晶テレビをご紹介

テレビを置く部屋は12畳以上ある、大画面を楽しむのに何の問題もないという人は、ぜひ大画面で液晶テレビを楽しみましょう。

昔は、大画面液晶はドット抜けが目立ち、ダメだといわれていました。

しかし、現在は技術の進歩により、そのようなことはありません。

ほとんどの大型液晶テレビは4Kに対応していますし、最高の画像を楽しむことができるでしょう。

おすすめの大型液晶テレビをご紹介します。

シャープ AQUOS LC-60US45

シャープ 60V型 4K対応 液晶 テレビ AQUOS LC-60US45 HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載

こちらは回転式スタンドを採用しているため、テレビを見る場所によってテレビの角度を簡単に変えることができます。

「液晶テレビといえばアクオス」と言われるように、クリアで奥行のある美しい映像を堪能することができます。

60インチもあるので、迫力はかなりのものです。

技術としては、独自の広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載。

従来よりも色鮮やかで、かつ不自然にならない美しい映像を見せてくれます。

サイズは1354×849×341mmです。

東芝 REGZA 65Z810X

東芝 65V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 65Z810X

こちらはさらに大きな65インチの液晶テレビです。

東芝の独自技術である「レグザエンジンBeauty PRO」を搭載しています。

これにより、高精度でクリアな映像美を可能にしました。

また、より忠実に実際の映像を再現するため、「美肌リアライザー」も搭載しています。

人の肌の色や質感にこだわり、まるでその人がその場にいるかのようなリアルな美しさを再現します。

また、「AI機械学習HDR復元」によって、既存の映像をより高度に、クリアに再現してみせてくれます。

液晶の黒浮きやコントラストの弱さの補正としては「全面直下LEDバックライト」を採用。

暗い部分の光を綿密にコントロールすることで黒浮きを抑え、「鮮やかな黒」を再現します。

4Kモデルなので、ひかりTVやネットフリックスなどの4Kコンテンツにも対応しています。

サイズは1461x913x327 mmです。

SONY  BRAVIA KJ-65X9000E

ソニー SONY 65V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-65X9000E 4K対応   (2017年モデル)

こちらはフルハイビジョンの映像も4K相当にアップコンバートしてくれる大型液晶テレビです。

65インチ。

「X-tended Dynamic Range PRO」を搭載し、消費電力を増やすことなく画像コントラストをさらに美しく見せてくれます。

また、音声に関してもこだわりがあります。

通常放送やインターネット放送などで圧縮された2チャンネルの音源をCD以上にアップスケーリングしてくれるのです。

これにより、美しい映像と迫力ある音声を楽しめるようになりました。

ドラマや映画など、迫力ある場面を堪能することができます。

サイズは1447x895x259 mmです。

まとめ

液晶テレビは大型になるほど画面が粗いといわれていたのは昔の話です。

現在は4Kに対応し、迫力ある映像美を堪能することができます。

大画面液晶テレビは、自宅で映画やドラマを思い切り楽しみたい人におすすめです。

ただし、大画面になればなるほど、テレビと視聴者の距離が必要になりますので、自宅のテレビ設置場所を良く考え、程よい大きさの液晶テレビを購入しましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ