おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どう転職活動をしたら良い?イラスト通信講座でイラストレーターを目指す方法

   

美術学校などを卒業された方の中には、何らかの理由で美術系のお仕事とはまったく違う分野のお仕事をしている方もいるかもしれません。

中にはもう一度勉強し直してプロのイラストレーターを目指したいという方もいるかもしれませんね。

現在の仕事をしながらイラストレーターを目指すなら、自宅で都合が良い時間に学べるイラスト通信講座がおすすめです。

ここでは、イラストレーターに転職するための具体的な方法についてご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロのイラストレーターに必要なこととは?

どのような依頼にも対応できるスキル

趣味でイラストを描く場合には、自分が好きなものを好きなだけ描くことができますが、プロとして仕事をするためにはどのような依頼にも対応できるスキルが必要となります。

クライアントのニーズに応えるためにも、イラストにまつわる幅広い表現力を身につけておくことが大切です。

高いスキルを磨いておけばスムーズに依頼を受けることができるので、その分仕事の量が増えて収入に反映することになります。

スピーディーな作業で納期が守れる

趣味でイラストを描く場合には納得がいくまでイラストを描くことができますが、仕事としてイラストの依頼を受けた場合は納期を守る必要があります。

決められた期日に間に合うように仕事を進めていきながら、尚且つクオリティの高いイラストの完成を目指す必要があるので、スピーディーに作業できるスキルが必要となります。

スピードとクオリティを兼ね備えたイラストが描けるようになるためにも、日々イラストのレッスンを積み重ねることが大切です。

クライアントの希望を把握する能力

イラストの仕事の依頼を受けた場合、どのような作品にしたら良いかクライアントと打ち合わせを重ねていきます。

イラストレーターは在宅でできる仕事なので、遠方にいるクライアントとは電話やメールなどで打ち合わせをすることもあるでしょう。

クライアントがどのような希望を持っているのか理解する能力が必要なので、コミュニケーション能力の高さが必要となるでしょう。

ほかにはないオリジナリティの高さ

現在はWEBサイトや雑誌や広告、パンフレットなどイラストが必要な分野が多岐に渡りますが、クライアントの希望を取り入れつつほかにはないオリジナリティの高いイラストを描くためのスキルが必要となるでしょう。

製品の使い方などを説明するイラストは分かりやすさが求められますが、広告など人の注目を集めるイラストが必要な場合にはオリジナリティの高さが必要となります。

無難なイラストだけではなく、オリジナリティの高いイラストが求められることもあるので幅広い表現を身につけておくと良いでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストレーターに転職するための具体的な方法

基礎から応用までイラストのスキルを身につける

イラストレーターは幅広い仕事の依頼に対応できるほど、たくさんのクライアントから必要とされる可能性が高まります。

安定的な仕事の依頼があることでイラストレーターとして生計が立てやすくなるので、基礎から応用までのイラストのスキルを身につけておくことが大切です。

イラストの技術を学ぶにはイラストの学校に通ったり、イラスト通信講座を通して自宅で学んだりするなどの方法がありますが、自分がやりやすい方法を選ぶと良いでしょう。

自分ならではのイラスト作品を描き貯める

イラストレーターとして仕事の依頼を受けるには、自分がどのようなタッチのイラストを描くのか誰から見ても分かるようにしておかなければいけません。

そのためには、自分ならではのイラストの作品を描き貯めておく必要があります。

作品をただ見せるだけではなく、クライアントが見やすいようにファイルしたものをポートフォリオと言いますが、様々な作品を大きめのファイルにまとめたポートフォリオがあればいつでも自分のイラストを見てもらうことができます。

イラストレーターのホームページを作成する

イラストレーターとして活動するのに役立つのがホームページを作成しておくことです。

出版社やデザイン事務所にアポイントメントを取ってポートフォリオを見てもらうなどの持ち込み活動は、時間の面で効率が悪い場合があります。

特に働きながらイラストレーターへの転職を考えている場合には、うまく時間を取れないこともあるでしょう。

そんな時、イラストレーターとしてのホームページを作成しておけば、サイトにアクセスしてもらうだけで作品を見てもらうことができる上に、連絡先などを記載しておくことでサイトを通して仕事の依頼を受けることができるでしょう。

イラストレーターの求人を通して転職する

プロのイラストレーターというと、フリーランスとして仕事をするイメージを持っている方が多いかもしれませんが、安定的な収入を確保したい方であれば、デザイン会社などにイラストレーターとして就職するのがおすすめです。

フリーランスは報酬タイプの仕事で、安定的な依頼がない場合に生計が立てにくい場合があります。

しかし、正社員としてイラストの仕事をしていくのであれば給与タイプの仕事なので生計が立てやすいでしょう。

働きながら学ぶ際にイラスト通信講座がおすすめの理由

都合が良い時間にイラストの技術が学べる

現在の仕事をこなしながらイラストレーターに転職するための準備をするには、スケジュールをうまく組む必要があります。

しかし、イラストのスキルを身につけたい場合にはイラストの基礎や応用を学ぶ必要がありますが、働きながらイラストの学校に通うとなると、仕事の都合などでレッスンに行けない日もあるかもしれません。

その点、イラスト通信講座なら都合が良い時間に自宅でイラストの技術が学べるので、必要なスキルを身につけながら転職の準備を整えることができます。

プロの講師から作品に関するアドバイスがもらえる

プロのイラストレーターとして仕事の依頼を受けるためには、イラストに関する高いスキルが必要となります。

独学でイラストを学ぶと自分のスキルがどのくらいのレベルなのか判断できないので、どのように技術を磨いていけば良いのか分かりづらいかもしれません。

しかし、イラスト通信講座の中には添削指導を通してプロの講師から作品に関するアドバイスがもらえるものもあるので、プロとして通用するための技術を身につけやすいでしょう。

プロの講師とコミュニケーションがとれる

イラストの学校が手掛けているイラスト通信講座の中には、作品の添削指導だけではなくスクーリングがついているものもあるので、スクーリングの時だけ実際に学校に足を運びプロの講師とコミュニケーションを取りながらレッスンを受けることができます。

プロの講師との会話を通して、イラストの業界にまつわる様々な情報を知ることができるかもしれません。

第一線で活躍しているプロのイラストレーターが講師をしているイラスト通信講座もあるので、スクーリングでは貴重な経験をすることができるでしょう。

転職を希望している時のイラスト通信講座の選び方

現在の仕事とはまったく違うイラストの業界で働くことを目指している方は、転職活動の途中で分からないことが多々あるかもしれません。

イラストのスキルが学べる数多くのイラスト通信講座がありますが、イラストレーターとして仕事を始めることを目標にしている場合、就業サポートがついたイラスト通信講座がおすすめです。

プロのイラストレーターを目指すために、具体的にどんな準備をしたら良いか丁寧なアドバイスを受けることができるので転職活動の際に役立ちます。

また、疑問点や不安に思うことをアドバイザーに相談する場があることで、安心した気持ちで転職活動に集中することができるでしょう。

まとめ

プロのイラストレーターになることをお考えの方の中には、イラストを描くことを仕事にすることに関して収入の面など様々な不安があることでしょう。

イラスト通信講座で学んだ後、正社員やフリーランスなど自分に合った仕事のスタイルで安心して働くことができる方法を選ぶことで、転職を通してやりがいを感じながら仕事に取り組むことができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ