おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どこで売れば高く売れる?ペンタブが高く売れるところとは

      2017/09/08

ペンタブレット USB 式 プロ お絵描き用 2048筆圧 ペンタブ 8つエクスプレスキー 極薄 表現力 絵 デザイン パソコン ペンタブレット ブラック

使わなくなったペンタブは、やはり売るのが一番正しい処分の仕方だと言えるでしょう。

そのまま持っていてマウス代わりに使うのもアリですが、スペースもとりますし、本来の用途で使わないのであれば、なんとか処分したいと考える人も多いかもしれません。

どうせ売るならできれば少しでも高く売りたいものです。

そこでここでは、ペンタブが高く売れるところについて紹介します。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

オークションで売るのが一番高く売れる

もしペンタブを一番高く売りたいのであれば、オークションで売るのが良いでしょう。

自分が使わなくなっていたとしても、ペンタブというのは基本的にはいつでも需要が高いアイテムだと考えていた方が良いです。

それだけ需要の高いアイテムなのですから、オークションという数多くの人が閲覧するところで売りに出せば、その商品に人は食いついてきます。

需要の高いアイテムは多くの人の目にとまれば高く売れますから、オークションにペンタブを出せば高く売れると言えるでしょう。

中古品を扱うお店などに売りに出すと、そのお店からいろいろひかれてしまうので大した金額にならないことが多いですが、オークションの場合は運が良ければ定価の3分の2くらいで買い取ってもらえることもあるのです。

それは間違いなく高く売れていると言えるでしょう。

やや面倒なのがデメリット

ただオークションの場合は、やや面倒です。

いちいち写真をとって載せたりしないとなりませんし、商品説明や発送方法、あるいは発送料金についての説明、使用度についての説明などもしないとなりません。

だからこそ高く売れるとも言えるでしょう。

いうなればオークションと中古品を扱うお店との売値の価格等は、その差だと言えます。

そのため面倒ならばオークションはやめた方が良いかもしれません。

ただ一つ言えるのは、最近のオークションは色々と楽です。

写真を撮ってからのせるのもアプリで簡単に出来たりしますし、落札された時のやり取りも、何回かクリック、あるいはタップをしていけばそれだけで勝手に進んでいったりするので、ただ発送するだけで良かったりします。

だから、手間がかかることはかかりますが、やってみると大したこと無かったりもするでしょう。

手数料がかかることがあるので注意

ただ、オークションの場合、売った物の値段の数パーセントという手数料がとられることもあります。

なのでその手数料のせいで結果的にはお店にうったのとあまり変わらなくなるという可能性もあるでしょう。

そうならないようにするためには、オークションのシステムをしっかりと把握しておかないとなりません。

そしてしっかり計算して、損をしないようにしていきましょう。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門店に買取を依頼する

ペンタブを売る際には、店舗に売りに行くという選択肢もあります。

ペンタブを買い取ってくれる類のお店はたくさんあります。

たとえばハードオフやブックオフでも売れますし、そうではない町のリサイクルショップのようなところでも売りに出すことが出来るでしょう。

しかし、そうしたところよりもさらに高く売れる可能性が高いのはやはり専門店です。

ここでいう専門店とは、ペンタブの専門店というわけではなく、パソコンまわりのアイテムの専門店です。

需要が高いから高く買い取れる

何度も言うようですが、ものを高く売るために大切なことは需要です。

パソコンまわりの専門店ということは、当然ながら一般的なリサイクルショップや色々な物を扱う総合的な中古品店よりも、パソコンまわりのアイテムの需要が高いということになります。

そのため、他のそういうお店よりも高く買い取れたりするのです。

そういう専門店は、ちょっとした街中まで出ないと無かったりしますが、それをする価値があるくらいの差は出るでしょう。

フリマアプリでもそれなりには高く売れる

ペンタブの需要は、何もある程度年のいった人にだけあるわけではありません。

ペンタブの需要は若い人達にもすごくあると言えるでしょう。

ということは、若い人たちが多く閲覧するところでもそれが高く売れる可能性があるということです。

では、若い人たちが多く閲覧するところとはどんなところになるでしょうか?

若い人たちが多く閲覧するものと言えば、フリマアプリでしょう。

フリマアプリは10代後半くらいから20代半ばくらいの人が使用していることが多いです。

だから、そこに売りに出すのもアリなのです。

価格はやや安くなることが多い

ただ、フリマアプリのような年齢層が若いところだと、売れる価格自体も年齢層に伴ってすこし下がる可能性はあります。

もちろん必ず下がるとも言えません。

たとえば結婚して家庭を持っている人は、いくら稼ぎが良くても自由に使えるお金があまりなかったりするので、ペンタブのような物は買えなかったりします。

学生のように実家暮らしで家賃を払う必要もなく、バイト代がそのまま自由に使えるお金になる人の方がお金を持っていたりすることもあるのです。

だから必ずしも若い人にうった方が安くなるというわけではありません。

しかし、そのように、学生の方がお金があるというケースはあまり多くはないですし、そもそもの稼ぎが少ない分、2万3万出すのにも勇気がいるのが学生だったりするので、やはり確率的にはオークションなどの方が高く売れることは多いです。

でも、高く売れる可能性もあるのですから、一応手は出して置いた方が良いのです。

手を出して置いて、満足いく値段で売れなかったら別のところで売るという事も出来るのですから。

アマゾンで売る

アマゾンでも、実は商品を売ることができます。

だから、中古のペンタブをそこで売ることも出来るのです。

アマゾンで商品を売ることの魅力は、何と言っても集客力でしょう。

ヤフオクの使用者もかなり多いとは言えますが、アマゾンの場合はそれよりも多いのではないでしょうか?

だから、自分が使用していたペンタブをピンポイントで欲しがっている人も出会える可能性がすごく高くなります。

やはり、「安く買えるペンタブなら何でもいい」と思っている人よりも、自分が使用していたペンタブをピンポイントで欲しがってくれている人に売った方がペンタブは高く売れます。

アマゾンの安心感も役に立つ

オークションの場合は、確かにオークションサイトが間に入ってはいますが、基本的には個人と個人のやり取りになります。

買う側もそれが分かっているので、ちょっとやり取りが心配になったりして、なかなか手が出せなかったりすることもあるでしょう。

しかし、アマゾンで買う場合、中古で買う際にもあまり個人と個人のやり取りという感覚がない人が多いです。

アマゾンと個人のやりとりだと思って買う人も多いのです。

ということはつまり、それだけ安心感があり、買いやすい環境であるということになります。

アマゾンから何かを買う時に心配になるという人はまずいないのではないでしょうか?

誰でも一度はアマゾンを使用したこともあるでしょうし。

そうした安心感が、ペンタブが高く売れるのに力を貸してくれるのです。

だから、アマゾンを使用するのもおすすめです。

まとめ

ペンタブを高く売れるところは、意外とこんなにたくさんあります。

でも、これら以外にはあまりないと言えるでしょう。

だから、もしペンタブを売るのであれば、これらの中から選んでいくのがおすすめです。

これらの中から自分にあった方法で売っていってください。

そして、せっかく買ったペンタブを少しでも高く売れるようにしていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ペンタブレット(板タブ)