おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どちらを選べば良い?イラスト通信講座と絵画通信講座の違いを教えて!

   

自宅で好きな時にレッスンできるイラスト通信講座や絵画通信講座は、絵を学びたい多くの方から注目されています。

絵を描くための技術を身につけたい方の中には、イラスト通信講座と絵画通信講座にどんな違いがあるのか分からないという方もいるかもしれません。

両者の違いを把握した上で、自分が必要とする技術が学べる通信講座を選ぶことが大切です。

ここでは、イラスト通信講座と絵画通信講座の違いや講座の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト通信講座と絵画通信講座の違いとは?

カリキュラム内容に違いがある

イラスト通信講座や絵画通信講座は、通信講座ならではのカリキュラムに沿って段階的に絵を描くための知識や技術を身につけていきます。

両者とも始めの段階でデッサンなど絵を描くための基本をしっかり学んでいきますが、イラスト通信講座は身の回りにあるものを個性をプラスしながら描いていくなど応用的技術を学ぶ段階に入るのが早く、イラストにまつわる幅広い技術を学んでいきます。

それに対して、絵画通信講座はデッサン・水彩・油絵など、専門的技術を習得する講座が分かれている場合があり、それぞれひとつの技法を深くしっかりと学んでいきます。

講座を通して身につける技術に違いがある

イラスト通信講座は絵を描くための基本を身につけた後、デフォルメされた可愛いキャラクターを描いたりシャープで個性的なイラストを描くなど、幅広いタイプのイラストを描くための技術を身につけていきます。

それに対して、絵画通信講座は絵を描くための基本を身につけた後、写実的な絵を描くための技術を身につけていったり、絵画ならではの画材の使い方や表現を極めていくなど本格的に絵画が描けるようになることを目指します。

絵を学ぶ目的に違いがある

イラスト通信講座は、身につけたスキルを生かしてハガキやメッセージカードに可愛いイラストを描いたりプロのイラストレーターを目指すなど、日常で役立つ絵が学べるという特徴を持ちます。

それに対して絵画通信講座は、自分が目にしたものや浮かんだイメージを感性を通して表現するなど、どちらかと言うと芸術的表現の向上を目指すための絵が学べるという特徴を持ちます。

講座修了後の道筋に違いがある

イラスト通信講座は修了後にプロのイラストレーターを目指すなど、絵のスキルを使って仕事を始める方が多くいます。

それに対して、絵画通信講座は修了後に絵画展に応募をするなど、絵のスキルをより向上させることを目指す方が多くいます。

両者とも絵に関する技術を身につけていきますが講座修了後の道筋に違いがあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

自分に合った絵の通信講座の選び方とは?

描きたい絵の傾向に合わせて講座を選ぶ

イラスト通信講座と絵画通信講座は、それぞれ学べる絵の技術に違いがあります。

このことから、自分自身が描きたい絵の傾向に合わせて講座を選ぶことで必要な知識や技術を身につけていくことができるでしょう。

たとえば、個性的で可愛い絵やキャラクターなどが描きたい場合にはイラスト通信講座を選ぶようにして、個性的で情感がある芸術的な絵が描きたい場合には絵画通信講座を選ぶと良いでしょう。

夢や将来の目標に合わせて講座を選ぶ

絵を学びたいという動機は人それぞれに違いがあります。

将来イラストレーターになりたいという目標を持つことで絵を学びたい方もいれば、自分の感情や目にした事柄を自分らしく表現したいという目的を持つことで絵を学びたい方もいるでしょう。

夢や将来の目標に合わせて講座を選ぶことで、レッスンのプロセスを楽しむことができます。

自分自身の絵のレベルに合わせて講座を選ぶ

絵を学びたい方の中にはまったく初心者の方もいれば絵心のある方もいます。

自分自身の絵のレベルに合わせて講座を選ぶことで、効率良く必要な技術を身につけることができるでしょう。

イラスト通信講座や絵画通信講座の中には、初級・中級・上級など段階に応じて丁寧にレッスンを重ねていけるものがあるのでおすすめです。

魅力的な講師がいる講座を選ぶ

イラスト通信講座や絵画通信講座は、それぞれプロとして活躍している講師が添削指導を通して様々なアドバイスをしてくれます。

魅力的な講師がいる講座を選ぶことで、毎回のレッスンや添削指導のアドバイスを受けることが楽しみになるでしょう。

イラスト通信講座がおすすめの人の特徴

イラストレーターとして仕事や活動をしたい

イラストレーターとして将来幅広く仕事をしていきたいという方であれば、イラスト通信講座がおすすめです。

絵を描くための基本はもちろんのこと、個性をプラスした上で絵を描くための応用的技術を学ぶことができます。

また、就業サポートがついているイラスト通信講座なら、講座修了後の進路について相談することができます。

可愛いイラストがすぐに描けるようになりたい

本格的なプロのイラストレーターを目指しているわけではないけれど、日常の中で可愛いイラストがすぐに描けるようになりたいという方ならイラスト通信講座がおすすめです。

イラスト通信講座は種類が豊富で、手軽なレッスンで可愛いイラストを描くための技術が学べるものもあるので楽しくレッスンすることができるでしょう。

目指す絵にまつわる職業がはっきり決まっている

イラストレーター・漫画家・似顔絵師・絵本作家など、将来なりたい職業がはっきり決まっている方であれば、専門的な技術を学べるイラスト通信講座がおすすめです。

絵の基本はもちろんのこと、それぞれの仕事をするために必要な専門的な技術が学べるのでより深く必要なスキルを身につけていくことができるでしょう。

絵画通信講座がおすすめの人の特徴

芸術的な作品作りを目指したい

感情やイメージなど感性を通して表現する手段のひとつに絵を描くことが挙げられます。

目に見えないものを絵で表現するには、絵の基本的な技術を習得した上で幅広い表現力を身につけていく必要があります。

絵画通信講座は、絵を描くための基本をより深く学びながら、より専門的な技術の習得を目指すので芸術的な作品作りを目指している方におすすめです。

趣味として絵画を学びたい

身近な人物や身の回りにある物などを趣味として丁寧に描いていきたい方であれば、絵画通信講座がおすすめです。

絵を描くための基本をよりしっかりと学んでいくことができるので、初心者の方でも無理なく少しずつ絵のスキルを高めていくことができるでしょう。

絵画の専門的技術を学びたい

絵の基本や応用をしっかりと学んだ上で、絵画コンテストに応募したいという方であれば絵画通信講座がおすすめです。

絵画にまつわる専門的技術を身につけることができるので、絵画を通して独自の世界観を思う存分表現することができるでしょう。

絵を描くための基本を徹底的に学びたい

絵を学びたいのに近く絵画教室がないようであれば、絵画通信講座がおすすめです。

徹底したデッサンなどのレッスンを積み重ねていくので、絵を描くための基本を身につけることができるでしょう。

プロの講師の添削指導を通して、自分自身の技術を客観的に磨いていけるところも魅力です。

まとめ

イラスト通信講座と絵画通信講座を比較すると、どちらも絵の描き方が学べる講座ですがレッスン内容に大きな違いがあります。

どのような絵を描きたいかなど、絵を学ぶ目的に合わせて自分の希望をはっきりさせることで必要な技術が学べる講座を選ぶことができます。

どちらも専門的な技術を楽しく学べる講座なのでレッスンを継続しやすいでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ