おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どっちがいいんだろう?有機ELテレビと液晶テレビは何が違う?

   

これからテレビを買い替える際には、昔からある液晶テレビと(実際にはこれでも十分新しい)、有機ELテレビという新しいテレビがあります。

なので、どちらを選ぶのか迷ってしまうこともあるものです。

でもその有機ELテレビと液晶テレビは何が違うものなのでしょうか?

その違いを理解していないと、正しく選ぶことは出来ません。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

液晶テレビはコントラストが薄め

有機ELテレビと液晶テレビの違いは色々ありますが、一番わかりやすく見ていくならばやはり、画質の違いに着目するのが一番。

液晶テレビも有機ELテレビも、別段画質の「良さ」自体には違いそんなにありません。

というのもそもそも画質の良さというのは、そのテレビ自体に固有しているものです。

たとえば液晶テレビでも画質が良くないものはありますし、有機ELテレビでもそういうものはあるのです。

しかもその良さに関しては感じ方に個人差もあります。

最近のテレビではそこまで誰が見ても画質が悪いというようなものはありませんからなおさらです。

では有機ELテレビと液晶テレビでは画質はどう違うのか?

それは、コントラストが違うのです。

液晶テレビは、有機ELテレビと比べるとコントラストが薄めになります。

コントラストが薄いとどうなるのか

でもそもそも、コントラストが薄いとどうなるのかが分からないという方もいるでしょう。

実際、コントラストは濃い方が見やすいのでしょうか?

それとも薄い方が見やすいでしょうか?

それにもやはり個人差はあります。

そんな中で一つ言えるのは、コントラストの濃い方が迫力がある雰囲気になり、コントラストが薄い方がレトロな雰囲気になるという事です。

迫力のある強い画のテレビを見るのが好きなのであれば、有機ELテレビの方がより合っています。

逆にあまりそういうものは見ないで、昔懐かしい感じの穏やかな物が見たいのであれば、液晶テレビも十分ということになります。

ただコントラストが薄いと、暗い画面がやや見づらくなります。

どうしても全体がぼやけてしまうのです。

なので映画やドラマなどをよく見るのであれば、有機ELの方がおすすめです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

有機ELテレビはとにかく薄い

液晶テレビと有機ELテレビの違いとして、その厚みの違いも挙げられます。

基本的に有機ELテレビというのは、薄いです。

最近では液晶テレビも薄いものが増えてきてはいます。

しかし、どうしても有機ELテレビの方が薄くなりがちなのです。

それは、テレビの表示の仕方が違うからです。

液晶テレビにはバックライトが必要

液晶テレビは、フィルターの後ろにバックライトを入れて、それで画面を表示するというような方法でテレビを映しています。

対して有機ELテレビは、そのバックライトが必要ありません。

なので、そのバックライトの分だけテレビの厚みを薄くすることができるのです。

だから、省スペースになります。

薄ければ良いというものでもない

薄いというのはやはりメリットではあります。

でも、ただ薄ければいいというものでもありません。

なぜなら、基本的には液晶テレビにしても有機ELテレビにしても、テレビボードを設置しておくことが多いでしょうから。

テレビボードは、其れ自体にまずかなり奥行があります。

だから、たとえテレビの厚みをかなり削減できたとしても、それはあまり意味が無くなってしまうのです。

もちろん全く意味がないということはありません。

薄ければその後ろにたとえばフェイクグリーンなどを置くことが出来るようになりますから。

でも、そうして何かを置いたりしてしまうと、省スペース感はなくなります。

だからといって何も置かなくてもテレビボードのせいで省スペース感はなくなる。

結果どっちにしてもあまりそのテレビの薄さは活かせない事が多いのです。

もちろんそれを活かすことが出来るのであれば、薄いのは魅力的ですが、それを活かせるかどうかは、テレビを買い替える際にはきちんと考えないとなりません。

価格帯が全然違う

有機ELテレビは、液晶テレビと比べるとかなり高いです。

それもやはり大きな違いになります。

液晶テレビは、ある程度のサイズ感のものでも5万円以下くらいで買えることは多いです。

でも有機ELテレビは、10万円を超えるのが普通です。

つまり倍近い値段が掛かってしまう可能性があるのです。

だから、必要がないのであればそれに手を出すべきではありません。

これから下がる可能性はある

ただ、有機ELテレビの価格帯も、これから一気に下げていく可能性はあります。

液晶テレビだって、一昔前には何十万もするようなものがありました。

もちろん今でも多少はあるでしょうが、最近では4Kの大型テレビですら、数万円で買える時代です。

だからそういうやたらと高額な液晶テレビはドンドン淘汰されていくでしょう。

そして今ある液晶テレビたちも、どんどん価格を下げていく可能性が高いです。

そうなった時に起こるのは、有機ELテレビの低価格化です。

液晶テレビとの価格差があまり開きすぎてしまえば、当然それに追随しないと売れなくなっていってしまいます。

だから、多量なりとも値段を下げていくのです。

一つの有機ELテレビが値段を下げていけば、それに伴って他の有機ELテレビも値段を下げていく。

そうしていつしか多少なりとも手を出しやすい値段になることはあります。

なので、しばらくテレビを買い替えるのを待ってみるというのも一つの手です。

重さも全然違う

液晶テレビと有機ELテレビでは、重さも全然違います。

液晶テレビは、ひとりで動かすのは割と大変だと言えるくらいに重たいものです。

でも、有機ELテレビというのは、基本的には液晶テレビの半分くらいの重さになります。

だから、場所を変えたいと思った時や、掃除をする時にすごく楽になる可能性は高いです。

ただこれにも、やはりデメリットがあります。

耐久性への不安

軽いということはやはり、耐久性に不安が生じてくることが多いです。

重たい方が色々なところをカバーできることは間違いないですから。

また軽いことには、そもそも壊れるきっかけを作りやすいという欠点があります。

というのも、重たいとその分だけテレビが倒れたりする可能性が少なくなります。

でも、軽いとたとえばちょっと押しただけで倒れてしまうこともでてくるのです。

倒れない対策が必要に

ということはつまり、もし有機ELテレビを買ったら、それが倒れないようにする工夫をしないとならないということです。

たとえば、アームをつけてこていしたり、或いはねじでとめるような固定の仕方をしたりするなど、工夫が必要です。

それにも当然またお金がかかります。

ただでさえ有機ELテレビの方がコストがかかるのに、さらにそういうコストがかかるようになるのです。

それを考えると、液晶テレビがいかにお得かはわかります。

コストで選ぶのであれば、やはり有機ELテレビよりも液晶テレビの方がおすすめできます。

そもそもの選択肢も有機ELテレビよりも液晶テレビの方が多いですから。

まとめ

液晶テレビには液晶テレビの良さがありますし、有機ELテレビにはまたそれの良さがあります。

一番良いのは間違いなく、自分の生活スタイルやテレビを見るスタイルに応じて決めていくことです。

一つ言えるのは、無理して有機ELテレビに買い替える必要は全くないということです。

まわりがそうしているからそうするのは、やめた方が良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ