おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どっちを選べば良い?デザイン専門学校1年制と3年制のそれぞれの魅力

   

将来プロのデザイナーを目指している方の中には、専門学校の1年制と3年制のどちらを選んで良いか迷っている方がいるかもしれません。

どちらのカリキュラムでもプロに必要な知識や技術を学ぶことができますが、自分のライフスタイルや目指す方向性に合わせて選ぶことが大切です。

ここでは、デザイン専門学校1年制と3年制のそれぞれの魅力をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

1年制のデザイン専門学校の魅力

短期間でプロに必要な知識と技術の習得を目指せる

1年制のデザイン専門学校は、短期間でプロのデザイナーに必要な知識と技術の習得が目指せるというメリットがあります。

短期間でも必要なスキルが身につくカリキュラムとなっているので、集中的にデザインが学びたい方に最適です。

時間をかけずに即戦力を身につけることができるので、プロを目指すまでのプロセスがシンプルなものとなります。

社会人の方でも仕事をしながら学べる

社会人の方の中には現在別の仕事をしており、将来デザイナーを目指している方がいるかもしれません。

プロとして仕事をするためには、デザインの基礎や応用的な技術を学ぶ必要がありますが、デザイン専門学校ならプロの講師から講義を受けるので、初めてデザインについて学ぶ方でも安心です。

1年制のデザイン専門学校の中には夜間クラスに対応しており、仕事をしながら無理なく学べるところがあるので社会人の方でも仕事と学校の両立が可能です。

必要な技術を身につけた後に転職活動しやすい

これまでデザインについて学んだことがなく、現在違う職種に就いている場合にはデザイン業界に転職する前に必要なスキルを身につけておくことが大切です。

できるだけ早くデザイン業界に転職したい方の場合、デザイン専門学校に通う期間があまりにも長いと時間の経過に焦りを感じることがあるかもしれません。

そんな時、1年制のデザイン専門学校なら短期間で集中的にデザインについて学べるので転職活動のプロセスがスムーズです。

時間を有効に使いながらプロを目指すことができる

社会人として同じ会社で長年勤めている方の中には、デザイン業界に転職したくても年齢的なことが気になって行動を起こすことを躊躇するかもしれません。

しかし、1年制のデザイン専門学校は短期間でプロのデザイナーに必要なスキルが学べるので、時間を有効に使いながらプロのデザイナーを目指すことができます。

プロの技術を習得する時間と転職活動する時間をトータルしたとしても1~2年程度なので、短期間でプロの道に進むことができます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

3年制のデザイン専門学校の魅力

デザインの土台となる基礎をじっくり学べる

3年制のデザイン専門学校は、デザインの土台となる基礎的な知識や技術をじっくり時間をかけて学べます。

デザイン・色彩・レイアウト・文字のデザインなど、土台となる基礎的なスキルを身につけておけば、応用的な学習を経て自分の個性を生かしたデザインが可能となります。

3年間という時間の中で基礎と応用を併せて身につけていくことでデザイナーとしてのスキルをじっくり磨くことができます。

興味のあるデザイン分野を深く掘り下げて学べる

3年制のデザイン専門学校では、じっくりとデザインの基礎を学んだ後、興味があるデザインの分野に進み専門的な知識と技術を学んでいきます。

基礎を学んでいるうちに進みたいデザインの方向性が決まることがあるので、将来どんなデザインの職種に就きたいか気持ちが定まり行動にブレがなくなります。

専門的な分野の技術をしっかり身につけておくことで、デザイナーとして現場で働く際に落ち着いて仕事に取り組むことができます。

じっくりとポートフォリオ作りに励むことができる

3年制のデザイン専門学校は基礎・応用・専門的な技術の習得を目指しながら、じっくりとポートフォリオ制作に取り組むことができます。

ポートフォリオというのは、身につけたスキルを通して制作した作品のファイルのことを指しますが、デザイナーを目指す学生が就職活動する際には仕事の実績がまったくないので、面接時にポートフォリオを見せることで即戦力となる人物かどうか判断されます。

ポートフォリオの完成度の高さが採用を大きく左右するので、個性をとり入れつつ丁寧な制作を心がける必要があります。

ゆとりを持って就職活動することができる

デザイン専門学校で学ぶうちに、デザイン業界の進みたい方向性が定まってくることがあります。

短期間しか学ぶ時間がない場合、せっかく進みたい方向性を見つけたとしても就職活動の時期に突入してしまうので時間や気持ちにゆとりを持つことができません。

しかし、3年制のデザイン専門学校なら進みたい方向性に沿ったスキルをじっくりと身につけた上で時間をかけて就職活動することができるので、気持ちにゆとりを持つことができます。

1年制のデザイン専門学校が向いている方の特徴

働くことで生計を立てながらデザインを学びたい方

自分で生計を立てている方は、仕事を辞めて本格的にデザイン専門学校に通うことを決めるまでに思い悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、1年制のデザイン専門学校は働きながらデザインについて学ぶことができるので、仕事を辞めるなどの大きな決断をせずに、現状を維持しながら次なるステップを踏むことができます。

できるだけ早くデザイン業界に転職したい方

現在の職種からできるだけ早くデザイン業界に転職したい方であれば、短期間でプロに必要なスキルが学べる1年制のデザイン専門学校がおすすめです。

デザインのスキルを身につけた後に転職活動をするのは、かなりの手間と時間がかかってしまうものですが、短期間で必要なスキルを身につけることで限られた時間を有効に使いながら、転職活動することができます。

デザインの基礎をすでに学んでいる方

過去に高校や専門学校でデザインについて学んだことがある方であれば、1年制のデザイン専門学校がおすすめです。

すでにデザインの基礎を身につけている状態なので、短期間で専門的なデザインのスキルを身につけることができます。

3年制のデザイン専門学校が向いている方の特徴

どのデザイン分野に進んで良いか迷っている方

デザインの仕事をしたいという希望はあっても、具体的にどのデザインの職種に就けば良いのか分からないという方もいます。

しかし、3年制のデザイン専門学校なら時間をかけて必要な事柄を学ぶので、時間をかけて自分の進路を決めることができます。

クオリティの高いポートフォリオを制作したい方

時間をかけてデザインを学ぶことで、デザインに関する自分の得意分野のスキルが磨かれていきます。

しっかりとしたスキルを身につけた後、クオリティの高いポートフォリオを制作したい方なら3年制のデザイン専門学校がおすすめです。

時間をかけて作品作りに励むことができるので、納得がいくポートフォリオが完成するでしょう。

時間をかけて就職活動したい方

プロのデザイナーとして活躍したい場合、希望の職種に就くためにも幅広い求人情報に目を通す必要があります。

デザイン専門学校には数多くの求人情報が集まりますが、それらに目を通しながら履歴書やポートフォリオを準備するなど就職活動には何かと時間がかかります。

時間をかけてじっくり就職活動したい方であれば、時間にゆとりがある3年制のデザイン専門学校がおすすめです。

まとめ

デザイン専門学校を選ぶ前に、自分の希望に合わせてどのくらいの期間デザインを学ぶか決める必要があります。

1年制と3年制のデザイン専門学校はそれぞれ魅力がありますが、自分に合っているかどうかが選択のの重要なポイントとなります。

特徴をよく把握した上で最適な期間のデザイン専門学校で学ぶことができれば、デザイナーになる夢に近づきやすくなります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ