おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どのくらいで見れば良い? 液晶テレビとの適切な距離とは

   

液晶テレビを設置する際には、自分がソレを見る位置から適切な距離に接地するのがベターでしょう。

でも、実際にどの位の距離のところに液晶テレビを配置すれば、自分がソレを見る位置から適切な距離になるか分からないことも多いはずです。

そこでここでは、液晶テレビを見る際の適切な距離について紹介していきたいと思います。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

基本的には1メートルから2メートルくらい

液晶テレビを見るのに適切な距離は、だいたい1メートルから2メートルくらいになるでしょう。

それ以上離れてしまうと、まず液晶テレビはかなり見づらくなります。

見づらい状態で液晶テレビを見ていくのはすごくストレスになるでしょう。

基本的にテロップなどの出てこない、ドラマを中心にしてみていくのであればそれでも問題ないかもしれませんが、バラエティを中心で見ていきたいのであれば、あまり離れてしまうとすごくストレスが溜まります。

なぜなら細かいテロップなどの文字がかなり見えづらいからです。

でも、そのテロップを見ないと良く分からないようなシーンも多いのがいまのバラエティです。

基本的にごちゃごちゃしていることが多いですから。

そうしてみても分からなくなってしまうのであれば、次第にテレビを見なくなってしまう事もあるでしょう。

それはすごく勿体ないので、そうならないように、液晶テレビを設置する際には、自分がよく座る位置から、1メートルから2メートルくらいの位置に設置するようにしていきましょう。

近すぎるのはそれはそれで良くない

遠すぎるのがダメなのであれば、では近すぎるのはどうなのでしょうか?

遠すぎるとストレスが溜まりますが、近すぎることによってストレスがたまるという事はないでしょう。

でも、近すぎることで、目が悪くなることはあります。

昔から近くでテレビを見ていると目が悪くなると言われていたものです。

それは別にブラウン管のテレビだけの話ではなく、液晶テレビであっても同じことです。

目への疲労度はすごく高くなりますから、目が悪くなるのも当然だと言えます。

なので、1メートルよりも近い距離に設置するのはそれはそれでおすすめできないのです。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

正確には画面の縦3倍分が適切な距離

自分がよく座る位置から1メートルから2メートルの位置に液晶テレビを設置するのが適切な距離だと言われても、1メートルから2メートルの位置というと、それなりの開きがあります。

これが、100メートルくらいある中での1メートル2メートルであれば、それは大した差にはならないでしょう。

しかし基本的には日本の部屋は狭いことが多いです。

なので、1メートルから2メートルと言う距離のその差はそれなりに大きくなるでしょう。

では、正確な適切な距離はどのようにして判断していったら良いでしょうか?

実は、正確な適切な距離を測る方法というものがあります。

それで距離を測っていけば、確実かつ簡単に適切な距離をみつけていけるでしょう。

その距離の測り方というのが、液晶テレビの画面の縦のサイズを3倍した位置になります。

たとえば、テレビの画面が縦40センチくらいなのであれば、適切な液晶テレビの距離は、自分が座る位置から120センチのところになるでしょう。

もし画面が30センチちょっとくらいしかないのであれば、1メートルのところに設置すると良いでしょう。

このように、縦のサイズを3倍にしていけば、簡単に適切な距離が判断できるでしょう。

見やすくて目にも悪すぎない

画面の3倍の距離であれば、目にもそこまで悪くはなくなります。

そもそもテレビ自体基本的には目には悪いものになりますから、適切な距離に設置したところで、多少目はダメージを受けるでしょう。

でもそのダメージはかなり抑えることが出来ます。

それでいて、見づらさを感じることはないでしょう。

よほど目が悪い場合は見づらさを感じることもあるかもしれませんが、その場合には自分が近づいたり、或いは液晶テレビを近づけたりするのではなく、視力の方をなんとかしていくべきです。

たとえばコンタクトをしたり、メガネをしたり。

そうすれば目にもあまり悪くない位置で、かつ見やすく液晶テレビを見る事が出来るようになるでしょう。

画面の縦を3倍した距離と言うのは、この機会に是非覚えていってください。

正面でなくとも構わない

その画面の縦を3倍した距離というのは、もしかしたら正面の場合は取れない事もあるかもしれません。

でも、別にその距離は、何も正面で考える必要はありません。

斜めに出ていけば、その距離をとれることも出てくるでしょう。

だからその場合は、自分がよくいる位置から斜めの位置で、3倍の距離に設置するようにすると良いでしょう。

液晶テレビは斜めでも比較的に見やすい

液晶テレビと言うのは、たとえ斜めの角度から試聴しても、割とクリアに見えるものになります。

それは確かに、すごく斜めからきていたら、見えなくなることもあるでしょう。

でもある程度斜めなくらいであれば、普通に正面から視聴しているのと同じように視聴することが出来ます。

これがブラウン管の場合はそうもいかなかったでしょう。

ブラウン管の場合は、斜めの角度から見ようとすると全然見れないことがありました。

なので、3倍の距離が正面でとれない場合、仕方なく近づいていたこともあったでしょう。

しかし液晶テレビの場合はそうなることがないので、だいたいどんな家に住んでいても、しっかりと画面の3倍の距離がとれるでしょう。

よほど狭い家にすごく大きな液晶テレビを入れているという場合でもないかぎり。

遠い位置に置く場合は大きなテレビに買い替えよう

液晶テレビを設置する位置が、どうしても自分がよく座る位置から通くなってしまうという事もあるでしょう。

部屋の構造上そうするのが一番良いという事になってしまうこともあるのです。

そうして、自分がよく座る位置から遠くに液晶テレビを設置するしかなくなった場合、液晶テレビを買い替えてしまうのがおすすめです。

遠くに設置するしかないのであれば、遠くに置くのが適切な距離になるようなサイズの液晶テレビ買い替えれば良いのです。

たとえば150センチの距離にしか置けないのであれば、縦が50センチのサイズの液晶テレビに買い替えるのです。

そうすれば、その距離でもストレスなく、気持ちよくテレビを見ていく事が出来るでしょう。

大きなテレビの方がバランスも良い

こうした適切な距離というのは、何も見やすいからその位置に置くのが適切だというだけの話ではありません。

適切な距離に置くのは、そうすることでインテリア的なバランスがよくなるから、そうするべきだという事でもあるのです。

すごく遠い位置に、小さな液晶テレビがぽつんと置いてあるような状況では、どうしても見栄えは悪くなります。

それではやはり家にいてもテンションがあがらないでしょうから、インテリア的に自分のテンションを上げるという意味でも、液晶テレビを遠い位置にしか置けない場合は、大きなものに買い替えていきましょう。

まとめ

液晶テレビの適切な距離については以上の通りになります。

ポイントはやはり、画面の縦のサイズを3倍したところに置くということになります。

それは決して難しい計算ではないので、簡単に覚えることが出来るでしょう。

是非しっかりと覚えて、そういう位置に液晶テレビを配置していってください。

そして、液晶テレビをもっとストレスなく、そして健康的に見ていきましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ