おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どのくらいの人が多いの?イラスト通信講座に通う年齢層とは

   

イラストの通信講座とは、どのくらいの年齢層の人が通っているものなのでしょうか?

それが分からないと、いまいち受講する気にならないという方もいるでしょう。

それはそうでしょう。

自分以外子どもしかいないとか、逆に年配の方しかいないとなると、やはりセンスも不安になるでしょうから。

そこでここでは、イラストの通信講座に通う年齢層について紹介していきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラスト通信講座の通う年齢層は上と下が多い

イラストの通信講座に通う年齢層とは、実は、上と下が多いと言えます。

もちろんこれは、すべてのイラスト通信講座でそうだというわけではありません。

中には、20代の方が多いというところもあるかもしれませんが、基本的には、10代くらいの若い方か、あるいは40代以降位のある程度年齢を重ねた方が多いと言えるでしょう。

なので、もし自分が20代30代なのであれば、基本的には同年代の方は、イラストの通信講座には多くはないと思っていた方が良いでしょう。

でも、何故20代や30代はあまりいなくて、10代や40代以降の方が多いと言えるのでしょうか?

それは何も、自然とそうなったわけではなく、それにはきちんと理由もあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

10代はイラストをこれから学ぶため

なんとなく分かるかもしれませんが、10代と40代では、イラスト通信講座でイラストを学ぶ理由も全然違うと言えます。

まずはイラスト通信講座に10代が多い理由から見ていきましょう。

イラスト通信講座に10代が多いのは、10代の方はこれからイラストを本気で学ぼうと思っている方が多いからだと言えるでしょう。

たとえばイラストの専門学校に進むにしても、美大に進むにしても、これからイラストを本気で学ぶことが出来るのが、10代です。

でも、何も武器がない、つまり何も本格的に学んだことがない状態でそういう道に進むのは、やはり怖い物です。

だから、できればどこかで軽くイラストは学んでおきたいところなのです。

10代で時間が無くても学べる

しかし10代には基本的に学校があるので、なかなかそういう時間は取れません。

そんな時に頼りになるのが、イラストの通信講座なのです。

イラストを学ぶことが出来る上に、そもそも通信講座で通う必要がないので、10代にはこれ以上ない位にぴったりだと言えるでしょう。

もし自分が10代で、これから先本格的にイラストを学んでみたいと思っているのであれば、イラストの通信講座を受けてみるのはすごくおすすめです。

10代でも通えるくらい安い

また、イラストの通信講座というのは、基本的に安いと言えます。

これが夜間学校だったりしたら、学費も高くなります。

10代であれば、親が学費を出してくれることがほとんどでしょうが、それでも学費は安いに越したことはありません。

だから、夜間学校よりもはるかに学費が安い、イラストの通信講座が選ばれがちなのです。

40代以降は興味のあることをやり直すため

10代は、そうして熱意があり、本気でイラストを学ぼうと思っている方が、イラストの通信講座を受けることが多いです。

では逆に40代以降の受講者が多い理由はどこにあるでしょうか?

40代以降の受講者が多いのは、これまでに興味のあったことを、改めて学んでみようと思うからだと言えます。

20代30代は、仕事にがむしゃらで、仕事以外のことにそこまで時間や気力をかける余裕がないと言えるでしょう。

しかし、40代以降は、比較的に仕事も落ち着いてきて、ある程度余裕が持てるようになります。

そうして余裕を持ったときに、仕事以外が充実していない自分に気が付くのです。

そしてそんな風に、仕事以外が充実していないことに気が付いた時、やはり昔やりたかったことを改めてやってみようと思うことが多いのでしょう。

だから、イラストの通信講座を使って学び直す方がたくさんいるのです。

何故通信講座なのか

でも、それはイラストを学びなおす理由ではあるけれど、まだイラストの通信講座を受講する理由にはなっていないと言えます。

なぜ40代以降は、イラストを、通信講座で学ぼうと思ったのでしょうか?

イラストを通信講座で学ぼうと思った理由はやはり、気楽に出来るからという事に他ならないでしょう。

たとえば実際に学校に行くとなると、そもそもその為に時間を割かないとなりませんし、その学校では、若い人たちと共に学ばないとなりません。

時間ならばなんとかなるかもしれませんが、若い人にまじって学び直すというのは、やはりなかなか勇気がいることです。

ましてや、久しぶりにイラストをやるわけなのですから、若い子に比べてはるかにイラストが上手くない可能性が高いです。

となると、学校に通ったとしても、そこでの居心地がよくないことは明白でしょう。

これが通信講座だったらどうでしょうか?

もし通信講座であれば、周りの方と顔を合わせることもありません。

なので、自分が何歳であろうと、年齢のせいで居心地が悪くなるということはないのです。

だから、年齢にコンプレックスを抱えがちな40代以降は、通信講座で学ぶことが多いのです。

先生とも顔を合わせなくて済む

40代以降がイラストを学ぼうと思った際に、先生が基本的に年下になるということが頭に浮かぶでしょう。

それは中には、60代くらいの方が講師をしているところもあるかもしれませんが、多くのところでは、30代から40代、なんなら20代くらいの方が講師をしているでしょう。

そうなると、自分よりも年下の方に教えてもらわないとならなくなります。

それは、自分の年齢を実感する瞬間にもなりますし、あまり気が乗らないという方も多いでしょう。

しかし通信講座であれば、先生と顔を合わせることがありません。

だから、先生が何歳であるかも分からないのです。

ということは、自分の年齢を改めて実感するという事も当然ないでしょう。

そういうこともあって、40代以降でイラストを学びたいと思った方は、イラストの通信講座にいっているのでしょう。

20代30代でも通うメリットはある

このように、20代30代は、イラストの通信講座にはあまりいないと言えます。

でも、だからといって、20代30代が好きなイラストの作風が学べないかと言うとそんなことはありません。

基本的にはイラストの通信講座ごとに得意な作風があるでしょう。

なので、自分が学びたいような作風に違いところで通信講座を受講すれば、全然自分が好きなイラストは学べると言えます。

そしてそういうところであれば、少ないながらも20代30代の方はいるでしょう。

だから、年齢層的に20代30代が多くないからといって、イラストの通信講座を敬遠することはありません。

20代30代であっても、たとえば10代の方とは顔を合わせたくないという方は多いでしょう。

そういう方であっても、通信講座であれば、40代以降の方と同じように、まったく顔を合わせることなくイラストを学んでいけます。

そして自分で学費を出さないとならない20代30代の方でも、学費が安いのは助かるでしょうし、他の世代におけるメリットは、20代30代の方でもメリットなのです。

なので、その位の年代の方でも、イラストの通信講座は全然おすすめできます。

まとめ

イラストの通信講座を受講しているのは、10代の方や40代以降の方が多いです。

そしてそれにはきちんと理由もあるわけなのですが、その理由は、20代30代の方にとってもメリットになることであることは間違いありません。

ということはつまり、イラストの通信講座は、全年代におすすめできるものであるという事になります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ