おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どんなところがある?デザインの専門学校を出た後の就職先とは

   

デザインの専門学校への進学を考えた時に、最初に不安になるのが進学先なのではないでしょうか?

進学先がいまいちよいところがないのであれば、そこに行くだけ時間の無駄になってしまいます。

実際デザイン系の仕事はあまり数が多くはありません。

現状、デザイン専門学校を出た後の就職状況は、どのようになっているのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

印刷会社への就職が多い

デザイン系の専門学校を出ると、たとえばデザイン系の会社にデザイナーとして就職するものだと考えている方も多いでしょう。

でも、世の中にデザイン系の会社なんてそんなに数多くはありません。

もちろんあるにはあります。

しかしそれは、たとえば印刷会社などと比べるとすごく少ないと言えるでしょう。

なのでそういうところに就職していけるのは一握りです。

そういうところは小さな会社も多いので、基本的には一度その専門学校から誰かを採用していけば、それなりのコネクションが出来ていることもあります。

だから、そこに入る事もノーチャンスではありませんが、それでもその専門学校でかなり成績が良かったり、あるいはかなりクオリティの高かったりするものが出来ていないと難しいでしょう。

なので、そういうところよりも、印刷系の会社に就職する方が多いのです。

印刷系の会社では、デザインをすることも多いですからそこに入る人が多いのはうなずける話ですし、たとえば印刷系の会社であれば営業職として入社することも珍しい話ではありません。

知識が活かせることは間違いないから

営業職として印刷会社に就職するのでも、あるいはきちんとデザインをするために印刷会社に入社するのでも、いずれにしても、印刷会社であれば、そのデザイン専門学校で学んだデザインに関する知識は間違いなく活かせます。

デザインの仕事であればそれはそのまま活かせますし、たとえ営業職でも、たとえばここのデザインは印刷をするとこういう発色になりがちになるとか、そういうデザインと印刷の関係の基礎的な知識があるはずなので、それが活かせます。

そういうこともあるので、印刷系の会社であれば営業職であっても、それまでに専門学校で勉強してきたことが無駄にならないのです。

むしろそれは強みとなると言えるでしょう。

強みがあるということは受かりやすいということでもあるので、おすすめの就職先でもあります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

広告系の会社への就職も多い

デザインの専門学校を出た後には、広告系の会社への就職も多いと言えます。

広告系の会社でも、印刷会社同様にデザインをすることはあるでしょう。

だからそのままデザイナーとして広告系の会社に入ることもありますし、これまた印刷会社同様に、デザインの専門学校で学んできたような知識は、広告会社の営業職であれば活かすことが出来ます。

なので営業職として広告会社に入る事もあるでしょう。

そうして間口が広いので、広告会社に入るということもすごく多いと言えるのです。

人気の就職先でもある

また広告系と言うのは、ただそうして間口が広いから、そこに就職する方が多いというわけではありません。

広告系と言うのは、人気の就職先でもあるのです。

広告系は、華やかなイメージが有ることも多いですし、そして一般的に目にするような仕事でもあります。

なので、自然とあこがれやすい業種だと言えるのです。

そうして憧れている業種である上に、さらに自分がいままでに学んできたことも活かせる可能性が高いとなれば、そこに就職したくなる事も当然だと言えるでしょう。

ライバルも多いので注意

ただそうして人気の就職先だということは、ライバルも多いという事になります。

同じ専門学校内にもたくさんのライバルがいるでしょうし、当然他の専門学校の方もライバルになりえます。

また、ある程度大きな広告系の会社であれば、デザイン専門学校の卒業生だけではなく、大卒者もライバルになっていくでしょう。

なので、比較的に多い就職先ではあるものの、決して簡単に入れるような就職先ではないということはきちんと頭に入れておいた方が良いでしょう。

メーカー系に就職することもある

基本的にデザインの専門学校からの就職先で多いのは、印刷系の会社か、あるいは広告系の会社になるでしょう。

でも、中には、メーカー系の会社に就職することもあります。

メーカー系の会社では、自社内にデザインチームを持っていることも多いです。

なので、そのデザインチームの一員として、そのメーカーに就職していくのです。

そこでの仕事は、まさに思い描いていたようなデザイナーとしての仕事になるでしょう。

なので、そういう立場でメーカー系への就職を狙う方も多いでしょう。

かなり狭き門ではある

ただそれは、かなり狭き門ではあるでしょう。

そもそもメーカー系のそういうデザインチームのようなところは、少数精鋭である事が多いです。

だから、そうそう何人もとることはありません。

何人もとらないのですから、自分がそこに入れる可能性も高くはないのです。

かなりのレベルのデザイン力はもちろんのこと、上手く自分をアピールするためのアピール力なども磨いていかないと、そういうところに就職していくのは難しいと言えるでしょう。

もちろんデザイン事務所に就職する方もたくさんいる

一番多いのは、印刷系の会社や広告系の会社に就職していくことですが、デザイン事務所に就職するという方ももちろんいます。

デザイン専門学校に進学する方の多くは、まず無条件にデザイン事務所への就職を考えているでしょう。

そこを目指すのはもちろん悪いことではありませんし、実際にそこに就職できる方もいるので、その理想は叶う可能性もあります。

でも、先述の通り、デザイン事務所に就職する方は、そこまで多いわけではありません。

なぜなら、人を新しく雇うほどの余裕があるデザイン事務所はそこまで多くはないからです。

デザイン事務所は中途の方を重宝しがち

基本的には世の中のデザイン事務所の多くは、どこかから独立した人によって成り立っていることが多いでしょう。

そういうところは、新しく人を雇う余裕があまりなかったりすることも多いです。

また、たとえ人が新しく必要になったとしても、その際にでは出来れば即戦力が欲しい所です。

これから先何年かかけて使い物になるようにしていくという、専門学校の卒業生を雇うほどの余裕はないでしょう。

そうして何年かかけて育てているうちに会社自体がなくなってしまう可能性も少なくはないですから。

そういうことがあるので、デザイン事務所にそのまま就職できるという方は、決して多くはないのです。

それでも0ではないのは、景気が悪いデザイン事務所しかないわけではないからです。

デザイン事務所の中には、これから事業を拡大していこうとしてのっているところもあります。

そういうところはとにかく人が欲しいので、専門学校の卒業生という未知数な人でもいいからとろうとするのです。

上手くその枠にはまれた方が、デザイン事務所に就職していけると言うわけです。

その枠にはまれるように努力していけば、いきなりデザイン事務所に就職することも夢ではありません。

まとめ

デザインの専門学校を出た後の就職先には、以上のような物があります。

もちろんこれ以外にも様々な就職先に就職していくものですが、基本的にはこれらのような進路に進むことが多いでしょう。

なので、こういう進路に進みたいのであれば、デザインの専門学校に進むのはアリでしょう。

大体の人が、こういう進路に進みたいと思っているのではないでしょうか?

だから、大体の人にとって、デザインの専門学校はアリになります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ