おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どんなものがあってる? 漫画を読むためのタブレット端末の選び方

      2017/09/08

Lenovo タブレット YOGA Tablet 2 SIMフリー/WiFi microSIMカード対応 59428222 8.0型ワイドIPS フルHD 1920x1200 無線LAN IEEE802.11a/b/g/n Bluetooth4.0 microUSB カメラ内蔵 バッテリー駆動時間最大約18時間 Android

タブレット端末の使い道には色々な物がありますが、漫画を読むためにタブレット端末を使用したいという方もたくさんいるのではないでしょうか?

スマートフォンでは読みづらい漫画も、タブレット端末ならば読みやすく読むことが出来るでしょうから。

でもそうして漫画用にタブレット端末を買うのであれば、それに合ったものを買うべきです。

そこでここでは、漫画を読むためのタブレット端末の選び方を紹介します。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

容量がなるべく多いものを

漫画用にタブレット端末を買うのであれば、ある程度の容量があるものがおすすめです。

タブレット端末にも、当然ながらスマートフォンと同じように容量があります。

なので、あまり容量がないタブレット端末を買ってしまうと、せっかく買った漫画がスムーズに読めなくなってしまうのです。

一旦ダウンロードするのが主流

タブレット端末を利用した漫画の読み方には色々ありますが、たとえ電波がないところでもスムーズに読めるように、一旦ダウンロードして読むのが主流だと言えるでしょう。

一度ダウンロードしてしまえば、そういう物はどこでも読めるので、移動中等でも安心して読むことが出来ます。

でも、そうして一旦ダウンロードするということはつまり、タブレット端末の中にその漫画を保存するということになります。

1冊2冊であればそんなの全然問題ないでしょう。

しかし、タブレット端末を、漫画を読むために買うような方が、1冊2冊の漫画で満足するはずもありませんよね。

最低でも数十冊は読むはずです。

そんな風に数十冊の漫画を読むのであれば、容量は多くないとなりません。

そうでないとすぐに容量がいっぱいになってしまうでしょう。

漫画の容量は意外と大きい

漫画なんて全然用量を食わないのではないかと思っている方も多いかもしれません。

確かに動画に比べるとその容量の食い具合は全然でしょう。

動画の場合は数分の動画で数GBになることもありますが、漫画の場合は1冊ダウンロードして数GBになるということはありません。

しかし、何冊も何冊もダウンロードしていけば平気で数十GBくらいは食ってしまうものなのです。

なので、タブレット端末を利用して漫画をたくさん読みたいと考えている人は、ある程度の容量のあるタブレット端末を買うようにしていきましょう。

最低でも100GB以上位は欲しい

では、具体的にはどのくらいの容量があれば良いのかと言いますと、最低でも100GB以上くらいは欲しいところです。

100GB以上位あれば、かなりの数の漫画を入れる事が出来るようになるので、どんな長時間の移動でも対応できるようになるでしょう。

タブレット端末で漫画を読むことを、かなり満喫できるようになるはずです。

どうせ買うのであれば、それくらいの物を買うべきです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

10インチ前後のサイズにする

漫画を読むためのタブレット端末では、サイズもすごく重要になるでしょう。

サイズは、なんなら容量よりも重要と言えるかもしれません。

なぜなら、サイズが小さいとあえてスマートフォンからタブレット端末に移行する必要がないからです。

最近のスマートフォンは、かなり大きくなってきています。

なので、小さめのサイズのタブレット端末で漫画を読むくらいならば、スマートフォンで漫画を読んでも全く変わらないと言えるのです。

スマートフォン位の画面サイズでは、残念ながら漫画はすごく読みづらいです。

全然読めないサイズ感ではありませんが、いちいち拡大しないと読めないところもあるでしょう。

それではすごく面倒臭いはずです。

ストレスなく漫画を読むためには、ある程度大きい画面サイズが必要になります。

なので、漫画を読む為にタブレット端末を買うのであれば、10インチ前後のサイズのタブレット端末がおすすめです。

あまり大きいと持ちづらいので注意

タブレット端末で漫画を読む時にはいつも寝頃がって読むというのであればあまり関係ないでしょうが、もしタブレット端末で漫画を読む時に手で持って読むというのであれば、あまり大きいのはおすすめできません。

というのも、あまり大きいタブレット端末は、片手では持ちづらいからです。

持ちづらいということはイコールで読みづらいことに繋がりがちになります。

なので、あまり大きすぎるのもよくありません。

一番バランスが良いのが、10インチのタブレット端末だと言えるのです。

電池がなるべく長持ちするものを

タブレット端末を漫画用に買うのであれば、なるべく電池が長持ちするのを買うということも大事なポイントになります。

それは当然でしょう。

せっかく気持ちよく漫画を読んでいても、その途中で電池が切れてしまったらすごく気分は下がります。

それではたくさん漫画をそのタブレット端末にダウンロードしていたとしてもまったく意味はなくなってしまうでしょう。

だから、そういう物は買うべきではないのです。

タブレット端末を漫画用に買うのであれば、ずっと漫画を読んでいてもなかなか電池ができれないような、電池性能に定評のあるタブレット端末を買うようにするのがおすすめです。

電池を持ち歩くのもありだが

最近では、タブレット端末で使えるような携帯型の充電器もすごくたくさん出ています。

なので、そういうものを使うというのも、まったく無しと言うわけではありません。

そういう物を使うのもアリと言えばアリでしょう。

しかし、それをいつも持ち歩くというのはいささか荷物になります。

タブレット端末とそうした携帯型の充電器を持ちあるくのであれば、漫画数冊をそのまま持ち歩いてもあまり重さ的には変わらなくなるのではないでしょうか?

それではせっかくのタブレット端末のメリットが薄くなってしまいます。

あの軽いタブレット端末の中にかなりの数の漫画を入れることが出来るというのが利点だったのにそれがなくなるというのはすごく勿体ないことです。

だからやはり、電池が長持ちするタブレット端末を購入した方が良いと言えるでしょう。

ブルーライトカットが出来るものが理想

さらに言えば、漫画用にタブレット端末を買うのであれば、ブルーライトがカット出来るものが理想だと言えるでしょう。

ブルーライトがカットできるものであれば、多少長時間タブレット端末で漫画を読んでいたとしても、あまり目が疲れなくなります。

もちろんいくらブルーライトをカットしたところで、タブレット端末で長時間漫画を読んでいたら多少目は疲れるのですが、それでもある程度楽になることは間違いないでしょう。

だから、そういう物を買うべきなのです。

長時間読む事も多いはず

ここまでの条件をしっかりおさえてタブレット端末を選ぶのであれば、長時間読む事も多くなるはずです。

漫画自体もたくさん入れることができて、かつ電池もなかなか切れないのですから、当然長時間読む事も増えるでしょう。

だから、少しでも目が疲れないようにしておく必要があるのです。

タブレット端末で目が疲れている中たくさん漫画を読んでいたら、そのせいで目がどんどん悪くなってしまっていしまうでしょう。

それはやはり避けたいところなので、少しでも目が疲れないものを選びましょう。

まとめ

漫画を読むためにタブレット端末を買うのであれば、是非これらの事を参考に、少しでも漫画を読むのに適しているタブレット端末を買うようにしていってください。

タブレット端末は意外と大きな買い物でもありますから、損はしたくないはずです。

損をしない為には、やはりこれらのことを参考にして買っていくのが一番でしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末