おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どんな分野を学ぶか迷った時のデザイン専門学校の選び方

   

将来はクリエイティブな分野に進みたいという希望を持っている方の場合、進路のひとつとしてデザイン専門学校で学ぶことを検討中かもしれません。

しかし、デザインとひとことで言っても豊富な種類の分野があるので、専門学校のどのコースを選べば良いか迷ってしまうことがあります。

ここでは、デザインのどんな分野を学ぶか迷った時のデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

学科が多いデザイン専門学校を選ぶ

デザインの分野にはグラフィックデザインのように平面の分野もあれば、プロダクトデザインのように立体の分野もあります。

そして、それぞれの中に数多くの分野があるため、漠然とデザインについて学びたいと思っていても選択が定まらないことがあります。

このような場合には、学科が多いデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

学科が多いデザイン専門学校の魅力

デザイン専門学校の中には豊富な種類の学科があり、幅広い選択網の中からデザイナーを目指せるところがあります。

学科が少ないと選択網が狭く、興味がある分野に僅かに該当している学科を選ばざるを得ない可能性があります。

しかし、学科が多ければ、その中に自分が最も興味が持てる分野がある可能性が高いので集中的な必要な事柄を学ぶことができるでしょう。

学科が多いデザイン専門学校の選び方

数多くの学科があるデザイン専門学校を選ぶ際に、まずは公式サイトを見て興味がある学科があるか確認することをおすすめします。

学科の部分をクリックすると詳しいカリキュラム内容が掲載されているので、内容を把握した上で学科を絞り込むと良いでしょう。

また、学校の詳しい内容の資料を取り寄せて検討することで安心して学科を選択することができます。

学科が多いデザイン専門学校が向く人

学科が多いデザイン専門学校は、平面のデザインがやってみたいなど興味があるデザインの分野の方向性がある程度決まっている方におすすめです。

方向性が定まっているのに必要としている学科がない専門学校に入学するわけにはいきませんが、学科が多いデザイン専門学校なら、その中から自分が興味を持てる学科を見つけることができるでしょう。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校の体験入学を利用する

デザイン専門学校を通してデザイナーを目指している方は、将来のイメージが膨らんでワクワクしながら学校選びをしているかもしれません。

どの分野に進むか迷っている場合には、デザイン専門学校の体験入学に参加した上で進路を選ぶことをおすすめします。

体験入学を通して、憧れの分野を目指すのに最適な授業内容なのか体験から判断することができます。

デザイン専門学校の体験入学の魅力

デザイン専門学校の多くは定期的に体験入学を実施しているので、デザインの学科選びに迷った時におすすめです。

複数のデザイン学科の中でいくつか気になるものがあった場合は、それぞれの学科にまつわる体験入学に参加すると良いでしょう。

実際に授業を体験した上で学科を選択できるので、いざ入学してみてイメージと違っていたという事態を避けることができます。

デザイン専門学校の体験入学の選び方

デザイン専門学校の体験入学を選ぶ際には、まず、通いたいデザイン専門学校の公式サイト内の体験入学に関する項目を見ます。

その中に興味のある学科に関する体験入学の日程を見て、都合が良ければ申込みをします。

また、上京した上でデザイン専門学校に入学する場合には交通費や宿泊費などがかかりますが、学校選びは慎重になる必要があるので、やや遠方の専門学校であっても体験入学に参加しておくと良いでしょう。

デザイン専門学校の体験入学の参加の仕方

体験入学に参加する場合には、デザイン専門学校の公式サイト内にある体験入学参加申込みのバナーをクリックします。

学校によって日程が決まっているところもあれば、いくつかの日程の候補の中から都合が良い日を選ぶことができる場合があります。

そして、体験したい内容の授業を選択して、名前・性別・出身校・住所・電話番号・メールアドレスなどを記入の上で送信します。

体験入学の参加が決まったら、授業に必要なものを揃えて当日は決められた時間に専門学校に足を運びましょう。

得意分野のデザイン学科を選ぶ

デザイン専門学校に進学することは決めていても、どの学科を選んで良いか迷ってしまうことがあります。

そんな時、自分の得意分野など興味がある学科を選ぶと良いでしょう。

ファッションが好きな方であればファッションデザインの分野、広告やWEBデザインが好きな方であればグラフィックデザインの分野など、シンプルに好きという気持ちを基準にデザインの学科を選ぶことでシンプルに進路が定まります。

得意分野のデザイン学科を選ぶことの魅力

デザイン専門学校の学科選びで迷ったら、得意分野のデザイン学科を選ぶのも良いでしょう。

絵を描くのが好きで周囲から褒められることが多いのであればイラストレーション科、アクセサリーが好きでセンスが良い方があればジュエリーデザイン科など、得意分野のデザイン学科を選ぶことで楽しみながらデザインのスキルを身につけることができます。

好きな分野は上達が早くなる傾向があるので、着実にデザイナーを目指すことができるでしょう。

得意分野のデザイン学科の選び方

得意分野のデザイン学科を選ぶ時には、シンプルに授業を受けてみたいとワクワクする学科を選ぶことが大切です。

得意分野がいくつかあり、複数の学科で迷う時には学校説明会で職員に学科選びについて相談したり体験入学に参加したりするのも方法のひとつです。

得意分野を仕事にすることに抵抗はないか、自分の気持ちをよく整理して面的なものを整えておくことも大切です。

転科制度があるデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校の中には、途中で学科を変更することができる転科制度を設けているところがあります。

変更可能な期間は専門学校によって異なりますが、基礎的な学習を終える時期であれば学科を変更できることが多いようです。

転科制度を利用することにはどのような魅力があるのでしょうか。

転科制度があるデザイン専門学校の魅力

通常はデザイン専門学校の学科を選択すると、卒業まで同じ学科のカリキュラムに沿って必要なスキルを身につけていきます。

しかし、転科制度があるデザイン専門学校は、基礎的な科目を習得した時点でより専門的な内容を学ぶ前に学科を変えることが可能となっている点が大きな魅力です。

デザインの基礎を学ぶ中で進路が定まってくることがあるので、転科制度を利用することで本当に進みたい分野について学ぶことができます。

転科制度があるデザイン専門学校の選び方

すべてのデザイン専門学校が転科制度を実施しているわけではないので、学科選びに迷っている場合には転科制度を利用できる専門学校の中から最も通いたい学校を選ぶと良いでしょう。

そして、制度について事前に問い合わせをして詳細を確認しておくことが大切です。

公式サイトの中に転科制度の詳細に関する問い合わせの電話番号が記載されていることがあるので、制度を利用してみたい方は問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ

デザイン専門学校に通う際に選択する学科によって、身につくスキルに大きな違いが出てきます。

デザイナーになる夢を叶えるにはプロに必要なスキルを身につけておく必要がありますが、進路に迷っている状態で学科を選ぼうとすると目標がブレてしまうことがあります。

体験入学を通して気になる学科を絞り込み、入学後も迷いが生じる場合には転科制度を利用するなどして進路を定めると良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ