おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

どんな方が使うべき?モニタアームを使用するのが合っている人ってどんな人?

   

エルゴトロン LX デスクマウント モニターアーム 45-241-026

モニタアームは、すごくメリットの大きいアイテムになります。

でも、そんなモニタアームは、特にこんな方に合っているという人物像があります。

もちろんそれに当てはまらなくてもメリットは大きいでしょうが、それに当てはまる人は、よりソレを使用する意義があると言えます。

そこでここでは、そんなモニタアームを使用するのが合っている方について紹介していきます。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

モニタアームは長時間パソコンを使う人に合っている

まずモニタアームを使用するのが合っている人としてあげられるのは、長時間パソコンを使用する方になるでしょう。

モニタアームのメリットは、ディスプレイの高さを簡単かつ的確にちょうど良い位置に出来ることです。

そうしてディスプレイの位置をちょうど良い位置にしていけば、ディスプレイを見るせいで首や肩が疲れるという事が無くなっていくでしょう。

特に長時間ディスプレイを見れば見るほどに、その差は大きくなるでしょう。

ではどういう方が長時間ディスプレイを見る方になるでしょうか?

長時間ディスプレイを見る方と言えば、それは長時間パソコンで作業をする方になるでしょう。

なのでそういう方はモニタアームの導入を考えるのがおすすめです。

位置があっていないと日常の姿勢も悪くなりがちになる

長時間パソコンを使用する人、長時間ディスプレイを見る人で、モニタアームの高さが合っていないと、日常の姿勢も悪くなりがちになります。

なぜなら、首が前のめりになってしまう事が多くなるからです。

ディスプレイの位置があっていない時、それが高すぎて見上げてしまうということはまずないでしょう。

基本的にはディスプレイの位置が低すぎて、やや覗き込むような形になってしまうはずです。

そうして覗き込むような形になってしまうという事は、首が前のめりになるという事です。

そんな姿勢で長時間ディスプレイを見ていたら、いつしかその姿勢がクセになってしまうでしょう。

つまり、前のめりの状態がデフォルトになるのです。

それはいうなれば、横から見たら原始人のようなシルエットになります。

そんな姿勢になってしまったら、やはり恥ずかしいです。

もちろんその姿勢は疲れるので避けるべきですが、そういうことからも、その姿勢は避けるべきだと言えるのです。

なので、長時間パソコンを使用する人はやはり、モニタアームを使用した方が良いでしょう。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛を抱えている方にもおすすめ

モニタアームは腰痛を抱えている方にもおすすめできます。

というのもモニタアームは、ディスプレイの位置を細かく買えていく事が出来るわけなのですから、こちらの姿勢が色々と変わっても対応できるという事になります。

腰痛持ちの方にとっては、ずっと同じ姿勢でいることはすごく問題です。

ドンドン筋肉は固まっていきますし、そして綺麗な座り姿勢で座っていたとしても、ずっと同じ姿勢でいたら、腰のあたりにすごく体重の負荷が掛かるものです。

そうしてダブルで痛みを感じる原因となる問題が起こるわけなのですから、腰痛がひどくなるものです。

それを避けるためには、なるべく姿勢を頻繁に変える必要があります。

しかし、ディスプレイの高さをいじることが出来ないと、頻繁に姿勢を変えたとしても、結果その体勢でいることがツラくなり、すぐに元に戻してしまうでしょう。

それではあまり意味がありません。

では変えた姿勢に合わせてディスプレイの高さや角度を合わせていけたらどうでしょうか?

そうすれば、その変えた姿勢で作業をするのも楽なので、しばらくはその姿勢でいることが出来るでしょう。

その間に腰にかかる負荷や、あるいは筋肉の固まりは解放していく事が出来るはずです。

だから、腰痛をなるべく悪化させないようにしつつ、作業をすることが出来るでしょう。

適切な高さに出来ること自体も腰痛に効果的

また、そうして姿勢を頻繁に変えるということだけではなく、そもそも適切な高さにディスプレイを調節することが出来るという、そのこと自体も腰痛には効果的だと言えます。

というのも、適切な位置に調節していれば、首に無駄に力が入ることが無くなるのです。

そうなれば、首や肩の血行が悪くなることはなくなるでしょう。

そこのあたりの血行が悪くなると、それは腰にも影響を与えてきます。

そういうことがあるので、そもそも適切な高さにディスプレイを調節できるという事も、腰痛持ちの方がモニタアームを使用は合っている理由になると言えます。

目が疲れやすい方にもあっている

モニタアームは、目が疲れやすい方にもあっていると言えるでしょう。

目は、いつも同じようなところを見ていると、それだけで疲れてきてしまいます。

ましてやディスプレイというのは、あまり目に良いものではありません。

それがいつも同じようなところにあれば、目が疲れてしまうのは当然です。

中にはあまり目が疲れないという方もいるでしょう。

そういう基本的に目が疲れを感じないという方であれば、別にモニタアームは必要ないでしょう。

しかし、目が疲れやすい方は、モニタアームを使うべきなのです。

遠くにしたり近くにしたりできる

モニタアームがあれば、ディスプレイを近くにしたり遠くにしたりデキるでしょう。

それは確かに、それくらいの移動であればそれは誤差の範囲だと言えるかもしれません。

でもちょっとだけでも目を動かしていけることは間違いありません。

目は、目線を遠くにしたり、近くにしたり、色々と動かしていくことでほぐすことが出来ます。

モニタアームがあれば、そうして少しだけでもほぐすことが出来るわけですし、しかもそうしてほぐしつつも作業をし続けることが出来るでしょう。

それは間違いなく良いことです。

だから、目が疲れやすい方にも、モニタアームの使用はおすすめできます。

机を広く使いたい人にも合っている

モニタアームを使えば、ディスプレイが宙に浮きます。

ということは、ディスプレイの下の方やあるいはディスプレイの脚があったようなスペースは、完全に空くということになるでしょう。

そうしてそのスペースが空いていけば、その分だけ机を広く使うことが出来るようになります。

なので、机を広く使いたいという方にも、モニタタームを使用することはおすすめできます。

物をたくさん出したい方ということでもある

机を広く使いたいというのは、ディスプレイを見ながら作業をする際に、ものをたくさん出したい方と言うことでもあるでしょう。

ものをたくさん出していくと、その分机の上のスペースは埋まっていきます。

でも、モニタアームを使用することで、机の上にたくさんのスペースが出来ていれば、そうしてものをたくさん出していても、あまり狭さを感じることなく作業が出来るでしょう。

狭さを感じてしまうと、やはりその分仕事効率も下がりますから、モニタアームなしの場合は、本当は色々出して作業をしたいけど、自重してしまうという事もあったかもしれません。

今後モニタアームを使用していけば、あまりにたくさんの物を出したりしない限り、そうなってしまう可能性は少ないでしょう。

まとめ

モニタアームを使用するのが合っている方と言うのは、以上のような方になります。

もちろんこれら以外にも、モニタアームを使用するのが合っている方はたくさんいるでしょうが、特に合っていると言えるのはやはり上記のような方たちになるでしょう。

もしこれらに当てはまるのであれば、その方にはモニタアームを使用することをすごくおすすめします。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ