おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ほかにも選択肢はあるけど…デザインを専門学校で学ぶことのメリットって何?

   

デザインを学ぶことが出来るところは、別に専門学校だけではありません。

たとえばデザインの塾のようなものもあれば、大学で学ぶことだってできます。

さらにいえば、今のご時世でいくらでも独学で学ぶことも出来ると言えるでしょう。

たとえばネットで教えてくれている動画などもたくさんありますから。

そんな風にたくさんの選択肢がある中、専門学校でデザインを学ぶメリットはどこにあるのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校でデザインを学ぶと刺激しあえる

専門学校でデザインを学ぶと、刺激しあえるというメリットがあるでしょう。

たとえば独学でデザインを勉強していても、ライバルとなるような人物はいないことになります。

ということは、デザインを勉強するためのモチベーションは、本当にデザインが上手くなりたいということ以外にはなくなります。

ただ、デザインがうまくなりたいと言うモチベーションだけでデザインを勉強していても、やはりふとした時にモチベーションはなくなっていってしまうでしょう。

どれだけデザインが好きで、どれだけ真面目な性格であっても、一つのモチベーションだけでずっと続けるというのは難しいのです。

なので、出来れば何かを勉強する時には、モチベーションの鍵はたくさんあった方が良いです。

その一つとなるのが、ライバルとの刺激です。

ライバルとなる方がたくさんいる

専門学校であれば、当然ながらそこにいる方は全員デザインを学びに来ている方になります。

だから、必然的に全員ライバルになるのです。

そうして全員がライバルになれば、その分だけ刺激も増えていくことになりますから、デザインが上達することも考えられます。

またそこにいるライバルたちのレベルも丁度良いので、ライバルになりやすいとも言えるでしょう。

これがたとえば美大の場合は、周りのレベルが高すぎることがあります。

もちろん自分も美大に入れるレベルのデザイン力があれば、それなりには戦えるでしょう。

でも、自信がある分、より高いレベルを目にした時、折れやすいです。

専門学校であれば、基本的には誰でも入れるので、レベルが高すぎるという事はないでしょう。

だいたいの方において丁度良いレベルとなるはずです。

なので、刺激になりやすいと言えるのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

社会に出るのが早くなる

専門学校でデザインを学ぶことのメリットとして、社会に出るのが早くなるという事も挙げられます。

まず専門学校卒業や、美大卒業と言う肩書きがないと、そもそもデザインの仕事に就職するための受験資格すらもらえないことも少なくないです。

なので、塾や独学でデザインを学んでいても、社会に出るのにはかなり時間がかかるでしょう。

塾や独学でデザインを学び、それから社会に出る為には、学歴を無視させるほどの圧倒的な実力が必要になりますから。

そして美大も、基本的には大学になるので、入って出るまでに最短で4年かかります。

また美大の場合は、そもそも入る事が出来るかどうかも怪しいものになります。

美大に入るには、それなりのレベルの試験をパスしないとなりません。

その試験をパスすることができずに、何年もの時間を費やす方もいるくらいです。

そこで何年も時間を費やしてしまうとなると、当然ますます社会に出るまでの時間がかかってしまうことになります。

もし入るのに3年かかっていたら、7年かかることになります。

しかし専門学校の場合はどうでしょうか?

専門学校の場合は、基本的には2年で社会に出ることが出来ます。

入るのも出るのも簡単

なぜなら専門学校の場合には、先述の通り基本的には誰でも入る事が出来ると言えます。

誰でも入る事が出来るので、まずそれに入るまでに1年2年かかってしまうということはありません。

また、入るのが簡単であると同時に、出るのも基本的には簡単だと言えます。

なので専門学校で2年以上の歳月を過ごしてしまうということはほぼほぼないでしょう。

ということはつまり、2年で社会に出ることが出来るということになります。

社会にでた方が実力はあがる

美大で学ぼうと、専門学校で学ぼうと、あるいは独学で学ぼうと、本当にデザインの実力があがるのは、実際に仕事としてデザインする時です。

なのでつまり、すこしでも早く社会に出た方が実力はあがることになります。

何年も美大に入るためにグダグダしているよりも、ささっと専門学校に入り、そしてそこを卒業してデザインの仕事についた方が、実力も上がるしお金も貰えるし、よほど効率的になるでしょう。

そういうメリットが、専門学校にはあります。

デザインだけ勉強していられる

専門学校でデザインを学ぶメリットは、デザインだけ勉強していられるという事です。

美大では、デザイン以外のことも多少は勉強しないとならなくなります。

あるいは独学の場合でも、ついついあまり関係ないことも覚えたくなってしまい、色々と手を出してしまうことが考えらます。

でもそれはやはりどちらも効率が悪いと言えます。

効率が悪い状態で勉強をしていても、やはりデザインの実力はあがりづらくなるでしょう。

効率よく勉強ができて、そしてデザインの実力を上げやすいというのも、専門学校でデザインを学ぶことのメリットなのです。

質問などもしやすい

専門学校であれば、何か分からないところの質問もしやすいと言えるでしょう。

大学の場合は、人数も多いことが多いですから、質問しづらいこともあるでしょう。

また独学の場合は、そもそも質問をする相手がいないことも多いです。

だから、分からないところは分からないままになったりすることもあるのではないでしょうか?

でも分からないところが分からないままだと、やはり成長は望めません。

しっかりと成長をしていくためには、わからないところが生じてきたら、その都度ソレを解決していかないとならないのです。

そしてそれを解決することが出来るのが専門学校の強みです。

そんな強みによって、デザインを効率よく学べるようになるということもあるのです。

コネクションが活かせる

専門学校でデザインを学ぶことのメリットとしては、コネクションが活かせるということも挙げられます。

専門学校でデザインを学ぶと、その専門学校のコネクションを使えるようになるでしょう。

実際、デザインの仕事に就職するためには、コネクションはすごく大切です。

なぜなら、デザインの仕事の受け口と言うのは、すごく少ないと言えるからです。

そんな風に仕事の受け口が少ない中で就職をしていこうと思ったら、やはりコネクションが大切になるでしょう。

独自のパイプがあったりする

専門学校には、専門学校ならではの独自のパイプがあったりします。

それはもちろん美大にもありますが、専門学校には専門学校のパイプがあるものなのです。

長年の付き合いなどもありますから。

そんな独自のパイプを活かして就職することが出来るというだけでも、専門学校でデザインを学ぶメリットはあったと言えるでしょう。

美大とは違い、周りのライバルのレベルもそこまで高いワケではないので、そのパイプも活かしやすいという事もありますし、デザインを仕事にしたいならば、専門学校でデザインを学ぶのはおすすめです。

まとめ

専門学校でデザインを学ぶメリットについては、以上の通りになります。

このように、専門学校でデザインを学ぶメリットは、大きく分けて4つになります。

4つもメリットがあれば、やはりそこでデザインを学ぶことはすごく有意義だと言ってよいでしょう。

デザインを仕事にしていきたいのであれば、是非選択肢に加えてみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ