おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

もっと自由に、もっとラクに円グラフを作りたい人へ illustratorの円グラフツールがおすすめ

   

デジ絵ソフトウエア

会社案内や新商品のパンフレット等でよく目にする、おしゃれで見やすい円グラフは、illustratorを使えば意外に簡単に作れます。

難しい内容のグラフでも、ひと工夫で『魅せる』グラフに早変わりします。

基本的なグラフの作り方とコツ、アレンジ例をご紹介します。

サクサク作業できて、後から手直しもできるので、楽しくなること間違いなしです!

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

円グラフが正確に作れて、時短にもなります

illustratorのツールボックスに「グラフツール」という機能があります。

数値を入れるだけで、正確なグラフがすぐに作れます。

1.まず、「グラフツール」ボタンを長押ししましょう。棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ等、グラフのリストが出てきますので、「円グラフツール」を選択してください。

2.次にアートボード上で円グラフを配置したい場所で1回クリックすると、グラフの仕上がりサイズを指定できますので、縦横のサイズを入力しましょう。

3.次に「グラフデータウインドウ」が表示されます。ここに実際のグラフの数値を入力していきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

パパッと数値を入れていきましょう

「グラフデータウインドウ」が表示されたら、後は数値を入れるのみです。

基本的な円グラフを作る場合、右横のセルに順々に数値を入れていきます。

数値、tab、数値、tab、数値…と言った具合にセルを送りながら入れると楽です。

最後にウインドウ右上の「適用」ボタンを押すと、グラフのプレビューが見られます。

(もし行と列の入力を間違えてしまっても、ウインドウ右上の「行列置換」ボタンで、縦横のセルを入れ替えることができます)

複数の円グラフを作りたいときは

前項で紹介したように、横のセルに数値を入れていき「適用」ボタンを押すと、1つの大きな円グラフが完成します。

今度は2行目のセルを使って、同様に数値を入力していき、「適用」すると、1度に2個の円グラフを作る事ができます。

1つ1つ個別に円グラフを作ってもOKですが、最初に指定したスペース内に複数個の円グラフを収めたいときは、このように作ると楽にできます。

文章中に円グラフが出てくる場合等、レイアウト上の制限があるときに便利です。

データセットを入れるには

円グラフによっては、例えば、『「はい」と答えた人20名、「いいえ」と答えた人15名、「どちらでもない」と答えた人3名・・・』のように、数値の内訳を円グラフの外側に示したいときもあると思います。

このような場合、

1.1行目に「はい」「いいえ」「どちらでもない」と横3つのセルを使って入力します。

2.次に2行目のセルに20、15、3と横3つのセルを使って入力します(「はい」の真下のセルに20、「いいえ」の真下に15がくるような感じです)。

3.「適用」ボタンを押すと、円グラフの横にデータセットが表示されます。

グラフにアレンジを加えて、ひと工夫するのもおすすめ

グラフは、色を変えたり、効果を加えたりして、アレンジする事ができます。

「ダイレクト選択ツール」で選択して色を指定していくと簡単です。

(グラフは、グループ解除してしまうとオブジェクトになってしまい、数値を修正したいとき等に、再編集できなくなってしまうので注意しましょう)

おすすめのグラフアレンジ

手書き風

「効果メニュー」⇒「スタイライズ」⇒「落書き」で、輪郭がジグザグして、クレヨンで書いたような雰囲気になります。

(角度30°、変位0.3mm程度、線幅0.5mm、間隔0.3mmくらいに設定するのがおすすめです)

ナチュラルテイスト

「効果メニュー」⇒「効果ギャラリー」⇒「テクスチャライザ」⇒「カンバス」で、布を切り抜いたような柔らかな風合いになります。

大きめの円グラフを配置したいとき等、布の凹凸がアクセントになります。

立体的に

「効果メニュー」⇒「3D」⇒「押し出し・ベベル」で、立体感を出すこともできます。

「3D押し出し・ベベルオプション」のウインドウで、押し出しの奥行き、角度等を自分好みに調整しましょう。

グラフを、より見やすく

同じページに複数の円グラフを配置しなければならないとき、グラフの項目をそれぞれ色分けしていると、ごちゃごちゃしがちです。

そんなとき私はよく、1つのグラフを同じ色味でグラデーションにしてまとめる方法を使います。

(一番多い数値は濃い青、次に多い数値は少し水色っぽくする等)線を白に設定しておくと、見づらくなることもありません。

まとめ

グラフ作成は面倒で地味な作業に思われがちですが、illustratorの機能を駆使して、ちょっとしたポイントを押さえれば、とてもスピーディに、且つ楽しくデザインできます。

文字情報の載せかた等、工夫次第でグラフはとても見やすくなるので、とても奥が深いと思います。

上記以外にも、色々アレンジを加えて、オリジナリティあふれるグラフを作ってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - デジ絵ソフトウエア