おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

もの作りが好き!好きなことを仕事にしたい時のデザイン専門学校の選び方

   

小さい頃からお絵描きや工作が大好きだった方の中には、学生時代も美術が得意で将来はもの作りに携わる仕事がしたいという方がいるかもしれません。

デザインにまつわる仕事はとにかくジャンルが幅広く、その中からやりたい仕事に就くためには専門的なスキルを身につける必要があります。

デザイン専門学校は、将来なりたい職業に就くために必要な知識や技術を身につけるのに最適な場所ですが、自身の希望に合わせてどのように選べば良いのでしょうか。

ここでは、好きなことを仕事にしたい時のデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジャンルによってデザイン専門学校を選ぶ

好きなデザインの分野はスキルがより身につきやすい

デザインの職種に就きたいと思う方が多くいますが、デザインといっても数多くの分野があるので将来なりたい職業に合わせて方向性を定めることが大切です。

たとえば雑誌やポスターなどの制作に携わりたいのであればグラフィックデザインが学べる専門学校を選ぶようにしたり、ファッションアイテムの制作に携わりたいのであればファッションデザインが学べる専門学校を選ぶなど、興味がある好きな分野のデザイン専門学校を選ぶことでプロに必要なスキルが身につきやすくなります。

プロに必要なスキルを掘り下げて学ぶことができる

ファッションデザイナーになりたい、グラフィックデザイナーになりたい、インテリアデザイナーになりたいなど同じデザイン分野でも人それぞれに将来なりたい職業に違いがあります。

デザイン専門学校はひとつの学校の中に様々な学科やコースがあるので、なりたい職種に合わせて選ぶことが大切です。

専門学校によってはより深い知識や技術を身につけるためのコースが設けられているところがあるので、プロに必要なスキルを掘り下げて学ぶことができます。

初年度はデザインの幅広い分野を学んでおいて、段階的により専門的なコースが選べる専門学校なら入学したての頃にデザイン分野でなりたい職種が決まっていない方でも、学ぶ課程で進みたい方向性が定まりやすくなり、必要なスキルを無理なく身につけることができるでしょう。

自分の特技を伸ばすことに繋がる

デザイン専門学校は授業のひとつひとつがデザインに関することばかりなので、もの作りが好きでデザイン分野に興味がある方であれば在学中は楽しみながらプロに必要なスキルを身につけることができるでしょう。

ジャンルによって数多くのデザイン専門学校があるので、絵を描くことが好きな方であればデザインやイラストレーターを目指すためのコースを選んだり、立体的なデザインが好きな方であればパッケージデザインやプロダクトデザインについて学べるデザイン専門学校を選ぶなど、自分の特技を伸ばすことができる専門学校なら、特技を生かした職種に就く夢に近づきやすくなります。

同じ夢を持つ仲間と出会えるので楽しい

自分が興味があるジャンルのデザイン専門学校に入学することで、同じ夢を持つ多くの仲間と出会うことができます。

これまでは好きな分野の会話を思う存分楽しめる人物が周囲にいなかったという方でも、好きな分野のデザインが学べるデザイン専門学校なら、クラス内に共通する趣味を持つクラスメイトがいる可能性が高いので専門学校に通うのが楽しみになるでしょう。

同じ夢を持つ仲間が周囲にいることで良い刺激にもなり、デザイナーになるという夢に近づきやすくなります。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

場所によってデザイン専門学校を選ぶ

通いやすい専門学校は通学が負担にならない

デザイン専門学校の中には短期間でプロに必要なスキルを学ぶところもあるので、密度が濃いカリキュラムで授業のスケジュールがハードな場合があります。

あまりにも遠方にある専門学校に入学してしまうと、通学の負担が大きく帰宅後に課題制作をする十分な時間がとれないこともあるので、できるだけ通いやすいデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

憧れの場所にある専門学校は夢を目指しやすい

地方にいる方の中には、将来東京に上京して最先端のデザインの仕事に携わりたいという夢を持っている方がいるかもれません。

憧れの場所にある専門学校を選べば学生時代に上京することが可能なので、ワクワクとした気持ちでデザインについて学ぶことができます。

もちろん地方にも数多くのデザイン専門学校がありますが、将来東京のデザイン会社に就職するつもりであれば、学生時代に上京しておいたほうが就職活動もスムーズです。

世界を視野に入れている場合に夢を目指しやすい

デザイン専門学校の中には海外留学を通して、最先端のデザインスキルが学べるところがあります。

特にファッションデザインの分野に進みたい方であれば、パリやミラノで学ぶことで世界のトレンドを肌で感じながらデザインが学べるので世界を視野に入れた夢の実現を目指しやすいでしょう。

学生時代は語学の学習とデザインの学習を両方こなさなければならないので大変かもしれませんが、その分大きく飛躍するチャンスを得ることができます。

校舎や施設を見た上でデザイン専門学校を選ぶ

プロと同じ環境の設備でスキルが身につきやすい

デザイン業界は常に新しい機材を取り入れて制作することが多く、中には自宅で揃えるのが難しい機材もあります。

デザインについて本格的に学びたい方であれば、最先端の機材を導入しているデザイン専門学校を選んで入学することでプロに必要なスキルを身につけることができるます。

プロと同じ環境で学んで制作できる専門学校なら、いざプロの現場で働く段階になっても目の前の機材を使って落ち着いて仕事に取り組むことができるのでおすすめです。

自宅では制作不可能な課題でも取り組みやすい

グラフィックデザインであればパソコンに最新のソフトを導入することで自宅でも課題制作に取り組むことが可能ですが、アクセサーデザインやプロダクトデザインなど直接制作に携わる職種につきたい場合には制作に必要な道具を自宅に一通り揃える必要があります。

しかし、必要な設備が一通り揃っているデザイン専門学校の中には課題制作に取り組めるように教室を開放しているところもあるので、必要な設備が整っているデザイン専門学校を選ぶことで思う存分課題制作に集中することができるでしょう。

憧れのデザインの校舎で学習のモチベーションが上がる

デザイン専門学校の中にはデザインに必要な設備が整っているだけではなく、開放的でお洒落なデザインの校舎で学べるところがあります。

憧れの校舎で学ぶことでデザインの学習に対するモチベーションが高まり、毎日の通学が楽しいものとなります。

就職率の高さでデザイン専門学校を選ぶ

卒業生の活躍によって学習意欲が湧く

デザイン専門学校の中には高い就職率を誇り、多くの卒業生がプロの現場で活躍しているところがあります。

質が高い求人情報を多く取り扱っているところもあるので、プロの現場で安定的にデザインの仕事をしたい方であれば就職率の高さや、卒業生の活躍度の高さなどでデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

具体的に夢に近づくことができる

デザイナーになりたいという夢を思い巡らすだけでは夢に近づくことはできません。

デザイン専門学校はプロに必要なスキルを身につける場ですが、就職率の高いデザイン専門学校であれば、デザイン会社に就職することでプロとして収入を得ながらデザインの仕事ができるので具体的に夢に近づくことができます。

まとめ

もの作りが好きでデザインの分野に興味がある場合には、自分の特技を生かして仕事をする夢を持つことが可能です。

デザイン専門学校は数多くのデザインのジャンルに対応するカリキュラム内容となっており、自分が進みたい方向性に必要なスキルを身につけることができます。

様々な角度からデザイン専門学校を選ぶことで、自分に最適な方法で学びながら将来に備えることができます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ