おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメの専門学校にはどんな入試制度がありその内容は?

   

アニメの専門学校に入学するには、入試を受ける必要があります。

高校や大学では、面接や筆記試験等がよく実施されています。

でもアニメの専門学校の入試の場合、具体的にどのような制度があるのか分からない、という人もいます。

そこでアニメの専門学校ではどのような入試制度があるのか、またその内容について説明します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメの専門学校ではAO入試を実施している

アニメの専門学校の入試制度の一つに、「AO入試」があります。

「AO入試」の内容を説明します。

アニメの専門学校のAO入試は様々

「AO入試」はその学校に入学したい、という意欲などを考慮して、合否を決める制度です。

いわゆる自己推薦のような、入試制度です。

大学などでよく見られる制度ですが、アニメの専門学校でも実施している場所が多いです。

アニメの専門学校の「AO入試」の場合、書類審査のみ、という場所もあれば、面接などを実施している場所もあります。

アニメの専門学校によって、入試の制度は違うので、事前にしっかり確認しておきましょう。

早めに提出することで意欲を見せることができる

「AO入試」で書類審査だけだったとしも、願書はできるだけ早く提出した方が安心です。

提出した順番で決める、というわけではありませんが、早く提出することで、意欲を見せることができます。

そのため行きたい学校が既に決まっている場合は、早めに提出することをおすすめします。

また志望理由を書く欄がある場合は、しっかりと理由や意欲を書いて、アピールするようにしましょう。

いろいろな特典を受けられることもある

「AO入試」の場合、奨学生として、学費の免除など、いろいろな特典を受けられることもあります。

この特典内容についても、専門学校によって様々です。

事前に問い合わせをして、しっかり確認しておきましょう。

また保護者説明会などを実施している学校もあるので、参加して、奨学生の特典を把握する方法もあります。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

学校によっては推薦入試を実施している場所もある

アニメの専門学校には「推薦入試」を実施している場所もあります。

「推薦入試」について説明します。

学校推薦で実施している場合や自己推薦もある

アニメの専門学校には「推薦入試」もありますが、学校によってその制度は違います。

高校入試等のような「学校推薦」で実施している学校や、前述した「自己推薦」というかたちで実施している学校もあります。

入学を希望している人は、事前によく確認しておくことが大切です。

書類審査の他に面接を実施している場所もある

アニメの専門学校の「推薦入試」は、書類審査だけという場合や、この他に面接を実施している場所もあります。

第一志望であれば、「推薦入学」を目指す方法もあります。

また「学校推薦」の場合は、学校の推薦を受けるのが条件になります。

アニメの専門学校では一般入試がある学校もある

アニメの専門学校には「一般入試」を実施している場所もあります。

「一般入試」の内容について説明します。

面接や筆記試験を実施している場所もある

「一般入試」は高校や大学入試で、よく行われている制度です。

アニメの専門学校でも実施している場所もありますが、その内容は学校によって様々です。

「書類審査」だけの場合や「面接」、「筆記試験」を実施している場所もあります。

筆記試験では作文などを実施している場所が多い

アニメの専門学校で「面接」がある場合、志望理由などを答えられるようにしておきましょう。

目標や将来の夢などを聞かれることもあるので、準備をしっかりとしておくことも大切です。

またアニメの専門学校で、筆記試験を実施している場合、「作文」や「小論文」が多いです。

入試に「作文」などがある場合は、しっかり練習しておきましょう。

社会人入試を実施している学校もある

アニメの専門学校では、「社会人入試」を実施している学校もあります。

「社会人入試」について詳しく説明します。

社会人から入学を希望している人を対象としている

「社会人入試」は大学や短大、看護学校等でよく実施されていますが、アニメの専門学校でも行っている学校もあります。

「社会人入試」はいったん社会に出て働いたけど、また勉強したい、という人のための制度です。

社会人の方が入試をしたい時は、この制度を利用する方法もあります。

でもアニメの専門学校によって、入試制度は様々です。

前述した入試制度の中に、社会人入試も含まれている場合もあるので、確認しておきましょう。

社会人入試には実技試験がある場合もある

アニメの専門学校の「社会人入試」の場合、書類審査や面接の他に、その学科に合わせて「実技試験」がある学校もあります。

そのため入試内容に「実技試験」がある場合は、その内容を勉強したり、練習しておく必要があります。

社会人になると、勉強や練習をする時間がなかなかないこともあります。

でも空いた時間を有効に使って、試験に備えましょう。

併願制度を利用できるアニメの専門学校もある

アニメの専門学校では「併願制度」を利用できる学校があります。

「併願制度」の内容を説明します。

大学や短大などが第一志望でも受験できる

入試の「併願制度」は、高校や大学入試などでも、行われている制度です。

アニメの専門学校でも、この制度を設けている学校もあります。

アニメの専門学校に興味はあるけど、大学や短大、他の専門学校が第一志望、という人もいます。

「併願制度」はこのような人に、おすすめの入試制度です。

合格発表の後に入学金などを納入できる

大学や短大が第一志望の人は、合格発表があった後に、受験することもできます。

でもその時はもう定員がいっぱいで、締め切ってしまう場合も考えられます。

アニメの専門学校の「併願制度」を利用すると、大学などの合格発表後に、入学金などを納入することができるという、メリットがあります。

受験料等はかかりますが、安心感があります。

大学や短大などが第一志望だけど、受験しておきたい、というような人におすすめの制度です。

でも実施していない学校もあるので、事前に確認しておきましょう。

特待生入試制度を実施している学校もある

アニメの専門学校では、「特待生入試制度」を設置している場所もあります。

詳しく内容を説明します。

合格すれば入学金などの一部を免除される制度

「特待生入試」は、高校や大学でも行っている学校もあります。

アニメの専門学校でも、前述した「AO入試」の他に、この制度を実施している学校があります。

合格すると入学金や授業料等を、一部免除されるなど、権利を得ることができます。

でも実施していない学校もあるので、事前に問い合わせておくことは大切です。

書類審査の他に面接や実技試験があることも

「特待生入試」を受ける場合、学校の推薦を受ける必要があります。

書類審査の他に、面接試験を実施している学校もあります。

また専門学校によっては、実技試験などがある場所もあります。

入試を希望している人は、試験内容をしっかり確認しておきましょう

まとめ

アニメの専門学校には「AO入試制度」があります。

「AO入試」はその学校に入りたいという、強い意欲などを考慮して、合否を決める制度です。

アニメの専門学校でも、よく行われている入試制度です。

また学校によっては、「推薦入試」を実施している学校もあります。

「推薦入試」は学校の推薦を受ける必要があります。

この他に「社会人入試制度」や「併願制度」、「特待生入試制度」なども実施されています。

入試制度や内容は、専門学校によって様々なので、事前に確認しておくことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ