おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメの専門学校へ通うメリットとは?デメリットもあるので注意!

   

漫画家を目指したい方たちは、日本では多くいます。

そのため、多くのライバルが存在するので、絵を描く仕事で生きていく事は難しいものです。

そこで多くの方たちから注目されているのが、アニメ専門学校です。

実際にアニメ専門学校へ通えば、様々なメリットがあるので通学する価値があります。

しかしデメリットも存在するので、詳しく紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

多くの方と接する事ができる環境

アニメ専門学校へ通うメリットとして『人と接する事ができる環境』が挙げられます。

アニメを製作する際には、ストーリーも重要になりますが、画力がなければ活躍していく事は難しいです。

そのためアニメ専門学校で多くの生徒と切磋琢磨したり、講師から指摘されたりする事で、いくつかメリットやデメリットがあるので詳しく紹介します。

ライバルの存在

独学で、一人でアニメを描いている場合には、周りには誰もいません。

所がアニメ専門学校へ通えば、そこには強力なライバルと巡り会える可能性は高いです。

このようなライバルがいれば、大きな影響を与えられるので、創作意欲を駆り立てられます。

さらに独学では、スキルアップできなくて悩んでしまいがちな時でも、強力なライバルの作品から参考になるものが見つかります。

ただし作風を真似してしまうのは、漫画家を目指す方は絶対に行ってはいけないので、あくまでも参考にする程度にして下さい。

コミュニケーション

漫画家は、一人で作品を製作するようなイメージを抱いている方は多いかもしれません。

所が、漫画家としてデビューしたら、漫画編集者の厳しい注文に応えなくてはいけないのです。

その注文には、ストーリーの内容であったり、画力のレベルだったりします。

もしも独学で、自分だけでアニメを製作している場合には、他人の意見に耳を傾ける事ができなくなる可能性があるのです。

所が、アニメ専門学校へ通えば、講師から直したほうが良い所をいくつも指摘されるようになるので、コミュニケーション能力が身につきます。

そのため、漫画編集者と良好な関係を築ける可能性が高いです。

恥をかくケース

アニメ専門学校へ通えば、スキルアップできるチャンスはいくつもありますが、あなたよりも画力が高い生徒と接触してしまう事もあります。

この時に相手の方が性格の良い方であれば、問題はありませんが、性格の悪い方であれば、あなたの画力を馬鹿にするような言い方をしてくるケースがあります。

そのような事になれば、あたなは自信を喪失したり、相手と喧嘩したりする可能性があるのです。

そのため、創作意欲が失われてしまう事もあるので注意しなければいけません。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

充実した設備を利用

日本のアニメ専門学校は、設備が充実しているので、自宅でアニメを製作するよりも、快適にアニメを製作する事が可能です。

そこで日本のアニメ専門学校では、どのような環境になっているのか紹介するので、確認してみて下さい(全てのアニメ専門学校で、備えられている訳ではないので注意)。

パソコン

日本のアニメ専門学校は、最先端のパソコンを備えている所もあって、生徒たちは充実した環境でアニメを製作する事ができます。

今まで手描きでアニメを製作してきた方は、意外に思うかもしれませんが、パソコンを操作してアニメを製作している方は増えています。

しかしアニメ専門学校へ通わないで、パソコンを購入しようとすれば、値段が安くても100,000円前後のなっている機種が多いです。

そのため、アニメ専門学校の学費が気になってしまう方はいるかもしれませんが、アニメ専門学校は学費に見合うほどの環境を整えているのです(指導料も含めています)。

ソフト

パソコンを持っているだけでは、アニメを製作する事が難しいので、アニメを製作しやすいソフトも必要になってきます。

そのようなソフトまで購入する事になれば、さらにお金を費やしてしまう事になるのです。

所が、アニメ専門学校では、事前にパソコンへソフトがインストールされている状態なので、快適な環境でアニメを製作する事が可能です。

さらにソフトの操作方法を教えてくれるアニメ専門学校も多いので、あなたは短期間で、デジタルのアニメを製作できるようになります。

画材の種類

デジタルのアニメを教えるアニメ専門学校は多いですが、アナログのアニメの描き方を教えるアニメ専門学校を多くあります。

アナログのアニメを製作する事を教えてくれるアニメ専門学校では、必要になってくる画材を使う事になります。

そのため、どの画材が必要になるのか分かるようになるのです。

さらに画材の正しい使い方も分かるようになるので、画材の使い方に慣れない方はアニメ専門学校で学ぶ事をおすすめします。

自分の欠点を把握

独学でアニメ製作している時には、自分の欠点が分からないケースもあります。

そのため、いつまで経ってもスキルアップする事ができなくて、漫画家になる事が難しくなってしまうのです。

そのような時でも、アニメ専門学校へ通えば、欠点を把握しやすくなりますが、それにはデメリットもあるので詳しく紹介します。

講師による指導

アニメ専門学校には、画力の高い講師たちがいるので、あなたの作品を見た講師が、どこを直せば良いのか指摘してくれます。

そのため、あなたは短期間で自分の欠点を把握する事ができるので、スキルアップしやすくなります。

さらに講師によっては、どのような描き方をすれば、欠点を克服できるのか教えてくれる事もあるのです。

そのため、自分だけでは、スキルアップできない時には、アニメ専門学校へ通ってみたほうが良いです。

個性が喪失

講師から欠点を指摘してもらえれば、スキルアップするキッカケになります。

しかし、講師から欠点を克服する方法まで教えてもらえば、あなたの個性が喪失する可能性があるので、注意しなければいけません。

なぜなら講師から教えてもらった描き方は、あなたの描き方ではなく、講師の描き方だからです。

ただし、講師から指摘されて描き方が変わっても、それから、あなたが描き方を少しだけ変えれば個性が喪失する事はありません。

就職サポート制度

漫画家と言えば、多くの方は少年コミックスや少女コミックスに作品を提供する方をイメージするかもしれません。

所がアニメを製作する職業は意外にも多くて、就職活動できる場所は多くあるのです。

そして就職活動する際でも、アニメ専門学校のほうが、いくつか有利な点もあるので詳しく紹介します。

就職に有利

独学で漫画家を目指している場合には、アニメの業界がどのようになっているのか把握する事が難しいです。

しかしアニメ専門学校は、業界と太いパイプがあるので、業界を詳しく把握する事が可能です。

そのため、どのような描き方をしていけば、プロとして活躍できるのか知る事もできます。

ここで注目して欲しいのは、プロの漫画家やイラストレーターたちが、専門学校に在籍しているかです。

数多くあるアニメ専門学校の中には、講師のプロフィールをホームページで公開している所があります。

そのため、短期間でスキルアップしたい方は、講師のプロフィールを把握して、どこの専門学校へ通えば良いのか確認してみて下さい。

資料作成

独学では、どのような就職活動をすれば良いのか分からない時があります。

しかしアニメ専門学校へ通えば、その方法を詳しく知る事ができるのです。

さらに漫画家になる事ができなくても、イラストレーターのように絵を描く仕事をしたい方であれば、アニメ専門学校のほうが有利になります。

なぜならアニメ専門学校では、履歴書だけではなく、ポートフォリオの作成も教えてくれるからです。

ポートフォリオは、あなたの作品を掲載するものですから、就職活動する際には重要になるものです。

そのため、アニメ専門学校へ通って、ポートフォリオの作成を教えてもらえるのは重要なポイントになります。

まとめ

日本のアニメ専門学校は、メリットだけではなく、デメリットもあったので、通学するべきか悩んでしまったかもしれません。

しかしアニメ専門学校のデメリットは、あなたの努力次第で、克服できるものです。

そのため、独学でアニメを製作するよりも、アニメ専門学校でアニメを製作したほうが、メリットが多いので通学してみる価値はあります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ