おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメーターになるにはアニメの専門学校に行かないとダメ?

   

GAOMON液晶ペンタブPD1560 15.6インチIPS HD 10個のショートカットキーと8192レベルのワイヤレス充電式ペン付きのペンディスプレイ

アニメは日本が世界に誇る芸術です。

日本人であれば、だれもが一度はアニメを見たことがあるものです。

そんなアニメを見ているうちに、アニメーターを志す方は多いです。

アニメーターになろうと思った際に真っ先に浮かぶのが、アニメの専門学校に行くということですが、では実際、アニメーターになるにはアニメの専門学校を出ないとダメなのでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメの学校は出ておくべき

アニメーターになりたいと思うのであれば、最低限アニメの学校は出ておくべきです。

たとえばアニメの専門学校だったり、あるいはアニメーションを学ぶことができる美大だったり、そういうところは出ていた方がアニメーターになりやすいです。

勿論必ずしもそこを出ていないとダメなわけではありません。

中には完全独学でプロのアニメーターになっているという方もいます。

でも、やはり多いのは、アニメの専門学校や、あるいはアニメーションを学ぶことができる美大でしっかりと学んだという方です。

なのでどっちがアニメーターになれる確率が高いかというと、それはやはりアニメの学校を出ることなのです。

どうしてもプロのアニメーターになりたいのであれば、少しでも確率が高い方を選ぶのが得策です。

だから、アニメの専門学校や、あるいはアニメーションを学ぶことができる美大は出ておくべきです。

基礎が身につくから

では、なぜそういうところを出ている方がプロには多いのでしょうか?

それはひとえに、そういうところを出ていれば、基礎が身についているからです。

独学でも確かにアニメーションは作れるようにはなります。

しかし、独学の場合はやはり知識にムラがあったりするのです。

こんな難しいことができるのにこんな簡単なことができないという風に、知識にムラがあるのです。

そうして知識にムラがあると、やはりいちいち教えたりしないとならないことが多くなるので、作業効率が悪くなります。

アニメーターの世界というのは、えてして人手不足です。

だから、いちいちわからないところを教えている余裕はありません。

なので、できればある程度の状況には自分で対応できるからに来てほしいと思っている会社がほとんどです。

となればやはり、ある程度のことには対応できるような、基礎力のしっかりした人の方が評価されるのです。

だから、アニメーターになりたいのであれば、何らかのアニメの学校はでておくのがおすすめです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

必ずしも専門学校である必要はない

アニメーターになるには、できればアニメを学べる学校を出ておくのがおすすめですが、そのアニメを学ぶことができる学校は、必ずしも専門学校である必要はありません。

これまでに述べてきたとおり、アニメーションを学ぶことができる美大も存在しています。

だから、別に専門学校でなくとも、そういう美大に通うのもおおいにアリです。

でも、美大には美大ならではの弱点があるので、その点に関しては注意が必要です。

美大は入るのが大変

まず美大は、基本的には入るのが大変です。

専門学校の場合、ほとんどの場合で実技試験はありません。

しかし美大は、実技試験があるのです。

だから、その美大に入る前の時点である程度のレベルがないと、そもそも美大に入学することすらできないのです。

入学することすらできないとなると、入るために浪人したりすることも出てきてしまいます。

もしプロのアニメーターにどうしてもなりたいのであれば、出来れば浪人はしない方が良いです。

浪人してしまうということは、イコールで卒業が遅くなるということになります。

卒業が遅くなると、その分だけアニメーターになれる可能性が少なくなるからです。

若い人を求めていることが多い

なぜなら、アニメーターを募集しているところというのは、若い人を求めていることが多いからです。

アニメーターというのは、大変な仕事です。

徹夜なども平気であるのがアニメーターなのです。

しかも給料は安いです。

だから、あまり年齢が高いと、ついていけなくなることが多いのです。

若ければ、体力もありますし、その体力と勢いでなんとかやっていけたりします。

でも、周りの方がある程度お金を持ち始めて、結婚とかし始めるような20代後半くらいになると、どうしてもアニメーターを続けられなくなる方が多くなるのです。

もし採用時点ですでに20代後半くらいになっていたら、採用してもすぐにやめられてしまうことになります。

それでは困ります。

だからアニメーターとしては、若い方を求めているところが多いのです。

専門学校ならばコネクションもある

専門学校の場合は、アニメーションを学ぶことができる美大にはない強みもあります。

それが、コネクションがあるということです。

勿論アニメーションを学ぶことができる美大でも、OBとのつながりなどで、コネクションを持つことができることもあります。

でもそのコネクションは、けっして多いものではありません。

基本的にはアニメーションを学ぶことができる美大は、人数もそこまでいないことが多いですし。

対して専門学校の場合は、そもそもがアニメーターになりたい人しかきていないわけですし、コネクションもすごくたくさんあります。

なので、それを活かしてアニメーターにもなれやすいです。

横のつながりもできる

専門学校は、そこにいるすべての方がアニメーターを目指しているわけなのですから、横のつながりも出来ます。

アニメーションをまなべる美大の場合は、最初はそこにいるすべての方がアニメーターを目指していたでしょうが、次第に教員になりたくなったり、一般企業に就職したくなったりするものです。

そして実際、美大であればつぶしも効くので、そうしてアニメの世界から離れてしまう方も多々います。

でも専門学校の場合はそうそうつぶしが効きません。

まったく違うジャンルの仕事をしている方は決して多くはありません。

だから、自然と横のつながりができるのです。

よりアニメを仕事にしやすいのは、やはり専門学校なのです。

専門学校に行くのがおすすめ

このように、美大にはないメリットもありながら、しっかりとアニメーターになるための基礎力を身に着けていくことができるわけなのですから、やはりアニメーターになりたいと思っているのであれば、専門学校に行くのがおすすめになります。

専門学校に行って、若いうちにしっかりといろいろな基礎を身に着けて、そしてきびしい現場に耐えることができる体力を、持ちながらアニメーターになり、そこでなんとか食らいつきながらアニメーターとしてやっていくというのが一番です。

特に意志の弱い方には専門学校がおすすめです。

美大は心も折れがちになる

なぜなら美大は、入る前に心が折れがちになるからです。

なかなか入学できないでいると、やはり次第に心は折れてしまいます。

でもそこで心が折れてしまっていたら、アニメの道が閉ざされてしまいます。

そこから専門学校で頑張ろうとはなりづらいですから、そのままアニメの世界をあきらめてしまうことになります。

それでは勿体ないです。

でもそうなってしまいがちなのです。

だから、そうならないように、最初から心が折れない、アニメの専門学校にいくのがおすすめです。

まとめ

プロのアニメーターになりたいのであれば、アニメの専門学校に行くべきだというのが、ここでの結論になります。

確かに別に美大でもプロになる方はいますし、なんなら独学でプロになる方もいますが、確率としてどれが一番プロになれる確率が高いのかというと、それはやはり専門学校に進むという選択肢なのです。

アニメのプロになりたいなら、是非専門学校に進んでいってください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ