おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメ好きが選ぶべきアニメ専門学校とは?アニメ専門学校で学べる全て

   

今や日本のアニメは、その繊細さと、クオリティーの高さから世界中にファンがいます。

日本のアニメが人気の理由は、海外のアニメよりも、細部まで描写にこだわっており、大人が観ても楽しめる作品がたくさんあるからです。

クオリティーの高いアニメーション界で活躍する人材を輩出するアニメ専門学校の詳細や学校選びのポイントをご紹介します。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ専門学校で学べる事とは⁈

アニメ好きならアニメ専門学校に入学してみたい!

と考える人も多いでしょう。

アニメーションを学ぶと一言に言っても、日本にあるアニメ専門学校には、幾つもの学科やコースが存在します。

自分が最も興味がある学科、自分の能力を発揮出来そうな学科が見つかれば、毎日楽しくアニメに触れる事が出来るでしょう。

学科の名称は違えど、多くの専門学校で設けられている学科、コースの詳細を一部ご紹介します。

アニメーター専攻

作画基礎を身につけ、画力向上、デジタル技法についての知識を学べる学科です。

現役のプロ講師が、アニメーターとしての現場経験をもとに、一から作画の指導を行います。

その他、アニメ演出など幅広い授業内容で、即戦力となる人材を育てる事が目的です。

卒業後の進路は、動画・原画・作画監督・キャラクターデザイン・デジタルペインター・背景美術などの分野で活躍出来ます。

アニメ監督・演出専攻

アニメーション制作を総合的に学び、アニメーション監督・演出家を育成する学科です。

映像解析・演出技法を中心とした講義が充実しています。

総合的、実践的な授業の中で、アニメに関する知識や技術の幅が広がり、就職に強い人材が育ちます。

卒業後の進路は、制作進行、制作デスク、制作プロデューサー・演出助手・演出・監督・絵コンテ・シナリオライター・撮影監督などアニメーションに関する広い分野から需要があります。

漫画家プロ養成学科

漫画の基本基礎描写力を養うのはもちろんの事、キャラクター設定やストーリー構成についての知識の習得、実践的なテクニックを学び、プロの漫画家としてのノウハウを身に付けます。

現役漫画家や編集者による直接指導が受けられる専門学校もあり、アニメーション制作会社や出版社を見学出来るプログラムが設けられているところもあります。

卒業後の主な進路は、漫画家 ・アニメ背景デザイナー ・キャラクターデザイナー ・脚本家などが一般的です?

イラストレーション学科

「球体・円柱・直方体」などの基本中の基本、写真模写やスケッチから描き鍛える事で、画力を飛躍させます。

もちろん、プロのイラストレーターとしての高いスキルを習得する為、人やモノの骨格構造を理解し、正確な絵を描けるスキルを学びます。

この他、CGの独特な手法、特殊効果を使った技法も身につきます。

卒業後は、イラストレーター ・アニメ背景デザイナー ・キャラクターデザイナー ・ゲームデザイナーとして活躍出来ます。

声優タレント学科

アニメに声を吹き込む声優に必要な発声や言葉のアクセントなどを基礎から学びます。

声により表現力や演技力、歌唱力を身に付け、演技者に必要なあらゆる技能の習得を目指します。

現役声優を講師に迎えて、実践的な直接指導が受けられる専門学校も多く存在します。

在学中からオーディンが受けられ、合格すればプロの仕事が経験出来ることもあるのです。

多くの卒業生が声優 ・俳優 ・タレント ・ナレーター ・司会 ・ミュージカル俳優 ・アニメソング歌手として活躍しています。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ専門学校人気ベスト10

人気の高いアニメ専門学校と、設けられている学科やコースの詳細です。

1位  アミューズメントメディア総合学院

  • 所在地 東京都渋谷区東2-29-8
  • アニメーション学科(二年生)

2位 東京アニメーター学院専門学校

  • 所在地 東京都千代田区西神田1-3-15
  • アニメーション本科
  • アニメーション専科
  • アニメーション専攻科
  • アニメーション科夜間

3位  バンタンゲームアカデミー

  • 所在地 東京都目黒区中目黒2-10-17
  • アニメ学部
  • アニメ&イラスト総合(3年制)
  • アニメ監督専攻(2年制)
  • アニメクリエイター専攻(2年制)
  • マンガ家専攻(2年制)
  • シナリオ&ノベル専攻(2年制)

4位  日本電子専門学校

  • 所在地 東京都新宿区百人町1-25-4
  • アニメーション科(2年生)
  • アニメーション研究科(3年制)

5位  HAL東京

  • 所在地 東京都新宿区西新宿1-7-3
  • 昼間部 CG学部(4年制)
  • CG映像学科
  • CGデザイン学科
  • アニメ・イラスト学科
  • 昼間部 CG学部(2年制)
  • CG学科
  • 夜間部 CG映像学科

6位大阪アニメーションカレッジ専門学校

  • 所在地 大阪府吹田市垂水町3丁目29番18号
  • アニメーターコース(2年制)
  • アニメプロデュースコース

7位  HAL大阪

  • 所在地 大阪府大阪市北区梅田3-3-1
  • CG映像アニメーション学科(4年制)
  • CG映像学科(2年制)

8位  代々木アニメーション学院

  • 所在地 東京都千代田区三崎町1-3-9
  • 校舎:東京/兵庫/愛知/宮城/北海道/埼玉/神奈川/金沢/大阪/広島/福岡
  • 全日制学科
  • 夜間コース(週1)
  • 土曜コース(週1)

9位  名古屋デザイナー学院

  • 所在地 愛知県名古屋市中区栄5-1-3
  • ビジュアルデザイン学科
  • マンガ・アニメーション学科
  • ゲーム・CG学科
  • ファッションデザイン学科
  • メイク学科
  • インテリアデザイン学科
  • プロダクトデザイン学科
  • 研究学科

10位 大阪デザイナー専門学校

  • 所在地 大阪府大阪市北区堂島2-3-20
  • 校舎:東京/大阪
  • 昼間部
  • 夜間部

アニメ専門学校を選ぶポイント

アニメ専門学校に入学して、技術や知識を習得した事にあぐらをかいてはいられません。

専門学校を卒業したからには、将来に繋げなければ、高い学費を払った意味がなくなってしまいます。

後悔しない専門学校選びに欠かせないポイントは3つあります。

卒業生の実績を調べる

アニメ専門学校を卒業したからと言って、国家資格を取得出来るわけではなく、必ずしも就職に有利とは言えません。

学校での勉強を就職に活かした実績が学校側にあるのかを調べた上で入学するのがおすすめです。

著名な出身者がいるか、卒業生の就職先の傾向をまずチェックしましょう。

知名度の高い専門学校を選ぶ

CMや、雑誌広告で宣伝がある学校は、高い広告費用を払えるので、経営が安定している事が分かります。

また、大手の専門学校は、各業界とのコネクションもあり、優秀な生徒は、優良企業へと優先的に紹介してもらえるメリットもあります。

知名度の高い大手専門学校と、小規模校では、就職先の選択肢の幅が違ってくるのです。

自分の価値観に合った学校を選ぶ

医学や法学とは違い、絶対の学びではないアニメーションを教える学校なので、アニメ専門学校のカリキュラムは、学校によって全く違います。

基礎的な事を教える事に重点を置く学校や、応用まで徹底指導してくれる学校。

選択したコースを変更出来る学校や、働きながら夜間に通える学校と様々な通学スタイルを選択する事が出来ます。

ライフスタイルや価値観に合わせた学校を選ぶ事で、卒業まで無理なく通う事が出来るでしょう。

中学校卒業と同時に通えるアニメ専門学校もある⁈

専門学校の入学条件としては、一般的に高等学校卒業が条件となっています。

しかし、代々木アニメーション学院は、義務教育を終えた中学卒業以上の人であれば入学が出来、アニメーションの勉強と並行して、高校卒業の資格まで取れるのです。

例えば、イジメや引きこもりで、高校進学を悩んでいるお子さん、勉強が不得意なお子さんでも、アニメに興味がある人なら入学可能なので、最終学歴が中卒になるかも知れない場合でも、諦める必要はありません。

好きなアニメを通して、仲間と語り合う事で、社会性を身につけることも可能です。

アニメ専門学校を卒業して、将来の仕事に結びつくか否かは、学校選びから始まり、最後は、本人の努力次第です。

好きな事を仕事にするのは、簡単とは言えませんが、夢中になれる事を極める事が出来るのは、とても幸せな事でしょう。

アニメ専門学校に入学を決意したならば、本気で将来に活かす覚悟と努力を怠らないことが最も大切です。

まとめ

アニメ専門学校を卒業して、将来の仕事に結びつくか否かは、学校選びから始まり、最後は、本人の努力次第です。

好きな事を仕事にするのは、簡単とは言えませんが、夢中になれる事を極める事が出来るのは、とても幸せな事でしょう。

アニメ専門学校に入学を決意したならば、本気で将来に活かす覚悟と努力を怠らないことが最も大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ