おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメ専門学校の卒業生の就職先!薔薇色の人生とは限らない?

   

子供の頃からアニメの職業に就きたいと思っていた方は、アニメに関係する専門学校へ入学するべきか、独学で目指すべきか悩んでしまうかもしれません。

しかし悩んだ所で、その答えを見つける事は難しいです。

所が、アニメ専門学校を卒業した場合の就職先を知る事ができれば、その答えを見つける事ができるはずです。

そこで、アニメ専門学校の就職先や学ぶメリットなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメ専門学校の卒業生の就職先を紹介

アニメ関係の仕事に就きたい方たちの多くは、漫画家をイメージするかもしれませんが、実は就職先は数多くあって、アニメ製作会社・専門スタジオ・漫画家・イラストレーターなどがあります。

アニメ専門学校で学べば、これだけ多くの就職先があるので、夢は広がりますが、その実態を把握しなければ後悔する事になるので、詳しく紹介します。

アニメ製作会社

日本には数多くのアニメ製作会社があって、その中でも特に有名なのが『スタジオジブリ』でしょう。

今までに、数多くの名作『風の谷のナウシカ』や『レッドタートル ある島の物語』などを世に送り出してきました。

所が、アニメ製作会社は、大手の所もあれば、中小の所もあるのです。

そのため、アニメ制作会社と言っても、知名度や待遇などに大きな違いがあるので、アニメ専門学校を卒業して、アニメ製作会社に就職できたとしても、薔薇色の人生とは限らないので注意して下さい。

漫画家

アニメ製作会社で就職した場合には、多くの方たちと協力する事によって、アニメを製作していきます。

そのためコミュニケーションを取る事が難しい方や、遠くまで出勤する事が難しい方には向かない就職先です。

それに引き換え、漫画家は多くの方たちとコミュニケーションを取る必要がない上に、自宅で仕事ができるというメリットもあります。

それを考えたら、一般サラリーマンのような安定した収入がなかったとしても、人付き合いが苦手な方には、おすすめの就職先です。

イラストレーター

アニメ専門学校の就職先でイラストレーターと聞いたら、多くの方たちは、アニメとは関係がないように思うかもしれません。

所が、アニメを描けるという事はキャラクターや背景が描ける訳なので、イラストレーターの仕事もできます。

しかしアニメを描きたい方は、イラストレーターを目指したくない方はいるかもしれません。

所が、イラストレーターたちの中には、イラストを描いたり、内容の短いアニメを描いたりする方もいるのです。

そのため、ストーリーの長いアニメを描く事が苦手な方は、イラストレーターも就職先の一つとして覚えておいたほうが良いです。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメに関係する職業の年収

好きな事を仕事にできても、多くの方たちは年収の高い就職先で働きたいと思うでしょう。

そこで、製作会社・漫画家・イラストレーターの年収を紹介するので、これからアニメに関係する仕事に就きたい方は確認してみて下さい。

製作会社

製作会社は、漫画家やイラストレーターとは違って、安定した給料を貰う事ができます。

そのため、若い頃から好きな方と結婚する事も不可能ではありません。

所が、製作会社の待遇は決して良いとは言えなくて『平均年収.jp』というサイトの調べによれば、20代の年収は212万4,500円・30代は277万2,500円・40代は351万9,000円・50代は396万7,500円・60代は268万9,000円になります。

このようにアニメの製作会社の年収は低くなっているので、このような年収でも我慢できるのか把握した上で、就職活動したほうが良いです。

漫画家

漫画家は、製作会社とは違って、本人の努力次第で、年収が0円という事もあれば、1億円を超える場合もあります。

そのため漫画家は、本人の努力次第で地獄を見る事もあれば、薔薇色の人生にもなります。

そしてアニメ専門学校で学べば製作会社で就職するだけではなく、漫画家を目指す事も十分に可能なので、年収の高い職業に就きたい場合には、漫画家を目指すメリットは大きいです。

イラストレーター

イラストレーターも漫画家と同じで、本人の努力次第で年収は変わります。

ただし漫画家のように1億円を超えるほど稼ぐ事は難しいので、注意しなければいけません。

実際にイラストレーターは、1枚のイラストで単価設定が決まっているので、漫画本が大ヒットして年収が増えるという訳ではありません。

実際に『転職会議』というサイトの調べによれば、20代前半の平均年収は226万円・20代後半は291万円・30代は390万円・40代以上は450万円になります。

このようにアニメの製作会社に比べれば収入は高くなっていますが、これは会社員としてイラストレーターになった場合です。

フリーランスのイラストレーターになれば、年収が0円になる事もあるので注意しなければいけません。

ただしフリーランスになった場合には、イラストの作品を載せた本を出版すれば、漫画家のように年収を増やす事は十分に可能です。

インターネットによる悪評

アニメ専門学校で学べば、このように様々な就職先で働く事は可能ですが、インターネットではアニメ専門学校へ通う必要がないような情報が掲載されています。

そのため、アニメ専門学校へ学ぶ必要があるのか悩んでしまう方もいると思うので、その悪評が本当に正しいのか紹介しましょう。

技術の習得は不可能

インターネットに掲載されている悪評で多いのが、アニメ専門学校では資格を取得できなくて、何も技術を習得できないという点です。

しかし、この悪評は大きく間違っています。

なぜなら現在のアニメ業界は大きく進化していて、デジタルによってアニメを製作している企業が増えているのです。

そのため、アニメ専門学校でデジタルのアニメを製作する方法を教えているので、それに関連する資格を取得できますし、技術を習得する事もできます。

ブラックな業界

日本では『ブラック企業』という言葉があって、このブラック企業とは労働者を酷使して使い捨てにする所を指します。

そしてインターネットでは、アニメ業界もブラック企業のような所なので、アニメ専門学校で学んで目指すほど価値のない世界と掲載されています。

この悪評は、半分は正しくて、半分は間違っているのです。

なぜなら、アニメ製作会社によっては酷使される場合はありますが、漫画家のように高い年収を目指す事は十分に可能です。

実際に漫画家たちの中には、ONE PIECEの作者『尾田栄一郎』先生のように、推定年収が31億円になる方までいます。

ここまで稼いだら、その後は働かなくても生活する事は十分に可能なので、使い捨てにされない場合もあります。

アニメ専門学校で学ぶメリット

アニメ専門学校を卒業した場合の就職先を説明してきましたが「それは独学でも可能ではないのか」と思った方もいるかもしれません。

確かに、漫画家やイラストレーターの場合であれば、独学でも目指す事は十分に可能です。

ただしアニメ専門学校には、十分な設備が完備されているので、独学で学ぶよりも、短期間でスキルアップする事ができます。

さらに生徒同士で、切磋琢磨して勉強する事もできるので、独学にはないメリットが数多くあるのです。

まとめ

アニメ専門学校の卒業生たちは、苦労する場合もあれば、薔薇色の人生が待っている場合もあります。

そのためアニメ専門学校へ通ったら、成功するか失敗するかは、あなたの努力にかかっているのです。

そのような事を考えれば、アニメのために必死に努力する覚悟があれば、アニメ専門学校で技術を習得して、アニメ業界で働く事を目指すメリットは大きいです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ