おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメ専門学校以外でアニメーションを学ぶ方法はある?

   

アニメ専門学校は、アニメーションを学ぼうと思った際にまず思い浮かぶ選択肢です。

むしろそれ以外に選択肢が浮かぶということはそうそうありません。

では、アニメーションを学ぼうと思った時、専門学校に行くという選択肢以外の選択肢はないのでしょうか?

そんなことはありません。

ここではそれらの選択肢と、それらと専門学校へ行くことの違いを見ていきます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

本を利用して独学で学ぶ

アニメ専門学校に行くという方法以外でアニメーションを学ぼうと思ったら、本を利用して独学で学ぶというのが効果的になります。

アニメーション制作を学ぶことが出来る教則本は、意外と数があります。

だから、それらのうちの何冊かを買ってみて、そしてそれらを実践していけば、ある程度のアニメーションの基礎はマスターしていけるようになります。

コスパは抜群に良いしすぐに終わる

この方法と、アニメ専門学校に通うという方法との最大の違いは、コスパと期間です。

教則本で学ぶという方法は、その気になれば数か月である程度マスターできるようになります。

しかしアニメ専門学校に通うという方法は、最低でも2年はかかります。

そしてアニメ専門学校は学費もすごく高いです。

本であれば、高くても10000円くらいですが、アニメ専門学校に行こうと思ったら、最低でも200万円くらいはかかります。

その差はすごく大きいです。

その学費をためるために時間が必要になることもあります。

そうなればマスターまでの時間もかかるようになります。

教則本で学んでも専門学校で学んでも、結局はプロの現場でアニメーションを制作していかないと、プロとして必要な技術は身に付きません。

だから、早くプロに出れるというのは、一つのメリットなのです。

スキルが身につかない可能性もある

ただ、教則本には、専門学校にはないデメリットもあります。

それが、スキルが身につかないという可能性です。

教則本の場合は、わからないところがあってもそれを誰かに聞くことはできません。

ということは、もしわからないところがあったら、それはわからないままになるのです。

わからないまま話が進んでいってしまうと、やはりスキルは上がっていきません。

それが1か所2か所であればそこまで大した問題にはならないかもしれません。

しかし、もしそれが10か所くらいあったらどうでしょうか?

全然スキルが身につかないまま無駄な時間を過ごすことになります。

アニメ専門学校であれば確実に質問ができるので、確実に一つ一つわからないところをクリアに出来るのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ネットを利用して学んでいく

同じように独学で学ぶ方法ですが、よりわかりやすい方法もあります。

それが、ネットを利用して学ぶという方法です。

今の時代はすごく便利な時代で、アニメーションの作り方を、誰かが無料でネット上で公開していてくれたりするのです。

なので、それを見ていけば、ある程度アニメーションの作り方は理解していけます。

これが一番スピーディーでわかりやすい独学の方法になります。

日本人から海外の方まで様々いる

アニメーションの作り方を紹介してくれている方は、日本人の方から海外の方まで様々います。

だから、アニメーションの作り方を学んでいけると同時に、ある程度外国語も理解できるようになっていきます。

勿論完全に理解できるというレベルまでにはいかないものですが、何を言っているかはなんとなくわかるようになるのです。

まったく一単語もわからない、たとえばロシア語のような言語で解説している動画ではそれは起こりえませんが、英語ならばそれも起こりえます。

そういうメリットは、アニメの専門学校にはまずありません。

これもわからないところはわからないまま

ただしこれもわからないところはわからないままになることが多いです。

わからないところが分からないままになってしまうと成長できないというのは先述のとおりです。

場合によっては動画の投稿者に質問して、それにこたえてくれることもありますが、公開されている動画はすごく古い投稿日時だったりすることも少なくないので、あまり返事は期待できません。

なので、これもその弱点は消えません。

大学で学ぶという選択肢もある

アニメーションを学ぶならば、アニメ専門学校ではなくアニメーションを学ぶことが出来る学科のある大学で学ぶという選択肢もあります。

アニメーションを学ぶことが出来る学科のある大学は、いくつかあります。

そういうところにいけば、大卒という資格も手にすることが出来ます。

大卒と専門学校卒業の差は、大きいです。

給料に違いが出ることが多い

なぜなら、大卒と専門学校卒業で、給料に違いが出ることが多いからです。

給料に違いが出てしまうのであれば、やはり大卒の方が将来的には有利になります。

また、給料以外にも大卒にはもう一つ有利なことがあります。

違う道に進みやすい

それは、まったく違う道に進みやすいということです。

アニメーションの道に進んでも、途中でそれからそれたくなることはあります。

いざそうなった時、専門学校卒業だと、まったく違う道には進みづらいのです。

それしか学んでいない上に、仕事もそれしかしたことがないのに、いきなり違う道に進もうとしてもそれはかないづらいのです。

たとえばそれが24歳くらいの話であればそれも可能かもしれません。

でも、32歳くらいだったりしたら、やはりそれは難しいです。

しかし大卒の場合には、32歳からでも未経験ジャンルに転職出来る可能性があるのです。

つぶしが効くのは間違いなく大卒です。

プロになるのは遅くなる

大卒にはないアニメ専門学校にあるメリットは、プロになるのが早いという点です。

専門学校は基本2年。

対して大学は4年です。

2年と4年では倍違います。

先述のとおりアニメーションのスキルは実際には実務の中で身につくことが多いですから、2年の実務経験の差は大きいのです。

いち早く一人前のアニメーション職人になれるのは、アニメ専門学校に進んだ方であることが多いです。

未経験で制作会社にチャレンジする

未経験で対してスキルがなくても、制作会社に入社するチャンスはないわけではありません。

それは当然採用側としてもスキルがある方も求めています。

でも、猫の手も借りたいというような状況のところもあるのです。

そういうところであれば、特別知識やスキルがなくても入ることが出来ることはあります。

勿論はいった後はすごく大変です。

一気に覚えないとならないことも多いですし、お荷物扱いになることは決定的です。

でも、いち早くプロの現場を経験できるわけですから、そこでしつかりとアニメーションを学ぶことはできます。

余計な知識を入れる前にプロの効率的なやり方を学んでいけるのも大きいです。

そうそう受かるわけではない

ただ当然ながら、未経験はまだしも知識もスキルもない方を採用してくれるようなところは多くはありません。

だからこの選択肢は決して誰でもできる、おすすめの選択肢ではなく、裏技的な選択肢であるということは覚えておくべきです。

また、アニメ専門学校にかよい知識やスキルを身に着けてからはいるのとは違い、不安だらけでハードな現場を経験することになるので、つぶれてしまう可能性もあります。

まとめ

アニメ専門学校に行くという選択肢以外にも、アニメーションを学ぶことが出来る方法はこの通りいろいろあるのです。

でもどの方法もメリットもあればデメリットも大きいという方法になります。

一番バランスが良いのが、アニメ専門学校に通うという選択肢になるのです。

これらのことを参考に、どう進むのが正解か、よく考えてみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ