おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

アニメ業界とマンガ業界どっちを選ぶ?目的に合わせたアニメ専門学校の選び方

   

アニメやマンガが好きな方の中には、アニメ業界とマンガ業界どちらに進むか迷っている方がいるかもしれません。

両者とも魅力的なキャラクターを設定して、ストーリーに沿って作品を作り出す業界です。

専門学校はプロに必要な技術の習得を集中的に目指せる場ですが、専門学校の中にはアニメやマンガなど幅広いコースを備えているものがあります。

ここでは、目的に合わせたアニメ専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

アニメーターを目指す際に必要なスキル

アニメの原画制作のスキル

アニメの原画制作のスキルは、アニメーターを目指す上での重要なスキルのひとつです。

動画など次の段階のスキルを身につけるためには、土台となる原画制作の技術を徹底的に身につけることが大切です。

アニメ作品によってはシンプルな原画ではなく、複雑で繊細な原画もあるので高い描画力の習得を目指す必要があります。

アニメの動画制作のスキル

アニメ作品は魅力的なキャラクターがストーリーに沿って動くことで多くの人を惹きつけるものとなります。

アニメーターを目指すにはアニメの原画制作の技術はもちろんのこと、登場人物の動かし方の技術を習得する必要があります。

静止画とはまったく違う迫力のある世界を作り出すためには、動画のスキルを徹底して磨く必要があるのです。

アニメの背景美術のスキル

アニメ作品は登場人物だけではなく物語をよりリアルに表現するために背景が必要となります。

背景美術のスキルは高い描写力を通して作品独自の世界観を表現する必要があるので、描く力をアナログ・デジタル両方からしっかり学ぶことが大切です。

背景美術はアニメ作品にリアリティを持たせる重要な要素となるので、基礎から応用までをしっかり身につけることが大切です。

アニメの撮影・編集のスキル

アニメ作品を制作するプロセスで重要なもののひとつに、アニメの撮影と編集の技術があります。

キャラクターの表情や背景のバランスなど、完成度の高い作品に仕上げていくにはデジタルの技術を駆使する必要があります。

アニメ制作に必要な一通りのスキルに加えて撮影と編集のスキルを身につけておくことで、プロの現場で力を発揮することができます。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

マンガ家を目指す際に必要なスキル

魅力的なマンガのキャラクターを作り出すスキル

魅力的なキャラクターが数多く登場するマンガは多くの人を惹きつけます。

キャラクターの魅力がマンガの人気を大きく左右するので、作品中のキャラクター設定は慎重になることが大切です。

マンガ家を目指す際には絵の描き方のスキルを磨くことが基本となりますが、美しい絵が描けるだけではなく、イキイキとしたキャラクターを作り出すスキルを磨く必要があるのです。

魅力的なストーリーを作り出すスキル

マンガはイラストと違って、魅力的なキャラクターを作り出した上で面白いストーリーを作り出すスキルが必要となります。

発想力や想像力が必要となるので、高度な描画のスキルと共に感性など内面的なスキルを磨くことが大切です。

魅力的なストーリーを作り上げることで、幅広い層の読者から支持されて作品の人気が一気に高まることがあります。

コマ割やトーンの使い方などマンガの基本的スキル

マンガ制作には描画のスキルを磨くだけではなく、コマ割やトーンの使い方などの基本的なスキルを磨く必要があります。

中でもコマ割は重要なスキルのひとつで、コマ割の仕方によって迫力のあるストーリー展開が可能となり、読者がストーリーを追いながらページを捲る時のワクワク感を高めることができます。

ソフトやペンタブレットの使い方のスキル

マンガはペン・インク・紙・トーンを使ったアナログな描き方と、ソフトとペンタブレットを使ったデジタルの描き方があります。

マンガの原稿をデータ化することで修正が簡単になり、効率良く作業できるメリットがあるため多くのプロが制作にデジタルのスキルを取り入れています。

アナログとデジタル両方のスキルを身につけておくことで、幅広い表現力が可能となります。

アニメ業界を目指す場合の専門学校の選び方

専門分野に特化したアニメコースがある専門学校を選ぶ

アニメ業界に進みたい場合には、アニメの専門分野に特化したアニメコースがある専門学校を選ぶことが大切です。

アニメ業界には、アニメーターのほかにアニメ作品の脚本家・監督など幅広い職種があります。

自分が目指す分野に必要な知識や技術を学べる専門学校なら即戦力が身につくので就職活動の際に有利です。

複数のコースの中から自分に最適なコースが選べる専門学校なら、安心して夢に向かって歩んでいくことができます。

学習期間を自由に選べる専門学校を選ぶ

アニメ業界に進むためには幅広い技術を身につける必要がありますが、アニメについて学べる専門学校の中には短期間のものと長期間のものがあります。

必要な技術を集中的に学んで効率良くアニメ業界に進みたい場合には短期の専門学校がおすすめで、じっくり基礎から応用までを学びたい場合には長期の専門学校がおすすめです。

最新の機材を使って授業が受けられる専門学校を選ぶ

近年では最新の機材を使って作品を制作する現場が増えているので、プロの現場で使われている機材の使い方をマスターしておくことが大切です。

アニメに必要なアナログとデジタル両方のスキルが学べる専門学校なら、どのような現場でも柔軟に対応しながら仕事をすることができます。

アニメ業界の良質な求人情報が集まる専門学校を選ぶ

アニメ業界には様々なプロダクションがあるので、安定的に仕事を続けることができる就職先を探すことが大切です。

専門学校の中には、大手のプロダクションとのパイプが太く良質な求人情報が集まるところがあります。

評価や注目度が高いプロダクションに就職したい場合には、就職活動に有利な専門学校を選ぶことが大切なのです。

マンガ家を目指す場合の専門学校の選び方

マンガの基本と応用が学べる専門学校を選ぶ

マンガ家はアニメーターと違ってチームで活動することが少なく、作品作りのすべてのプロセスを自分一人で手掛けることが多い職種です。

キャラクター制作・ストーリー制作・描画など自分の技術が作品にダイレクトに影響を与えるので、必要な技術をしっかり磨くことが大切なのです。

マンガ制作に必要な基本と応用の技術がしっかり学べる専門学校なら、安心してプロを目指すことができます。

マンガの幅広いスキルが学べる専門学校を選ぶ

マンガはアナログの技術で描くこともできれば、デジタルの技術で描くこともできます。

自分の好きなやり方でマンガを描くことも大切ですが、両方の技術を習得しておけば表現力が身につくのでイメージに沿った作品作りができます。

幅広いマンガのスキルが学べる専門学校なら、在学中に効率良くプロに必要なスキルが身につきます。

出版社編集部からアドバイスがもらえる専門学校を選ぶ

専門学校ではプロに必要な技術を習得したら個性を生かした作品作りをしていきますが、中にはプロの編集部からアドバイスがもらえる専門学校があります。

在学中のデビューを目指している専門学校もあるので、プロのマンガ家になる夢に近づくことができます。

まとめ

アニメ業界とマンガ業界はどちらも人気がある業界のひとつで、プロを目指す方の中には専門学校に通うことで必要なスキルを身につけている方もいます。

アニメとマンガの専門的なコースがある専門学校なら、基礎と応用を身につけた上で専門分野のスキルを深く学んでいくことができます。

専門学校を選ぶ時は進みたい方向性を定めることが大切なので、まずはなりたい職種について考えることから始めてみましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ