おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストが上手に描きたいと思ったら通信講座がおすすめな訳4つ

   

あなたは絵が上手に掛けるようになりたいと思っていますか。

本格的な水彩画や漫画、手帳の端にチョコっと描くイラストまで描きたい物は様々だと思います。

ネットや本でも描き方が学べる物が多く出ていますが、自己流になってしまいがちでイマイチ上達しない人もいるようです。

だからと言って学校へ行くのは大変だし、そこまでの意欲はない。

又は忙しくて時間がなかったり、学校が遠くて通えない場合も有ります。

そんな時は通信講座を試して見てはいかがでしょうか。

コースも初心者向けから仕事になるぐらいの本格的なのまでありますよ。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

通信講座を利用する理由

 通信講座の利点は何と言っても、自分の好きな時に好きな分だけやれば良い事です。

忙しい人もマイペースな人にも向いていますね。

又、本やネットでの独学のような感じではなく、専門の先生が添削やアドバイスもしてくれるのが魅力的です。

教本の他にDVDなども付いていて映像を見ながら勉強出来るのは約にたちます。

時間がない

時間に制約のある人は便利な方法だと思います。

自分の好きな時間に好きなだけ進めるのは魅力的です。

ただ、通信講座にも在籍期間が有りますから、期間内で勉強する配分を決めてやらないとダラダラしてしまうのでメンタル面の強化も必要です。

お金がない

費用の面でも助かります。

学校に通うにはちょっと高いし、本は安上がりで、ネットはタダですが自己流は難しいです。

通信講座なら働いていれば無理のない金額で月々分割にも出来ます。

勿論、主婦の人なども家計をやりくりして作り出せるのではないでしょうか。

学校が遠い

学校に通いたいけど通えないのは悲しいですよね。

都心に近い人は選択肢の中に入れられますが、地方や近くに学校が無い場合は無理です。

通う時間を自由に友好的に使えると思えば通信の方が良かったと感じられるでしょう。

前向きに考えて通信で頑張って欲しいです。

自分のペースでしたい

誰しもが自分の思う通りに行動したいと願っていると思います。

何か理由があって、この時間にしか出来なかったり、時間が読めなかったりと言う事もあるでしょう。

隙間時間やまとまった時間が出来た時・やる気が出た時などに勉強したいですよね。

せっかく勉強するのなら楽しい事が一番ですので、無理せずマイペースで進めて下さい。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストにはどんなものがあるの

 イラストとは何でしょうか。

疑問に思った事はないですか?

絵画とも漫画とも違うけど世の中には溢れていて、海外では通用しない言葉です。

難しい語源だとか説明は多々あるようですが、つまり文字では伝えられない物語の世界観だったり一瞬を切り取ったもの。

絵画や漫画よりもカジュアルで、それ一つで全てを表すもの。

ではないでしょうか。

色々な考えの人がいると思いますが表現する素晴らしさを感じて欲しいです。

ボールペン

家庭でも学校でも気軽に描けるのがボールペンではないでしょうか。

ペン一つで手帳や手紙など様々なシーンで使用する事が出来る気軽なものです。

ボールペンの種類も沢山出ているのでカラフルなイラストを描くことが出来るし、事務的な黒ボールペンでも技術を習得すれば素晴らしい作品を完成させる事も出来ます。

デジタル

パソコンを使用してイラストを描く人も増えてきています。

ペンタブレットを使って専用ソフトを使用して描いていきます。

各学校によって使用するソフトも違うと思いますので自分には何が合っているのかチェックが必要です。

又、紙に書くのは汚れるし費用が気になって思いっきり使えない。

という人にもおすすめです。

パソコンがあればチャレンジする事が出来る手軽さもあります。

色鉛筆

老若男女問わずに昔から有る講座です。

学校で使用した経験がある色鉛筆は懐かしさと親しみやすさが有ります。

本や教材などを見ると、色使いが綺麗で感動してしまう事が有ります。

色鉛筆も簡単に手に入れる事が出来るアイテムですし、教材に含まれている場合も有るので安心して始められます。

水彩画

描き方一つで水彩画風のイラストを描く事も出来ます。

絵を描く技術は素晴らしく、どんな物の技術があれば描く事が出来るのが凄いですよね。

勿論、実際に水彩画を描く講座も有るので興味があれば覗いて見て下さい。

だいたいの講座には教材の中に使用する道具は含まれているので始めるのは簡単です。

漫画

一度は憧れた事が有る人もいると思います。

漫画を読んでいて、こんなふうに描けたら良いなって真似して描いてみた事はありませんか。

ファンタージーな可愛いイラストを描ける講座が有ります。

イラストと言っても様々なタイプがあって通信講座も多様化しているので、是非、興味を持ったジャンルに挑戦してみて下さい。

選び方

 通信講座を始めてみようと決意したけど何を基準に選べば良いのでしょうか。

自分の環境や生活習慣は当然、考慮しますがそれ以外のポイントはなんでしょうか。

講座の内容や教材、ご指導してくださる講師の方もどんな方なのか気になります。

つまずいた時や困った時のサポート体制も必要です。

出来る事ならば親切で丁寧な講座が良いですよね。

学習期間

通信講座にも学習期間が定められています。

各講座によって違いが有りますのでチェックして下さい。

中には延長出来る制度を設けているところも有ります。

あまり時間が取れない人や、もう少し勉強しくなるかもと言う人は期間が長い講座や延長制度がある講座がおすすめです。

会社

講座を開催している所は大手企業や学校など様々です。

初めて通信講座を受講する人は特に不安も大きいと思いますので名前を知っているだけでも安心すると思います。

又、通学した学ぶ講座を開講している学校であれば、それだけで安心要素になったりします。

教材

ある程度の知識を持った人であれば、HPやパンフレットで紹介している教材を見れば授業の内容が想像出来ると思いますので比較しやすいでしょう。

初めての人は分からに事が多いと思いますので、何でも良いので気に入った物が有るなど、なんとなくで選んでも良いと思います。

講師

指導してくださる講師の方は、その会社の人だったり専門職の人だったりと様々です。

皆さん、講師のプロですから的確な指導をしてくれると思いますので、自分との相性が良さそうな講師がいる講座を探して見て下さい。

サポート

いざとなった時のためのサポート体制も魅力の一つです。

数々の疑問に答えてくれるかどうか、その回答スピードも大事なチェックポイントです。

無料お試し期間がある講座もありますので試しやすいですよね。

費用

最終的には費用の壁を突破しなければならないでしょう。

どんなに魅力的な講座でも、高いと感じる授業料では受ける事が出来ません。

逆に安すぎても不安になりますよね。

講座の内容や教材などと照らし合わせて、妥当だと思って価格を選んで下さい。

主な講座

 実際にどんな講座が有るのかご紹介します。

有名な大手から、調べないと分からないとこまで、それぞれの良い点・悪い点をチェックして下さい。

楽しく有意義な勉強が出来るところを選べるように調べて見ましょう。

ユーキャン

実技トレーニンが中心の講座です。

基本は3ステップでデッサン・技法・仕上げと学んでいきます。

教材もDVDが付いていて見ながら学習する事も出来るし、画材が揃っているので自分が用意する手間が省けます。

期間は基本6ヶ月ですが更に延長する事も出来ます。

ヒューマンアカデミー

現役のイラストレーターが教えてくれます。

講義事に課題が出され具体的なアドバイス付きで添削してくれます。

DVD付きで何度でも見返す事ができるので初心者からプロを目指す人まで使用出来ます。

コンテストやスキルアップセミナーなどへの参加も出来るので世界も広がります。

アートスクール

自分のレベルにあった講座を選ぶ事が出来ます。

初級・中級・上級と3コースと選ぶ事が出来るし、ボールペン・色鉛筆・水彩画とそれぞれのテクニックを教えてもらえます。

現役のプロの講師の方に教えていただけて添削もしてくれるので上達しやすいです。

講師の方と直接授業を受けられる制度もあります。

パルミー

オンラインで学べるのでスマートフォンやタブレットでも授業を見る事が出来ます。

しかも!

学びたい先生が選べるというのは画期的ではないでしょうか。

自分の好きなイラストを書いている先生に教えていただけるのは感動です。

オンラインだからこそ何も無くても学べるのが魅力ですね。

まとめ

ちょっと上手にイラストを描いて見たいと思ったら検索してみて下さい。

通信講座も色々あって、きっと自分に合う講座が見つかります。

講師陣にプロが多く、的確に指導していただけるは感動しますし、時間を自由に選べるのが嬉しいですし、画材なども教材に含まれていたりサポートがしっかりしているのが安心ですね。

ある程度、知識や技術が有る人向けの講座もあってコンテストなどに参加したり夢が広がります。

何気ない毎日をイラスト通信講座で楽しく過ごして見ませんか。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ