おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストとデザインはどう違う?クリエイターを目指すならデザイン専門学校がおすすめ

   

デザインの基本ノート  仕事で使えるセンスと技術が一冊で身につく本

クリエイターを目指している方の中には、イラストとデザインの違いがイマイチ分からないという方がいるかもしれません。

イラストとデザインはどちらもポスターやパンフレットの制作などに必要なもので、それぞれ違ったスキルが必要となります。

デザインとイラストそれぞれのスキルが学べるコースがあるデザイン専門学校があるので、学びたい内容のコースを選ぶことをおすすめします。

ここでは、イラストとデザインの違いやデザイン専門学校についてご紹介したいと思います。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストとデザインの仕事内容の違いを教えて

イラストとデザインは雑誌や広告、ポスターやチラシなどあらゆるものを制作する際になくてはならないものです。

それぞれ仕事内容に違いがあるので、プロを目指す際には基礎から応用までをしっかり学ぶことが大切です。

イラストとデザインの仕事にはどのような違いがあるのでしょうか。

デザイナーは文字や写真や図形などを配置する仕事

デザイナーはクライアントの意向をもとに文字や写真や図形などを配置する仕事です。

広告やチラシなどのデザインをする場合イメージに合わせて作品を制作することになりますが、自分の好きなようにデザインして良いというわけではないので、クライアントのイメージを忠実に形にするためにもコミュニケーション能力や相手の考えをよく理解する能力が必要となります。

デザインのほとんどはパソコンとソフトを使用して行われるため、初めてデザインについて学ぶ方は、パソコンとソフトの使い方をマスターしておくことも大切です。

イラストレーターはイメージに沿った絵を描く仕事

イラストレーターは広告やパンフレット、雑誌などに使用する絵を描く仕事です。

クライアントの意向に沿ったものを描く場合もあれば、イラストレーターの個性に魅了されたクライアントがイラストレーターのセンスに任せて比較的に自由に描ける場合もあるなど、仕事内容によって納品するイラストの傾向に違いがあります。

仕事依頼の際にクライアントが作品のイメージを伝えてくることがあるので、デザイナーと同じようにイラストレーターも相手の考えを聞き取るためのコミュニケーション能力と理解力が必要となります。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

デザイン専門学校で学べる内容が知りたい

将来デザイナーを目指している方の多くが、デザイン専門学校でプロに必要なスキルを学びます。

しかし、初めてデザインについて学ぶ方の中には専門学校ではどのようなカリキュラム内容か事前に知りたいと思う方もいることでしょう。

さっそく、デザイン専門学校で学べる内容について見ていきたいと思います。

専門学校によってやりたい分野のデザインが学べる

デザインと言っても、グラフィックデザインやパッケージデザインなど幅広い分野があります。

自分が目指す職種によって身につけるべきスキルに大きな違いがあるので、将来進みたい分野のデザインが学べるデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

また、グラフィックデザインでも広告・雑誌・WEBサイトなど、さらに分野が分かれるので、どんな分野のデザインがしたいのか明確な目標を持っておくことが大切です。

コースによってなりたい職種のデザインが学べる

デザインは広告やパンフレット、チラシなどの平面のものに限らず、アクセサリーや洋服、靴やバッグなど立体的なものもあります。

デザイン専門学校はなりたい職種に合わせて選ぶことが大切ですが、たとえばファッションデザイン専門学校を選ぶ際にコースによって、洋服のデザイン・靴のデザイン・バッグのデザインについて学べます。

同じ分野だとしても、洋服のデザイナーや靴のデザイナーでは学ぶ内容がまったく異なるので、なりたい職種のデザインについて学べるデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

職種に合わせて資格取得のための知識と技術が学べる

デザインの分野に進む際に、職種に合わせて資格取得が必要な場合もあります。

デザインに関する授業だけではなく、資格試験のための授業を実施しているデザイン専門学校なら、在学中に資格を取得することで面接の際に有利になります。

資格があることでなりたい職種の仕事への理解がより深くなるので、在学中に資格を取っておくことは大きなメリットとなります。

デザインを学びたい人のデザイン専門学校の選び方

デザイン業界は幅広い分野があるので、まずはどの分野に進みたいかを明確にすることが大切です。

グラフィックデザインやファッションデザイン、ジュエリーデザインなど、なりたい職種がはっきり決まっていれば、おのずと通うべきデザイン専門学校が絞り込まれていきます。

進みたい分野のコースがあるデザイン専門学校を選ぶ

進みたい分野が明確になると、必要な事柄が学べるデザイン専門学校を選びやすくなります。

また、ひとつの分野の中にはいくつかの仕事内容に分かれているので、進みたい分野の専門コースがあるデザイン専門学校を選ぶと良いでしょう。

たとえば、グラフィックデザイン科であっても広告デザインコースとWEBデザインコースでは専門的に学べる内容に違いがあるので、どのような仕事をしていきたいかなど自分の希望を詳しくイメージしておくことが大切です。

イラストの授業があるデザイン専門学校を選ぶ

デザインとイラストはまったく異なる仕事内容であるため、デザインを学びたい方の中には、イラストのスキルは必要ないと考えている方がいるかもしれません。

しかし、デザインの土台となるデザインラフを制作する時や、デザインの中で使用するイラストが自分自身で描ければ仕事がスムーズに運びます。

このことから、イラストの授業があるデザイン専門学校を選んでおくとプロとして仕事をする時に便利です。

イラストを学びたい人のデザイン専門学校の選び方

イラストを学びたい方の中には、まったく初めて絵の描き方を習う方がいるかもしれません。

趣味でイラストを習うことと違って、プロのイラストレーターを目指す場合には基礎と応用をしっかり身につけることが大切です。

プロレベルのイラストのスキルを身につけるには、どのようなデザイン専門学校を選べば良いのでしょうか。

イラストコースがあるデザイン専門学校を選ぶ

デザイン専門学校では、幅広い分野のデザインのスキルを身につけることができます。

中には、本格的にイラストが学べるイラストコースを設けているデザイン専門学校があるので、絵の描き方はもちろんのことカリキュラムによってはCGイラストのスキルを身につけることもできます。

自分の感性を生かした作品作りを目指すための授業が含まれていることが多いので、クオリティが高い作品制作が可能なイラストレーターを目指せるでしょう。

絵の描き方の基礎を学べるデザイン専門学校を選ぶ

絵が好きである程度絵心がある方もいれば、まったく初めて絵の描き方を学ぶ方もいます。

プロのイラストレーターを目指す場合には、クライアントの幅広い依頼内容に対応する必要があるので、絵の土台となるデッサンの授業に力を入れているデザイン専門学校がおすすめです。

基礎をしっかり身につけた状態であれば応用の段階でイメージを形にしやすくなり、個性を生かした作品作りに役立つスキルを身につけることができるでしょう。

感性を磨く授業が含まれているデザイン専門学校を選ぶ

イラストはデザインとは異なる分野であり、デザイン以上に感性を駆使して作品制作に取り組む必要があります。

スキルを磨くための授業だけではなく、感性が磨ける授業が含まれているデザイン専門学校を選ぶことで、トータルで幅広い作品を手掛けることができるイラストレーターを目指すことができるでしょう。

まとめ

イラストとデザインの仕事をしたい場合にはそれぞれ異なるスキルが必要となるので、デザイン専門学校に進学する際にその違いを理解した上で目指す方向性を決めておくことが大切です。

数多くのデザイン専門学校がありますが、中にはコース内容が豊富なところもあるので目的を明確にしておかないと進学すべき専門学校選びに迷ってしまうことになりかねません。

まずは、将来目指すべき職種を明確にした上でデザイン専門学校選びをすると良いでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ