おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストと絵画の違いとは?イラスト通信講座で絵画を学ぶことのメリット

   

イラスト通信講座を通してレッスンを受けている方の中には、仕事に生かせるイラストの描き方を学んでいる方もいれば絵画の描き方を学んでいる方もいます。

しかし、イラストと絵画ではカリキュラム内容が違うので、イラスト通信講座の選び方に気をつける必要があります。

ここでは、イラストと絵画の違いについて見ていきながら、イラスト通信講座で絵画を学ぶことのメリットをご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストと絵画は何がどう違うのか

イラストと絵画ではどちらも絵に変わりはありませんが、絵を描くプロセスや作風に違いがあります。

絵が好きでイラスト通信講座を通して絵の描き方を学びたい時には、自分が必要とするスキルが学べるカリュラム内容なのかしっかり確認することが大切です。

さっそくイラストと絵画の違いを詳しく見ていくことにしましょう。

商業的な絵と芸術的な絵の違いがある

イラストと絵画を比較すると、プロとしてイラストを描く場合には商業的な要素を含む絵になるのに対して、絵画を描く場合には芸術的な絵になります。

仕事として絵を描く際にクライアントの意向をイラストに反映させる必要がありますが、絵画は感性ひとつで筆を運びメッセージ性の高い絵として完成することが多いです。

このように、両者には絵を描くプロセスに違いがあります。

作品が印刷物になるのと絵として売られる違いがある

プロとしてイラスト作品を完成させた場合、その作品はポスターやパンフレットなどの印刷物になることがあります。

それに対して、絵画は誰かに買い取られて室内に飾られるなど、絵そのものが複製されることは少ないかもしれません。

絵がお金に変わる時のプロラスに違いがある点も特徴のひとつです。

仕事で絵を描くのと趣味で絵を描く違いがある

イラストレーターは仕事で絵を描くことが多いですが、画家はライフワークとして絵を描くことが多いです。

もちろん、イラストを趣味で描く方もいれば、絵画を描くことを仕事にしている方もいるので一概には言えませんか、イラストを仕事にしてお金を稼いでいる方の割合に対して、絵画を仕事にしてお金を稼いでいる方の割合は少ない場合があります。

仕事でイラストを描く場合には納期を守ることが多いですが、ライフワークとして絵画を描く場合には納期などがないので、作品にじっくりと取り組むことができます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

絵画を学びたい時のイラスト通信講座の選び方

絵画を学びたい時にイラスト通信講座を選ぶ際には、カリュラム内容によく目を通すことが大切です。

プロのイラストレーターを育成するイラスト通信講座を選んでしまうと、必要な事柄を学べないので注意が必要です。

絵画を学びたい時のイラスト通信講座の選び方を見ていくことにしましょう。

デッサンのレッスンに十分な時間をとる講座を選ぶ

絵の上達を目指すには、絵の土台となる対象物をよく観察する目を養うことが大切です。

そのためにも、デッサンのレッスンに十分な時間がとれるイラスト通信講座を選ぶことをおすすめします。

特に写実的な絵画制作を目指している場合には、デッサンのレッスンにより多くの時間を費やす必要があるのでデッサンに力を入れているイラスト通信講座を選ぶと良いでしょう。

デッサンは観察力を身につけながら対象物の形を捉えるスキルを磨くのに欠かせないレッスンなのでしっかり取り組むと良いでしょう。

幅広い道具を使用してレッスンできる講座を選ぶ

絵画は絵を描くための幅広い道具を通して描かれます。

近年ではCGソフトの普及でペンタブレットを使用して絵を描くことが増えてきました。

しかし、絵画は油絵の具や水彩絵の具などを使ってキャンバスに直接絵を描いていくので、絵に大胆さが生じることがあります。

アナログの絵の描き方を学ぶ必要があるので、幅広い絵の道具の使い方をマスターすることができるイラスト通信講座を選ぶと良いでしょう。

感性を高めるレッスンが含まれている講座を選ぶ

絵画を描く時には技術的なものを磨くことも大切ですが、作品の核となる感性を高める必要があります。

感性が磨けるレッスンが含まれているイラスト通信講座を選ぶことで、作品のアイディアにも大きな違いが生まれます。

感性が豊かになれば、ほかにはないユニークな作品が生まれる可能性が高まるでしょう。

イラスト通信講座で絵画を学ぶことのメリット

絵画を学びたい方は、近くに教室がない場合に遠方の教室まで通うことを迷っているかもしれません。

しかし、イラスト通信講座は絵画教室と違って、自宅で好きな時にレッスンできる点が特徴のひとつなので、自分のペースで絵画の描き方の基礎から応用までの習得を目指せます。

イラスト通信講座で絵画を学ぶことのメリットについて見ていくことにしましょう。

自宅で好きな時に絵画のレッスンをすることができる

社会人の方は仕事をしながら絵を学ぶことが多いので、忙しい時期には思うように絵画教室に通えないこともあります。

そんな時、イラスト通信講座なら、自宅で好きな時に絵画のレッスンをすることができるので、空き時間にコツコツと絵の上達が目指せます。

絵画の上達はレッスンの積み重ねが重要なポイントなので、時間を有効に使えるイラスト通信講座は絵画の上達を目指す方にとってメリットが多いのです。

幅広い描き方のレッスンで自分の作風を生み出せる

道具の使い方や絵の描き方を徹底して学ぶことで、自分の個性を作品に反映させることができます。

絵画の描き方が学べるイラスト通信講座は、幅広い絵の描き方が学べるので、レッスンを通して自分らしい表現方法を見つけることができるでしょう。

自分の作風が生まれるとイメージを形にしやすくなるので、絵を描くことの楽しさが増します。

プロの講師から絵画の上達に関する指導が受けられる

絵画の描き方が学べるイラスト通信講座は自宅でレッスンする方法ですが、提出した課題作品に対して講師から添削指導が受けられるのでレッスンを積み重ねるごとに絵の上達が目指せます。

きめ細やかなアドバイスによって、現在の絵のスキルのレベルを自分自身でチェックできるので納得がいく作品作りを目指せます。

絵画が学べるイラスト通信講座が向く人とは

絵画が学べるイラスト通信講座は自宅でリラックスした雰囲気の中でレッスンに集中できる点が大きな魅力です。

絵を学ぶために絵画教室に通うなどの方法もありますが、どんな方が絵画が学べるイラスト通信講座に向くのでしょうか。

自宅の側に絵画教室がない方

自宅の近くに絵画教室がない場合、わざわざ遠方にある絵画教室に通うのは交通費がかかる上に時間と手間がかかってしまいます。

その点、イラスト通信講座なら、時間や場所に関係なく自宅でいつでもレッスンできるのでおすすめです。

仕事で忙しい方や家事や育児で忙しい方でも、好きな時間帯にじっくりレッスンに取り組めるので絵画のスキル習得を目指せるでしょう。

マイペースに絵画のレッスンを続けたい人

絵画のスキルを磨きたい方の中には、周囲にたくさんの生徒さんがいる中でレッスンをするのは集中できなくて苦手という方がいるかもしれません。

そんな時、絵画が学べるイラスト通信講座なら自宅でマイペースにレッスンできるので、ほかの生徒さんと自分自身の絵の上達のスピードの違いに焦りを感じることなく、リラックスした気分で絵画の上達を目指せます。

まとめ

イラストと絵画には共通点もあれば異なる特徴もあります。

絵画を学ぶ場合には、幅広い道具の使い方を学びながらコツコツとレッスンを積み重ねることが大切です。

絵画を学びたいと思っても近くに絵画教室がないことがありますが、イラスト通信講座ならどこに住んでいても自宅で気軽にレッスンできるので絵画教室に通う手間が省けます。

マイペースなレッスンを通して自分の個性を生かした作品作りを目指してみましょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ