おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストの勉強法って色々あるけど通信講座での勉強って他方法に比べてメリットあり?

      2017/09/08

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CC2017対応版]

将来の夢はと聞かれて、イラストレイターと答える方も昨今少なくないことでしょう。

ネットは勿論、現実世界のポスターや本などにも、多くのイラストが使われています。

何時かはあんなイラストを描けるようになりたい、様々なイラストの仕事をしたいと夢が膨らむことでしょう。

その学び方の方法も今では、独学は勿論専門学校に通信講座と多種多様選ぶことが出来ます。

どれも一長一短ある勉強方法ですが、実は意外と通信講座がお役立ちなのです。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストを学ぶのにも方法は色々

何しろこの情報社会、イラストを学んでイラストレイターを志すにも、その勉強方法も様々です。

どれが効果的なのかは、その当人の性格とかも関係してきますので、正解と言うものはご自分で見つけるしかないかもしれません。

さてその勉強方法ですが、大別して3種ご紹介しましょう。

古くからのやり方だけど独自の絵柄を追求したい人に

少し前まではイラストを学ぶのも、独学だったり誰かプロの先生のアシスタントをしながら学ぶ、と言うのが一般的でした。

プロの先生のアシスタントでと言うのは、別に先生が何かを教えてくれるわけでなく所謂、技術を盗むと言ったやり方ですね。

盗むと言うの人聞きが悪いのですが、弟子になって先生の仕事を見ながらそこから学ぶと言うのは、古くからある技術の伝達方法ですので、決して悪い事ではありません。

これら、家で一人模写したりデッサンしたりしつつ勉強するのも、アシスタントとして勉強するのもどちらも、独学であると言っていいかもしれません。

自分だけの独自の絵を作って行くのには、この独学と言うやり方が効果的なのです。

ただ問題としては、その独自の絵柄が世間での需要に見合っているかどうかと言う事で、その結果デビューも中々根気のいる作業になります。

出版社への持ち込みとか、ネットでの売り込みやクラウドで仕事を見つけるなど、これまた一人で行うことになります。

他にはコンクールなどでの評価で、その後の仕事をゲットできることもありますが、根気が必要であることは言うまでもありません。

芸術家堅気の独立独歩気質の方でないと、中々今では難しい所です。

基礎から学びたい人の場合特にイラスト専門学校に通う方法も

専門学校も多種多様になりました昨今です。

勿論イラスト専門の学校も、かなりの数が用意されています。

こちらのメリットは何より、デッサンなどもしっかりと勉強出来ると言う事と、流行の絵柄などについてもしっかり情報を貰えると言う事です。

昼間のフルタイムの学校でしたら、その辺りの授業はしっかり組んであるはずですので、イラストレイターをして必要なことは、一通り学べることになります。

ただし時間的な問題もありますので、金銭的に余裕がない場合ちょっと難しくなることも事実です。

夜のバイトしつつ昼の学校と言うのは、どんな時代でもきついことに変わりはありません。

経済的に余裕のある、例えは悪いですが親のすねをまだかじれる世代や、仕事して資金を貯めてからの人で、きっちりと勉強したい方におすすめの方法です。

卒業後のサポートも、ある程度はしてくれますので、その辺りは安心できますね。

ただこの、学生である、と言う事に安心して胡坐をかいていると、気がついたら卒業だったと言う事にもなりますので、ある意味独学よりも自律が必要かもしれません。

時間が自由にならない人の場合イラストの通信講座を取る方法も

この通信講座、今ではネットでも出来るようになりましたので、かなり便利に勉強が出来ます。

普通の通信講座ですと、課題が送られてきてその課題を仕上げて学校に送り、その後添削と感想など貰うと言う、時間的にも結構面倒な作業が必要でした。

ネットでの通信講座ですと、リアルタイムでやり取りできると言うのがありがたいですね。

特にイラストの場合、課題を描くにも時間が必要ですし、その後のやり取りはスムースにやりたいと言う人が多いでしょう。

そういった方には、ネットの通信講座はかなりの高ポイントとなるでしょう。

特に、働きながら勉強したいと言う人には、自分のペースで勉強が出来ると言う点では、通信講座はありがたい所です。

ただある意味では、こちらも独学の延長線上にあるわけですので、自分のペースと言ってものんびりし放題では無く、しっかりと管理することが望まれます。

卒業時にはこちらも、ある程度のサポートをしてくれますので、独学に近い学習方法とは言え心強いのも事実ですね。

時間とお金が反比例してしまうと言う方に、おすすめの勉強法です。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

メリットデメリットを見てみると、意外と通信講座に軍配が

さてここで、簡単にメリットとデメリットを各勉強方法で見ていきましょう。

どれも最終的には自分の意志の固さや、目的意識の強さが必要になりますが、通信講座のメリットが意外と大きいのに気がつかれるでしょう。

独学やアシスタントで頑張る場合

自分との戦いになるやり方です。

誰も添削してくれませんし、自分のセンスだけが頼りになります。

完全に基礎からこの方法は、いささか難しいかもしれませんが、出来ないことではありません。

困難な道であるのは、言うまでもありません。

売り込み先の編集部とか、コンクールの成果などが他人の評価を貰える場所になります。

これらをクリアしてプロに慣れた場合は、達成感も非常に大きい事でしょう。

孤独な作業になることは、覚悟の上で独立独歩してみてください。

専門学校で基礎から学ぶ場合

基礎から学びたい場合は、専門学校に通うのが一番です。

基礎デッサンなど、モデルを使ってできるのが最も魅力的なところです。

またその場で先生のチェックがもらえるのも、高ポイントです。

ただ集団での勉強の場になりますので、自分に集中したい人には周囲が煩く感じられることもあります。

周囲になど振り回されることの無いほどに集中出来れば、ある意味一番よろしいのですが、それも難しい所ですね。

集団に埋没しないだけの個性が、必要になる学び方とも言えるでしょう。

前記2つの中間とも言える通信講座で学ぶ場合

通信講座と言うと、何となくいい加減に終わりそうだと言うイメージがありましたが、昨今の通信講座は一味違ってきました。

以前はそこそこの授業料を取って、資料を送ってきてその後の授業は適当と言う業者もいましたが、今ではそういったことも少なくなりました。

特にネットでの口コミを見れば、一目瞭然ですので残った学校はまず、きちんとしたところだけと言う事になりましたね。

独学ほど孤独にもならず、専門学校に通って集団に埋没することも無いので、自分のスケジュールやリズムに合わせて勉強して行けることになります。

デッサンのモデルなどは、自己調達するか模写で勉強することになりますが、それをプロが評価添削してくれると言う点で、独学よりもしっかりと学べます。

加えて独学と一線を画するのが、現在の流行の絵柄も取り入れて勉強出来ると言う事です。

自分の絵柄はしっかりと維持しつつ、流行への乗り遅れも回避できるのがありがたい所です。

またデビューの難しい独学に比べれば、卒業後のサポートもしてもらえますので、いい成績を取って評価を上げようと言う欲も沸いてきますね。

これが家での勉強の後押しになってくれることもまた、現金なようですが事実なのです。

そして家で、自分に集中しつつしっかりと課題がこなせると言うのも、周りに振り回されそうな人にとっては、魅力的でしょう。

まとめ

世界一わかりやすい Illustrator & Photoshop 操作とデザインの教科書 CC/CS6/CS5対応 (世界一わかりやすい教科書)

イラストを単に、仕事として考えるのではなく、自己表現として描いていきたい人の場合特に、流行だけに流されないと言うのは重要な課題になります。

かと言って、趣味では無くプロとして立つには、ある程度流行に沿った絵柄も把握しておきたいですね。

イラストの通信講座の場合、流され過ぎもせずかと言って、自分に閉じこもり過ぎも防げますので、少しの基礎がある人にはおすすめの勉強法になります。

ただし本当に勉強法と言うのは人によりですので、その辺りは取捨選択して行って頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ