おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストの専門学校に入りたいけどその前に!オープンキャンパスでどんな学校なのかも見ておきたい!

      2019/11/29

とことん解説! キャラクターの描き方入門教室 CLIP STUDIO PAINT PROではじめるデジタルイラストの基本イラストを趣味で描いていたけど、好きで描いていたけど、学生時代から得意だったけどその後忙しさに紛れて止めてしまった、そんな人も多いですね。

また、高校を出たらイラストを専門的に勉強して、憧れのイラストレイターになるんだと、決心している人も少なくありません。

そんな人達のためにあるのが、イラストの専門学校です。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストが好きで専門的に学びたいなら本来

絵を描くことが大好きで、将来はそちらの道に進みたいと思う人、また夢として諦めてしまったけど再びそれが再燃した人、なんとか夢を叶えたいですね。

絵を描くとなると、最も専門的に学ぶことが出来るのは、美大になります。

美術大学なら本当に、専門的な授業をしてくれますし、絵を描くことだけでなくその歴史や手法の移り変わりなどの授業も充実しています。

描くことだけにとどまらず、一般教養も豊かにしてくれる授業も豊富です。

しかし美大の場合、まず入学試験というものがあります。

完全な素人、絵を描いたこともないデッサンをしたこともない受験生は、よほどのことがない限りそこでふるい落とされてしまうのです。

すでにある程度学んだ人を中心に受け入れるというのが、美大の特徴です。

なので一旦入学すれば、切磋琢磨するのに非常に適した場となってくれます。

卒業時には学士にもなれますので、一般的にも認められやすいですね。

しかし問題は、門が狭すぎることです。

かなりそこまでに研鑽を積んでいないと、入学も出来ないという場所なのです。

イラストを描きたいというだけでは、なかなか入学あ難しいのは事実です。



おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストの専門学校なら入試に関しては

イラストの専門学校の場合も、入学試験は皆無、というわけにも行きません。

しかしこちらの場合は、その人のやる気を見るのが試験のメインですので、現在のデッサン力よりも未来の可能性を大事にしてくれます。

大学受験で必要な、一般教養の試験もないので、社会人でも入学しやすいのが大きなメリットです。

高校生ならともかく、社会人の場合一般教養の大学入試をクリアするのは、至難の業ですよね。

専門学校の入試の場合は、デッサンを提出とかその場で実技ということもありますが、面接で挽回も可能です。

将来性とやる気を見てくれるのが、専門学校の良いところですね。

ただ入学後は、本当に当人次第になってきます。

大学のように親切に後押しがありません。

ある意味大学よりももっとシビア、と言っていいでしょう。

専門でということはすなわち、卒業後の即戦力になることを目的としているのです。

そういった意味からすれば、当人のやる気で将来が決まっていく、本当に専門の名にふさわしい学風なのです。

イラストの専門学校が多すぎて

近頃では地方でも、イラストや漫画の専門学校が多くなりました。

またネットでの通信教育も、盛んに行われています。

昔のように、都会に出なくては勉強ができないということも、なくなってきました。

その分今度は、一体どの学校にすればよいのか迷ってしまう、と言う問題も出てきたのです。

事前に色々と学校を比較して、自分に合っている学風を選ぶのは勿論ですが、これが結構難しいです。

通信教育でなく全日制の場合、それなりに学費も入学金もかかりますので、最初の一歩を間違えないようにしたいですね。

特にまだ親がかりの、高校卒業後の専門学校入学の場合、親にも納得のできる学校でなくては許可がおりません。

そういった学校を探すのにも、時間をしっかりと掛けたいですね。

CMで見て格好良さそうだったから、何時も通る道にあって通いやすそう、等という軽い動機だけでなく自分の目的に合った専門学校を選びたいものです。

特にイラストの場合、アートに位置するものなので、自分の個性をしっかりと把握してそれを伸ばしてくれる学校を見つけるのがおすすめです。

でないと、せっかくの個性が消されてしまったりもしますので、用心してくださいね。

専門学校にもオープンキャンパスがあるので利用を

でも外から見ているだけでは、その学校の個性も、どういった機材を揃えてくれているかも、今一歩わかりません。

ここはオープンキャンパスを、利用しましょう。

オープンキャンパスってどういうもの

言葉の通り、学校を外部に開放して、入学を考えている人に学校をよく見てもらおうというイベントの1つです。

大学などでも近年盛んに行われるようになりました。

勿論専門学校でも行われています。

実際に構内に入ってみると、外から見ているのとは違った物が見えてきます。

またどういった専門的な機材を揃えているのか、学内のデジタル化はどの程度進んでいるのかなども、見ることが出来ます。

案内係がつくこともあるので、わからないことは質問もできますね。

その学校のサイトなどで、次のオープンキャンパスの日付など確認できます。

また参加申込もサイトでやっていますので、活用したいですね。

イラストなどのアート系の専門学校の場合

専門学校というものは、名前のとおり専門を絞っての学校ということになります。

大学のように一般教養に時間は割かず、技術やその専門に関する情報など中心に、手際よく教えてくれるのです。

イラストの専門学校もそういった学校の1つですので、授業に使う機材などが最新のものか、それもチェックしたいですね。

何しろデジタルでのイラスト制作は今では当たり前ですし、日々新しい技術も生まれています。

しかし反面、手で描くイラストに対しても、このところ注目が集まってきています。

写真かと思うような精密なイラスト、結構話題になっていますよね。

大別すると、アニメやゲームなどのイラスト関係の場合、デジタルでの仕事が多いです。

しかし反面、手描きの細かい作風のイラストもまた、需要があるのです。

自分がどちらをやりたいのか、どちら向きなのかも考えて、学内の空気や機材などをよく見ておいて下さい。

オープンキャンパスは体験でもあるので

このオープンキャンパス、本当に単に学内を見て歩くだけのものもありますが、イラストの専門学校の場合殆どが体験入学も兼ねています。

と言うよりも、体験入学イコールオープンキャンパスと言った感もあります。

この体験入学は非常におすすめなので、これはと思う学校があったら、オープンキャンパスの日時を確認して下さい。

実際の授業を学内で受けられるのですから、かなりその学校の授業方針がつかめます。

これをいくつかの専門学校で受けてみると、自分に合う合わないも判断が付きやすいのでおすすめです。

学生の作品の展示があったらよく見ておきたい

学生のイラストの作品が展示されていたら、画風をよく見ておくのも大事です。

というのも、自分の個性や画風とある程度通じる作品があれば、そういった方面を伸ばしてくれる講師がいる、ということになるからです。

細かいアート系のイラストを勉強したいのに、学内展示がデジタルの可愛いイラストばかりだとしたら、これはちょっと考え直す必要がありますね。

学生の作品の展示なんか見ても、特に面白くないと思ってしまうかもしれませんが、実はこうした学内の特徴を掴むのに最適なイベントなのです。

まとめ

専門学校はどの分野のものにしても、選択肢が結構多いので入学先を決めるのにそこそこ悩んだりもします。

イラストや漫画の専門学校も、特に都会では数が多く選択に悩みこむ人は多いはずです。

そんな風に迷った時には、オープンキャンパスに参加が最もおすすめです。

いつもの学校どおりとは行きませんが、学風やどういった方面のイラストが得意なのかは、掴むことが出来るのです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - イラスト専門学校