おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストを学ぶなら通信講座と独学どちらの方が良い?

   

イラストを学ぼうと思ったら、最初に浮かぶのは多くの場合専門学校へ通うことなのではないでしょうか?

しかし、専門学校へ通うことにはコストもかかります。

中にはそれができない人もいるでしょう。

コストをかけずに学ぶとしたらやはり独学か、あるいは通信講座で学ぶということです。

では、独学と通信講座どちらの方がイラストは上達するでしょうか?

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

独学のメリットは好きなイラストだけ描けること

独学でイラストを学ぶことのメリットは、好きなイラストだけを描いていくことが出来るということにあるでしょう。

好きなイラストだけ描いているのでも、イラストは十分に上達していきます。

というか、好きなイラストだけ描いている方が上達のスピードは速いと言えます。

ただ、描けるイラストが偏ってしまうという問題点が生じてくるだけです。

通信講座にせよ専門学校にせよ、やはりきちんとイラストを学ぼうとしたら、そこで基礎から学んでいきます。

ごくごく基礎的なデッサンなどから始めたりして、どういう風にしてイラストができていくのかということを、しっかりと学ぶのです。

それがあれば、たとえば自分が見たこともないものを描くときにも、頭の中を具現化して描くが出来るようになるでしょう。

しかし、そうやって学んでいくことにはすごく時間がかかります。

ですから、最初のうちは特に好きでもないイラストを描かないとならないし、特に成長も感じないことでしょう。

好きなイラストだけ描いていれば、それに近いイラストを描くことは簡単に出来るようになるはずです。

将来の目標次第

そもそもイラストを学ぶ目的がなんなのかということによって、どちらの方が良いかは変わってくることでしょう。

そもそものイラストを学ぶ目的が、ただ単に好きなイラストを気持ちよく描けるようになれれば良いということだったら、あえて通信講座を学ぶ必要はないでしょう。

基礎から学んで楽しくないだけだし、あまり成長する前に終わってしまう可能性もあります。

だからその場合は独学で学んだ方が良いでしょう。

しかし、もし将来的にイラストを描くことを仕事に出来たらよいなとか言う感情が少しでもあるのであれば、基礎を学ぶことはすごく大切なことです。

イラストを仕事にするなら、何でも描けないとなりません。

何でも描けないとならないのであれば、基礎はまず必要です。

そういうことがあるので、通信講座と独学どちらでイラストを学んだら良いかというのは、将来の目標によって変わってくると言えるでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

独学の場合は好きな教材で学べる

独学の場合は、好きな教材で学べるというメリットもあります。

イラストには様々な教材があります。

その中には言っていることが分かりやすい教材もあれば、言っていることが分かりづらい教材もあります。

さらにはイラストのレベルがある程度高い教材もあれば、まったくレベルが低い教材もあると言えるでしょう。

独学の場合は、その数ある選択肢の中から、自分にあったものを選んで使っていくことが出来るのです。

これがもし通信講座だったらどうなるでしょうか?

通信講座の場合は、通信講座で指定された教材を使うことになるでしょう。

だから言っていることがよく分からない可能性もありますし、いまいちレベルが低かったり、逆にレベルが高すぎてついていけないと感じたりすることもあるかもしれません。

もちろん通信講座のレベルは調べられるが…

もちろん通信講座のレベルは、ある程度は調べることが出来るでしょう。

しかし、ある程度レベルを調べることが出来ても、どんな教材を使っているのかというところまで調べるのはさすがに難しいと言わざるを得ません。

そんなわけですから、ある意味では博打的なところがあります。

その博打に出るのが怖い人は、独学で確実に自分にあった教材を選んで学んでいった方が良いでしょう。

通信講座の添削をしてもらえる

通信講座のメリットはなんといっても添削をしてもらえるという点です。

イラストの通信講座は、通信講座というだけあって、描いたイラストを見てもらって、それに対してのコメントを貰うという仕組みになっているところが多いです。

ということは、プロの目線でもっとどうしたら上手くなるのかという事をアドバイスしてもらえるでしょう。

そういうアドバイスは、独学ではまずもらうことができないはずです。

もちろん独学でも、たとえばネット上で後悔したりすれば不特定多数の人に見てもらうことは可能です。

でも、ネット上でもらう言葉は、時に辛辣な言葉であることもあります。

そうして辛辣な言葉ばかり貰っていたら、次第に心は折れていってしまうでしょう。

心が折れてしまったら、そこから先イラストを学びたいと思う気持ちはもうなくなってしまうかもしれません。

通信講座ならまずそうなることはありません。

通信講座なら分からない点も聞ける

ネット上では分からない事を聞く相手もいないでしょうが、通信講座なら分からない事を聞けます。

分からないことを分からないままにしていたら、イラストは上達しないでしょうが、分からない事をしっかりと解決していければ、その都度イラストが上達するでしょう。

なので、現時点で分からないことがたくさんあるという方には、独学で学んでいくよりも通信講座で学ぶ方がおすすめです。

もちろん独学でも見ていた教材に運よく分からないことの答えがでていたりすることもありますが、それは間違いなくレアケースでしょう。

意外と自分が知りたい答えというのは、ピンポイントでは出ていなかったりするのです。

通信講座なら半強制的にイラストが描ける

イラストの通信講座のメリットとして、半強制的にイラストが描けるということもあります。

独学の場合は、いつでも好きなタイミングでイラストを描けば良いことになります。

いつでも好きなタイミングでイラスト描けば良いということは、疲れていたりしたらやらなくなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。

現代人は、基本的にまずまず忙しい人種であると言えます。

仕事やらなんやらで、どうしても自由に使える時間があまりありません。

そうなるとついついサボってしまうのが人間なのです。

でも通信講座の場合は、描いて見せないとならないわけですから、疲れていてもやるはずです。

いうなればそれは学校の宿題のようなものです。

意思が弱い人には通信講座は最適

そういうことがあるので、意思が弱い人には通信講座は最適だと言えるでしょう。

普通の人でも疲れていたりしたらやらなくなることがあるのですから、意思が弱いと自覚している人は、疲れていたり忙しかったりしたら、まず間違いなくやらないことが多くなります。

そうして少しやらない時間が出来ると、そこからまたイラストを描く習慣をつけるのはすごく大変です。

そもそも意思が弱い人であればなおさらです。

自分でお金払って誰かからイラストを学ぶようにしないと、そうそう続けることは出来ないでしょう。

どんなに意思が弱くても、人には迷惑はかけたくないと思うものですし、いつまでにやらないとならないとなると、やるのです。

まとめ

イラストを学ぶには独学か通信講座のどちらが良いかということですが、結論おすすめできるのは通信講座だと言えるでしょう。

もちろん急いで好きなイラストだけ上手くなりたいのであれば独学でも良いのですが、どうせなら何でも描けるようになった方が良いですし、その他のメリットも大きいです。

だから、通信講座の方がおすすめと言えます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ