おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストを学べる『足利デザイン×ビューティ専門学校』の特色とは?

      2017/09/08

プロのイラストレーターを目指している方の中には、イラストを学べる専門学校へ通学してスキルアップをしてから、就職したいと考えているでしょう。

しかし、専門学校へ通学するには高額な学費を払う事になってしまいます。

そこで、おすすめしたいのが『足利デザイン×ビューティ専門学校』です。

この専門学校はイラストが学べる上に、学費を払いやすいシステムが用意されているので詳しく説明しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

足利デザイン×ビューティ専門学校の学科

足利デザイン×ビューティ専門学校には、イラストを教える学科『クリエィテイブデザイン科』があって、この学科には『イラストレーターコース』と『グラフィック・Webコース』があります。

それでは、この2つのコースでは、どのような事を学べるのか詳しく紹介しましょう。

イラストレーターコース

イラストレーターコースのある専門学校は多いのですが、この専門学校のイラストレーターコースには、ある大きな違いがあります。

それは生徒たちに『スピード』を求めている点です。

イラストは、アナログで紙に描くだけの時代から、パソコンを使用してCGのイラストも描ける時代に変化をしています。

さらに、クライアントの要望に決められた期間で応えなくてはいけません。

プロのイラストレーターはスピードに対応する必要があるので、このコースではスピードを重視しているのでしょう。

そして授業内容では、デッサンや色彩学のような基礎から学んでいき、パソコンを操作してCGのイラストも制作する方法なども習得する事が出来ます。

そのため、アナログとデジタルの両方でイラストを描けるようなイラストレーターを目指している方には、おすすめのコースです。

グラフィック・Webコース

グラフィック・Webコースは、雑誌広告/新聞広告/ポスター/パッケージデザイン/ロゴなど様々な分野で活躍出来るような能力が身に付くように、指導が行われています。

そのため、グラフィックデザイン実習やWebデザイン実習を学んでいく事になります。

さらに表現技法を学ぶ事によって、イラストの技術も習得する事が出来るので、デザイン業界で活躍出来るイラストレーターを目指したい方にはおすすめのコースです。

ただし、フリーランスのイラストレーターとして活躍する場合には、このコースで学んだデザインの知識が生かせない場合もあるので注意して下さい。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

学費を払いやすくするシステム

イラストを学べる足利デザイン×ビューティ専門学校では、生徒たちが学費や通学費を気にしないで、学業に集中出来るようなシステムを用意しています。

それでは、どのようなシステムの内容なのか詳しく紹介します(2017年3月時点)。

特待生

高校卒業見込みの方で、学校長もしくは進路指導部長の推薦を受けた方は条件付きで、特待生として入学する事が出来て学費を免除してもらえます。

その条件とは3年1学期または3年前期の時点で、学習評定が平均で3.2以上であり、欠席日数が30日以内でなければいけません。

そして特待生にはA/B/Cの3種類があって、その選考方法は学力試験(国語/数学/英語の中で、どれか1科目を選択)によって決められています。

A特待推薦生は84万円免除(学力試験で80点以上必要)/B特待推薦生は40万円免除(学力試験で70~79点必要)/C特待推薦生は10万円免除(学力試験で60~69点必要)となっています。

学費分割

学費を一括で払うのが困難な方におすすめなのが『学費分割制度』です。

この制度では、入学金や教材費を除いた1年間の学費を6回に分けて納入する事が出来る制度になります。

さらに2~6回まで決められる上に、納入時期も調整する事が出来るので、この専門学校へ入学したくても学費を一括で払えない場合は利用したほうが良いでしょう。

通学支援

足利デザイン×ビューティ専門学校は、栃木県足利市のJR『足利駅』の徒歩圏内に位置しています。

そのため、足利市に住んでいない方は通学しづらいので、この専門学校では通学支援をして通学費をサポートしています。

対象地区から通学する学生には、20カ月分の定期券代金を足利デザイン×ビューティ専門学校が負担してくれるのです。

その対象地区とは、JR高崎駅 – JR伊勢崎駅間/JR宇都宮駅 – JR小山駅間/JR小山駅 – JR佐野駅間/東武 越谷駅 – 東武 羽生駅間/上毛電鉄 中央前橋駅 – 上毛電鉄 西桐生駅間/東武 宇都宮駅 – 東武 栃木駅間などです。

そして、朝日バス 熊谷駅 – 太田駅間は、月々のバス代を半額まで足利デザイン×ビューティ専門学校が負担してくれます。

家賃支援

足利デザイン×ビューティ専門学校では、指定地域の自宅から通学する方に対して、家賃の半額を負担してくれます(上限20,000円)。

その対象地域とは栃木県が足利市/佐野市/旧岩舟町/旧大平町/旧藤岡町で、群馬県が館林市/太田市/桐生市/みどり市/伊勢崎市/邑楽町/大泉町/板倉町/明和町/千代田町で、埼玉県は羽生市/行田市/熊谷市などです。

足利デザイン×ビューティ専門学校の注目ポイント

足利デザイン×ビューティ専門学校では、生徒たちが息抜きを出来るような取り組みが行われているので、どのようなものがあるのか詳しく紹介しましょう。

海外研修

足利デザイン×ビューティ専門学校は『海外研修』が行われて、過去にはフランス(パリ)/イギリス(ロンドン)/アメリカ合衆国(ロサンゼルス)などへ研修に行きました。

この専門学校では、資格を取得するごとにポイントが決められており、そのポイントが一番高い生徒には驚くべき事に毎年海外研修へ無料で招待しているのです。

生徒は無料で海外研修出来るので、資格を取得する意欲もわいてくるでしょう。

このような取り組みは、他校ではあまり見られない事なので、足利デザイン×ビューティ専門学校の注目すべきポイントでしょう。

サークル活動

足利デザイン×ビューティ専門学校は、美容を学べる学科とイラストを学べる学科に分かれていますが、サークル活動では学科に関係なく自由に参加をする事が出来ます。

そのサークル活動の種類は、格闘技/音楽/スノボー・スケボー/シャンプー/サッカー・フットサル/バスケット/ダンス/ラーメン/イラストなどがあります。

イラストを学びに行く方であれば、イラストサークルへ参加するのが良いかもしれませんが、サークルでは体を動かして息抜きをするのも悪くはないでしょう。

就職活動をバックアップするシステム

足利デザイン×ビューティ専門学校では、就職活動をバックアップするシステムがあるので、どのような内容になっているのか説明します。

後援会企業

足利デザイン×ビューティ専門学校の発表によれば、この専門学校の後援会企業は5,200社もあるのです(2017年3月時点)。

この5,200社にも及ぶ企業から多くの求人票が、足利デザイン×ビューティ専門学校へ届きます。

そのため、この専門学校の生徒たちは希望する企業を見つけやすくなっているので、就職活動を有利に進める事が出来ます。

就職ガイダンス

専門学校の生徒の中には、初めて就職活動をする生徒もいるので、初めての体験で緊張をする方も出てくる事は十分に考えられます。

そのため、足利デザイン×ビューティ専門学校では『就職ガイダンス』を行なっており、生徒たちをサポートしています。

その内容は、就職模擬試験を行なったり、模擬面接で指導したりしています。

さらに就職手続きの方法や、求人票の見方まで指導してくれるので、その内容は多岐に渡っているのです。

この内容だけでも充実していますが、この専門学校では業種別の卒業生たちと懇談会を開いてくれるので、在学中からデザイン業界のことを詳しく知る事も出来るでしょう。

まとめ

足利デザイン×ビューティ専門学校は、イラストを学べるだけでなく、学費を払いやすくするシステムまで用意しています。

そのため経済的に余裕がない方でも、この専門学校へ入学する事が出来るでしょう。

ただし学費を一部免除してもらうには、ある条件をクリアしなければいけないので、誰でも免除してもらえる訳ではないので注意して下さい。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ