おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラストレーターになる方法を決めるコツは?独学と専門学校で迷ったときの4つの注目ポイント

   

イラストレーターになるための方法を大雑把に分けてしまうと、自分だけで猛勉強する方法と、専門学校で教えてもらう方法になります。

その2つで迷ってしまい、なかなか決められないときは、これから紹介するチェックポイントに注目してみましょう。

重要なポイントについて考えるようにすると、自分に合った方法がどちらなのか、自然とわかるようになります。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

明確な目的があるか

独学と専門学校で迷ったときは、まず自分の目的を見つめ直してみてください。

イラストレーターになることが揺るぎない目標になっているなら、専門学校に通うという選択肢はアリです。

しかし、他の選択肢もあるなら、イラストの専門学校にこだわる必要はありません。

そのため、進む道で迷ったときは、もう一度自分の気持ちと向き合うことが大切なのです。

ここで、「何を今さら」「そんなことは当たり前だ」と感じてしまった人も、あえてもう一度考えてみてください。

自分の気持ちが変わらないことを確認できれば、あとは迷わずに進むことができます。

イラストレーターにすべてをかけるのか

絵に関する仕事をしたいのであれば、イラストレーターの他にも、職業はいろいろとあるものです。

例えば、雑誌や広告で活躍するグラフィックデザイナーや、Webサイトをより使いやすくするWebデザイナーなども、絵を描くことが得意な人の目指す職業になります。

また、アニメの作画を行うアニメーターや、キャラクターのデザインを考えるキャラクターデザイナーもあります。

それらの仕事は、アニメ制作には欠かせないものであり、アニメが好きな人なら、視野に入れていたりするものです。

漫画家や絵本作家など、絵と一緒にストーリーまで考えるタイプの仕事もあります。

そうしたさまざまな選択肢がある中で、「イラストレーターになる」という気持ちがどこから湧いてきたものか、よく考えてみてください。

そうした思考を経てなお、決意が揺るがないようであれば、自力で学ぶより、専門学校に通うことをおすすめしますす。

しっかりと学校のサポートを受けることができれば、成功しやすくなるのです。

やりたいことを優先する

イラストレーター以外にも気になる仕事があるようなら、イラストの専門学校を選ぶのは、必ずしもよい方法ではありません。

その学校がイラストレーターだけに特化したところだと、他の可能性を潰してしまうことがあります。

イラストレーターだけにこだわらず、自分の気持ちに正直に行動したいのであれば、専門学校はそれほど重要な要素にはならないのです。

独学でもよいので、本当にやりたいことを優先するようにしましょう。



私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

うまくなるためのサポートが必要か

独学と専門学校の2択で迷っているなら、「学校のサポートが本当に必要か」ということもじっくり考えてみるべきです。

いろいろと助けてもらえるなら、特に問題はないようにも思えますが、場合によっては、「それほど通う意味はないな」と感じることもあります。

もしそうなら、専門学校にはあえて通わず、独学で勉強することを考えてみてください。

入れば必ずうまくなるわけではない

イラストの専門学校は、「通えば上達するところ」というイメージもありますが、必ずそうなるとは限らいので、注意してください。

学校に通っていても、それほど上手にならないことはあるものです。

それは、先述したようなイラストレーター以外の仕事に注目している場合、割とよくあるケースです。

イラストレーター1本に絞り切れていない状態で通った人は、それ以外のことも勉強するようになるため、いまいち上達しません。

デザイナーも絵に関する仕事ですが、イラストレーターとはやることが違います。

そのため、デザイナーの道も考えている人だと、イラストレーターを目指す人のようなうまさは、あまり身につかないことも多いのです。

また、向上心がない人だと、いくら通っても腕は上がりません。

ただなんとなく出席して課題をこなすだけでは、だんだん遅れていくことも多いのです。

そのため、うまくなるかどうかは、自分次第です。

常に上を目指す気持ちがあり、手を抜かずにコツコツ努力を続けている人なら、専門学校に通う意味はあります。

ある程度できる人は退屈に感じることも

イラストの専門学校は、まったくの初心者に向けた授業もあります。

そのため、すでにある程度のレベルに達している人は、「これはもういいんだけどな」といったもどかしさを感じることがあります。

初めての人でも丁寧に教えてもらえるのが専門学校のよいところですが、自分にとって必要のない内容までやる可能性がある点は、頭に入れておいてください。

それなりの腕がある人の場合、専門学校は「仕事のためのきっかけを作る場」と考えておきましょう。

イラストに関係する会社とつながりのある学校なら、チャンスが多くなります。

もしそうしたメリットが重要でない場合は、独学で進めていくのも、ひとつの方法です。

1人では難しいことが可能になる

すでにそこそこ上手な人は退屈に感じたとしても、まだまだレベルが低く、誰かに教えてもらうことに魅力を感じるのであれば、専門学校はぴったりなところです。

1人で悩んでいたのでは解決しないことでも、専門学校の先生に質問できれば、簡単にクリアできたりするものです。

また、友達と協力しながら勉強できる点も、独学にはないものです。

専門学校は、そうした環境のよさが大きなメリットになります。

それが自分にとって必要だと思うなら、ぜひ専門学校をチェックしておきましょう。

集めた情報を実践できるか

独学で勉強することを考えている人は、「本当にしっかり学べるか」ということをよく考えてみてください。

だれにも頼らず、1人だけで必要な知識や技術を身につけるのは、なかなか大変なことです。

専門家に教えてもらうことができないため、自力ですべてを解決しなければなりません。

その点に自信がないようなら、専門学校を選んだ方がよい場合もあるのです。

ネットで独学はしやすくなる

独学は楽な道ではないとはいえ、昔よりはだいぶハードルが下がっています。

今はインターネットがあるため、わからないことがあれば、自分ですぐに調べることができます。

それができなかった時代は、本などから情報を得るしかないため、かなり難易度が高かったのです。

ネットが使える環境なら、情報収集はそれほど難しい作業ではありません。

独学もぐっとやりやすくなるのです。

ただし、情報を得られるからといって、それを実践できるとは限らないので、油断は禁物です。

頭ではなんとなくわかっていても、実際にやってみるとうまくいかないことはあるものです。

独学を選ぶなら、その点もよく考えておきましょう。

ネットリテラシーがあるか

ネットリテラシーとは、ネットから得た情報を正しく利用する能力を指します。

例えば、必要な情報にきちんと辿り着けたり、情報をそのまま鵜呑みにせず、間違ったものを回避したりすることです。

そうしたことが上手にできないようでは、いくらネットがあっても、しっかり勉強することはできません。

独学は自分で情報を集めなければならないため、ネットリテラシーに不安がある場合は、とても難易度の高い方法になってしまうのです。

普段からネットで失敗することが多く、自分の能力に自信がない場合は、専門学校に通うことも検討していきましょう。

お金を用意できるか

専門学校には、せっかく入っても、途中でやめていく人がいます。

そのときに問題となっているのが、「通うお金がない」というものです。

専門学校に通うにはお金が必要なので、どうやっても払えないようなら、通い続けることはできません。

この点も、選ぶときは重要な判断材料になります。

自分のやりたいことを優先するのはよいことですが、現実に可能かどうか、冷静に考えてみてください。

まとめ

専門学校と独学で迷ったとしても、適当に決めて行動するのは、よくない方法です。

将来に影響する重要なことなので、迷ったからといって、勢いやノリだけで選ばないようにしてください。

選ぶときは、ここで紹介したようなポイントをよく考え、進むべき道をしっかりと見極めましょう。

それができていれば、あとで後悔することはなくなります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://nt-text.net/work/employ/
https://ima-color.net/2018/07/01/sc…
https://sadaji-note.com/art_school
https://www.riverkeei.net/irasutoum…
https://ch.nicovideo.jp/kiyosige/bl…
https://dic.nicovideo.jp/a/ネッ…
https://skima.jp/antenna/work/e-sig…

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ