おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

イラスト関連の『専門学校デジタルアーツ東京』の特色を紹介!

      2017/09/08

ペンタブ

イラストやアニメを描く方にとって憧れの街でもある池袋に立地しているのが『専門学校デジタルアーツ東京』です。

この専門学校は環境に恵まれているだけでなく、数多くの学科と連携することによって業界で活躍しやすいシステムを構築していたり、学生のうちに様々な経験を積む事が出来るような取り組みが行われたりしています。

それでは、この専門学校の環境や取り組みなどについて詳しく紹介しましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校デジタルアーツ東京の魅力

専門学校デジタルアーツ東京の魅力は何と言っても、恵まれた環境と複数の学科と連携したシステムです。

なぜ、この2つが魅力的なのか分かってもらうために、その魅力について詳しく説明しょう。

恵まれた環境

専門学校デジタルアーツ東京の周辺には『アニメイト池袋本店』や『ジュンク堂書店 池袋本店』などがあります。

アニメイト池袋本店は、アニメやイラストの商品が販売されているだけではなく、アニソンアーティストや声優さんのイベントを数多く行なっています。

そのため、このお店へ入店すれば作品を創作する意欲をかきたててくれる事でしょう。

ジュンク堂書店 池袋本店には、コミック・マンガ・同人誌などイラストやアニメに関係する書籍だけでなく、イラストを上手に描くものも多く販売されています。

複数の学科と連携

専門学校デジタルアーツ東京には6つの学科があって、この学科が連携する事によって作品制作されています。

例えば『イラスト・マンガ学科』と『フィギュア造形学科』が連携する事によって、オリジナルイラストからフィギュアへ立体化した作品が作られる事があります。

さらに『ゲーム学科』や『声優学科』に加えて『ノベルス・シナリオ学科』も連携する事によってゲーム作品を作る事も可能です。

現在のゲームには声優の声がゲームで再生される事もあるので、声優学科の生徒が参加する事によってリアルなゲームを作る事が出来るのです。

このように複数の学科が連携する事によって、卒業した後に、業界でスムーズに仕事をする事が出来るようになります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

専門学校デジタルアーツ東京の学科紹介

専門学校デジタルアーツ東京には、6つの学科がありますが、その中でもイラストに関係のある学科が『ゲーム学科』と『イラスト・マンガ学科』です。

イラストに関係のある学科について知りたい方のために、この2つの学科では、どのような授業が行われているのか説明しましょう。

ゲーム学科

ゲーム学科では、少人数制の授業が行われており、周りのレベルについていけなくて困ってしまう学生が出てこないような配慮がされています。

この学科ではゲーム業界同様にプロジェクトチームを結成して、実践的なカリキュラムを学んでいく事になります。

この学科には『ゲームキャラクターコース』と『ゲームプログラムコース』の2つがあって、イラスト制作に関係があるのはゲームキャラクターコースのほうです。

ゲームキャラクターコースでイラスト制作を学ぶ事が出来るので、イラスト制作を学びたい方はゲームキャラクターコースを選ぶようにしましょう。

ゲームキャラクターコースでは、キャラクターデザインを描くために専門技術を丁寧に指導しているので、キャラクターの顔・髪型・服装などを上手に描けるようになります。

ただし、生徒本人の努力次第でスキルアップ出来るかどうかが決まるので、講師に頼りすぎないで生徒本人が努力する事も重要です。

イラスト・マンガ学科

イラスト・マンガ学科では、プロの方が講師を務めているので短期間でスキルアップする事が可能です。

プロの講師が指導するので、講師から言われた通りの事をしなければいけないと思ってしまう方はいるかもしれませんが、この学科では生徒一人一人の個性を大事にしながら指導をしているので、心配する必要がありません。

そして、この学科にはイラストコース・キャラクターデザインコース・マンガコースの3つのコースが用意されています。

イラストコースでは、カタログやポスターに使用されるイラストを描けるように指導が行われているのです。

そのために、デッサンや画材の選択など基礎から学ぶんでいきます。

キャラクターデザインコースでは、思い通りのキャラクターを描けるように、基礎のデッサンからアナログとデジタル両方の作画技術を学ぶ事が出来ます。

そのため、このコースで学べば様々な画材を使いこなせるようになっているでしょう。

マンガコースでは、マンガ家を目指す方のためにストーリー・キャラクターの描き方・コマ割りなどを学ぶ事が出来ます。

マンガコースの行われている授業内容を考えれば、マンガも描けるイラストレーターになりたい方にはおすすめのコースと言えます。

専門学校デジタルアーツ東京の貴重な経験

専門学校デジタルアーツ東京では、一人でも多くの学生が業界で活躍出来るように、様々な取り組みが行われています。

それでは、この学校では、どのような取り組みが行われているのか詳しく説明しましょう。

数多くのセミナー

専門学校デジタルアーツ東京では、業界セミナー・キャラクターグッズ化コンペ・会社説明会など様々なセミナーが行われています。

学校の授業だけでは、業界でどのような仕事をするのかイメージが浮かばない方でも、セミナーに参加する事によって学生のうちに分かる事が出来ます。

このセミナーでは、ポートフォリオの作成方法を教えてもらえたり、キャラクターデザインコンペが開催されたりするので、学生にうちに貴重な経験を積む事が出来るでしょう。

数多くのイベント

専門学校デジタルアーツ東京では『東京マンガ・アニメカーニバルinとしま』や『デザインフェスタ』などのイベントが行われています。

実は東京都豊島区は、多彩なマンガ・アニメ文化が息づく地域で、マンガ・アニメに関係するイベントが行われているのです。

この東京マンガ・アニメカーニバルinとしまでは、数多くの有識者を招いてマンガ文化を発信してきました。

このイベントに参加すれば作品制作をする上で良い刺激になります。

そしてデザインフェスタでは、数多くの作品を見る事が出来るので、イラストを制作する上で良い見本になるはずです。

インターンシップ

専門学校デジタルアーツ東京の数多くのOBやOGたちが、業界では活躍を続けています。

そのため専門学校デジタルアーツ東京は業界から知られているので、インターンシップをする事が出来る企業が数多くあるので、学生のうちに業界で経験を積む事が可能です。

このインターンシップを利用すれば、希望している企業ではどのような仕事が行われているのか把握する事が可能です。

もしも、就職する前に希望している企業で、どのような流れで仕事をしているのか知りたい方はインターンシップを利用したほうが良いでしょう。

専門学校デジタルアーツ東京の入学サポート

専門学校デジタルアーツ東京では、学費を少しでも抑えたい方のために、入学サポート制度が用意されています。

この入学サポート制度には、推薦入学の学生には授業料をランクごとに免除する『特待生制度』や、自力進学を考えている方に経済的支援をしてくれる『奨学金制度』があるのです。

その他にも優れた作品を持ち込んでくれる方には『クリエイティブ優遇制度』が適用されて、初年度の授業料をランクごとに免除してくれる制度があります。

そして高校時代の活動・親族などで学費を優遇する『各種優遇制度』や、鶴ヶ谷幼稚園・鶴が丘幼稚園・こどもの国幼稚園のどれかを卒園している方には入学金を免除してくれる『卒園児支援制度』などが用意されているのです。

まとめ

専門学校デジタルアーツ東京は、池袋駅近くにあるので、ジュンク堂やアニメイトが徒歩圏内にあって、イラスト制作したい方にとっては恵まれた環境です。

この専門学校は複数の学科と連携する事によって、業界で仕事をしているような経験を積む事が出来るので、卒業した後に業界で即戦力になれる実力が身に付くようになります。

もしも、早い段階で即戦力として活躍したい方は、専門学校デジタルアーツ東京を検討してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ