おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

オンラインじゃダメ?プログラミングスクールに通学することのメリット4つ

   

プログラミングスクールには、通学タイプのスクールとオンラインタイプのスクールがあります。

オンラインにはオンラインならではの良さがあるものですが、実はこの二つのうちでは通学タイプの方がメリットが多いです。

そこでここではそんな、通学タイプのオンラインスクールのメリットを4つほど紹介していきたいと思います。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

わからないところを学びやすい環境になる

オンラインスクールでも、当然わからないところを質問することはできます。

でもオンラインの場合、なかなか質問しづらい環境ではあるのです。

そもそも講師と生徒の親密性も通学に比べると浅くなりますし、話の流れ的に質問しづらいです。

対して通学であれば、授業が終わった後に軽く質問することもできます。

そして当然、しっかり顔と顔を突き合わせているわけですから、親密性も高くなります。

だから、通学の方がわからないところの質問をしやすいんです。

通学では周りに教えてくれる人もいる

また通学の場合には、先生でなくとも周りに教えてくれる人がいます。

自分が一番レベルが高い場合には厳しいかもしれませんが、それでも自分がわからないところを周りの人は理解しているということがあっても全然おかしくはありません。

そもそも自分が一番レベルが高いということなんて、そうそう起こりません。

だから、周りの人に聞けば、しっかりとわからないところの答えを明確にすることができる可能性は高いです。

それは、オンラインのプログラミングスクールではまずできません。

オンラインの場合には、自分と先生の二人しかいないわけですから、先生以外に会話をできる人がいないのです。

その差は、地味に大きいんです。

わからないところを明確にしてこそ意味がある

プログラミングスクールに通うのであれば、わからないところを明確にしてこそ意味があります。

わからないところをわからないままにしておいてもレベルは上がりません。

また、わかるところだけわかればいいのであれば、たとえば独学で本などを読みながら勉強していても同じことになります。

せっかくプログラミングスクールに通うのですから、わからないところを明確にしないとダメなんです。

なので、よりプログラミングスクールを活かしやすいのが、通学タイプのプログラミングスクールだということになります。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

集中して勉強ができる

通学タイプのプログラミングスクールは、まさに勉強しに行くところになります。

対してオンラインタイプのプログラミングスクールはどこで勉強をするのかというと、それはやはり家です。

家でする勉強は、身が入らないことも多いです。

家には誘惑的なものが多いですから、それも仕方ありません。

でも、通学して教室にいけば、そこは勉強するためのところなのですから、当然集中もしやすい。

なので、同じ勉強であっても、効率が全然違ってくることがあるんです。

逆に家の方が集中できるという人もいる

ただこれに関しては、すべての人が通学タイプの方が集中できる、効率が良くなるというわけではありません。

だいたいの人が、そのほうが効率が良くなりますが、通学して人がたくさんいる環境だといまいち集中できないという方も中にはいます。

なので、普段より家で何かをすることに慣れている人、それで集中できている人には、このメリットはそこまで大きなものにはなりません。

ただ大多数の人は、通学タイプの方が集中しやすいことはたしかです。

強制的に勉強させられる

通学タイプのプログラミングスクールでは、通うスケジューリングが決まっています。

対してオンラインタイプのプログラミングスクールはどうなのかというと、逐一自分で予約をして日程を決めるというスタイルになっています。

空き時間をうまく利用して学べるというのが、オンラインでのプログラミングスクールのメリットになりますから、強制的に時間を決めたら意味がないんです。

でも、それがデメリットになることもあります。

自分で時間を決めるということは、それをする前にやる気を出さないといけません。

でもやっぱり、やる気が出ないことは誰にだってあります。

特にプログラミングの勉強は簡単ではありません。

難しいからこそ、ある程度心に余裕がないとやる気が出ないこともあるんです。

やる気が出ないと当然予約はできない。

だから、いつまでたっても全然勉強が進まないということも出てくるんです。

それに対して通学タイプのプログラミングスクールであれば、そうなることはありません。

通学タイプのプログラミングスクールであれば、スケジュールが決まっているわけですから、強制的に勉強させられます。

決まっているスケジュールを無視してまで行きたくないと思うことはそうそうないものです。

だから、スケジュールが決められていれば、モチベーションの有無に関係なく、しっかりと勉強できるんです。

それは、すごく大きいです。

余計な作業が一つ減るということ

モチベーションがなくても勉強していけるようになるんですから、それはつまり、一つ余計な作業が減るということになります。

オンラインで、モチベーションを高めないと勉強が進まないという場合には、まず最初にモチベーションを高めるという作業が必要になります。

たとえば将来なりたい自分の姿を想像してみたり、プログラマーとして成功している人の様子を調べたり。

でも、それはやっぱり時間の無駄になりますよね。

通学であればそれがいらないんです。

通学時間を自由時間にできる

通学タイプは、通学の時間が無駄になるといわれることも多いです。

でも、それはちょっと違います。

通学の時間は、自分の自由な時間として使用できるんです。

たとえばアプリでテレビを見るのも良し。

予習をしてからスクールに行くのも良し。

ただただだらだらSNSを見るのも良し。

どんな風に使っても自分の自由なんです。

たとえば家族がいる場合には、そんな自由な時間は家に帰るとありません。

疲れて帰ったとしても、家事を手伝ったり、子供と遊んだり、あるいはペットがいる場合にはペットと触れ合ったりしないとならないんです。

だから、家にいれば自由な時間があるのかと言ったら全くそんなことはありません。

逆に外で一人でいる方がはるかに時間は自由に使えるんです。

もし家族がいるのであれば、こうして通学タイプで自由な時間を持てるようになることは、すごく大きなメリットです。

家でストレスがたまりがちな人には、通学タイプはすごくおすすめできます。

一人暮らしの人にはデメリット

ただやっぱりこれは、完全に一人暮らしの人などにはデメリットになります。

完全に一人暮らしの人は、家に帰ろうが外にいようが、結局時間は自由に使うことができます。

それならば、家で寝転がりながら好きなことをしていたほうが、よりリラックス度は高くなるんです。

あえて外でリラックスする必要は全くありません。

歩く時間の分だけ、そのリラックスタイムが削られるだけになってしまいます。

家の環境によって、メリットになるかデメリットになるか分かれるのです。

まとめ

通学タイプのプログラミングスクールには、このように主に勉強のしやすさにおいて大きな利点があります。

それに加えてさらに、家族がいる人にとっては自由な時間を確保できるというメリットもありますから、通学タイプが選ばれるのもわかります。

もちろんオンラインでも悪いわけではないですが、基本的には通学タイプの方が幅広くおすすめできます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - プログラミングスクール