おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

オールインワン型液晶テレビのメリットとデメリットは何?

   

三菱電機 40V型フルハイビジョン 液晶テレビ HDD 500GB ブルーレイレコーダー搭載 REAL LCD-A40BHR7

液晶テレビの中に、「オールインワン型」があります。

ブルーレイレコーダーが内蔵されているような形のテレビで、購入を希望している人もいます。

でも「オールインワン型」液晶テレビには、メリットとデメリットがあるので、事前に理解しておく必要があります。

ここでは「オールインワン型」液晶テレビのメリットとデメリットについて、説明します。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

オールインワン型液晶テレビは手軽さが魅力

液晶テレビの中でも、「オールインワン型」に興味を持っている人がいます。

「オールインワン型」液晶テレビは、ブルーレイドライブやHDDが内蔵されている、一体型のテレビのことを言います。

具体的にどのようなメリットがあるのか、説明します。

ブルーレイドライブ内蔵でレコーダーがいらない

録画予約したり、ブルーレイやDVDなどを見る時は、様々な録画機能が必要になります。

液晶テレビで録画したい時は、「オールインワン型」の他に、HDD内蔵テレビや外付けHDD等を利用する方法があります。

中でも「オールインワン型」液晶テレビの特徴は、ブルーレイドライブやHDDを内蔵しているから、ブルーレイレコーダーが必要ないことです。

そのためブルーレイレコーダーを持っていない、というような人におすすめの液晶テレビです。

またブルーレイを見たいけど、別に購入せず、一体型で済ませたい、という人にもおすすめします。

リモコン操作や準備がとても楽

「オールインワン型」液晶テレビの魅力は、その手軽さです。

私も持っていたことがありますが、リモコンで簡単に番組予約やブルーレイ操作ができます。

ブルーレイレコーダーもリモコンがありますが、それより操作や準備が楽です。

また録画した番組を、手軽にブルーレイにダビングできるのも魅力です。

大事な番組をバックアップしておきたい時、とても便利でした。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

外観もすっきりしてスペースも確保しやすい

「オールインワン型」液晶テレビは他にも、外観をすっきり見せたり、スペースを確保しやすいのも魅力です。

具体的にそのメリットを説明します。

ブルーレイレコーダーを置くスペースを活用できる

「オールインワン型」液晶テレビは、ブルーレイドライブが内蔵されているので、レコーダーのスペースを確保する必要はありません。

そのためその分スペースを活用することができます。

私の場合、テレビ台の上にオールインワンテレビを置いていました。

テレビ台にはブルーレイレコーダーを置くスペースはありましたが、その場所に様々な物品を置くことができました。

DVD等を並べておけたので、とても便利でした。

外観をすっきり見せることができる

「オールインワン型」液晶テレビは、ブルーレイレコーダーがそのままついているような形ではありません。

年々機能がアップしている他に、外観も変わってきました。

見た目もそうですが、周囲もすっきり見せることができます。

液晶テレビを移動させたり引っ越しの時に便利

「オールインワン型」液晶テレビには、テレビを移動させる時も便利です。

具体的にそのメリットを説明します。

面倒な接続コードが少なくて済む

テレビをいったん設置すると、移動させる機会は少なくなります。

理由なくテレビを何度も移動させると、それだけ破損等のリスクが高まるので、できるだけ避けた方が良いです。

でも様々な事情で、移動させたいという時もあります。

「オールインワン型」液晶テレビは、前述したとおり、ブルーレイドライブやHDDが一体型になっています。

面倒な接続コードも少なくて済むので、移動させてあらたに設置する時も便利です。

自力で引っ越しする機会が多い人に便利

「オールインワン型」液晶テレビは、ブルーレイレコーダーと一体型になっているので、引っ越しの時も便利です。

引っ越しは業者に頼む人もいますが、中には自力で引っ越しを行う人もいます。

この場合、少しでも荷物が少ないと楽になります。

「オールインワン型」液晶テレビであれば、荷物も少なくて済みます。

また引っ越し先であらたにテレビを設置する必要はありますが、この時も手間が少し省けます。

自力で引っ越しをする機会が多い人に、おすすめの液晶テレビです。

故障しやすい面や価格が高めの場合もある

様々なメリットがある「オールインワン型」液晶テレビですが、デメリットもあります。

ここでは「オールインワン型」液晶テレビのデメリットについて説明します。

一体型なので故障しやすい面もある

「オールインワン型」液晶テレビは、前述したとおり、ブルーレイドライブ等が搭載されています。

そのため他の液晶テレビより、どうしても故障しやすい面があります。

でも家電量販店の店員から、現在の「オールインワン型」液晶テレビは、以前より機能もアップして、故障もしにくくなったと説明を受けました。

手入れをしっかりするなど、上手に使っていけば、長持ちさせることは可能です。

他の液晶テレビより価格が少し高めの場合もある

「オールインワン型」液晶テレビの価格は、他の液晶テレビより、価格は少し高めです。

でも画面の大きさやメーカーによって、価格は様々です。

また液晶テレビとブルーレイレコーダーを分けて購入する場合、レコーダーの代金が別途かかります。

ブルーレイレコーダーの価格も、ピンからキリまであります。

そのため「オールインワン型」液晶テレビの方が高いと、一概に言えない場合もあります。

よく検討して購入することが大切です。

三菱液晶テレビA-BHR9シリーズ

「オールインワン型」液晶テレビは、以前より減ってきましたが、魅力ある商品もあります。

ここでおすすめの「オールインワン型」液晶テレビを紹介します。

「三菱液晶テレビA-BHR9シリーズ」の液晶テレビです。

その魅力に迫っていきます。

録画機能も充実しながら映像も綺麗

三菱電機 40V型フルハイビジョン 液晶テレビ HDD 500GB ブルーレイレコーダー搭載 REAL LCD-A40BHR7

「三菱液晶テレビA-BHR9シリーズ」は、「オールインワン型」液晶テレビなので、ブルーレイを手軽に見ることができます。

2番組を同時に録画できたり、高速ダビングができるなど、録画機能も充実しています。

ブルーレイディスクを入れる場所は、前なので分かりやすくて便利です。

また一体型というだけでなく、映像がとても綺麗という魅力もあります。

音がとても良いので、迫力のあるテレビを楽しめます。

リモコンでテレビを見やすい角度に、変えることもできます。

手軽にブルーレイ操作を楽しみながら、映像や音にこだわりたい、というような人におすすめの液晶テレビです。

2つのテレビのサイズから選べる

「三菱液晶テレビA-BHR9シリーズ」は、「40V型」と「32V型」のサイズから選べます。

部屋のスペースや好みに合わせることができます。

壁掛けはできませんが、シンプルですっきりした形でテレビを置くことができます。

「40V型」のサイズは、結構画面が大きいので、さらに迫力のあるテレビを楽しむことができます。

インターネットに接続して楽しめる

「三菱液晶テレビA-BHR9シリーズ」は、ブルーレイドライブ内蔵という他に、様々な機能が充実しています。

インターネットにも接続可能なので、大きな画面で楽しむことができます。

また「アクトビラ」や「TSUTAYATV」にも対応しているので、とても便利です。

まとめ

「オールインワン型」の液晶テレビは、手軽さが魅力です。

ブルーレイドライブやHDDが内蔵されているので、リモコン操作や準備も楽です。

またスペースを確保しやすく、移動させたい時も便利です。

「オールインワン型」は、最近少なくなってきましたが、「三菱液晶テレビBHR9シリーズ」はおすすめの液晶テレビです。

購入する前に、様々な魅力を理解しておくと便利です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ