おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

オールインワン型液晶テレビの故障防止方法はどんなこと?

   

シャープ 40型  液晶 テレビ AQUOS LC-40R30-B ブルーレイ内蔵HDD搭載 ブラック系

「オールインワン型」液晶テレビは、ブルーレイドライブが内蔵されたテレビです。

以前より性能はアップしましたが、他の液晶テレビより故障しやすい面もあります。

でも普段から正しい使い方を心がけたり、手入れをしっかりすれば、故障予防になり、長く使っていけます。

ここでは「オールインワン型」液晶テレビの故障を防止する方法について、説明します。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

オールインワン型液晶テレビもホコリの除去が大切

「オールインワン型」液晶テレビは、一体型なのでとても便利です。

一方で以前より長持ちするようになりましたが、他の液晶テレビより、故障しやすい面があります。

故障を防ぐために、どのような手入れをしていけば良いか、説明します。

ディスクトレイの部分にもほこりがたまりやすい

「オールインワン型」も他の液晶テレビと同様、ほこりがつきやすい面があります。

そのため画面の前や後ろをしっかり見て、ほこりを除去することが大切です。

またブルーレイレコーダーと一体型になっているので、その部分の手入れも重要になります。

「オールインワン型」液晶テレビは、前面や横についている、ディスクトレイを開くボタンを押して、ディスクを入れます。

この部分は意外とほこりがたまりやすいので、注意が必要です。

ディスクトレイのほこりを乾いた布で優しくふく

「オールインワン型」液晶テレビの、ディスクトレイ部分のほこりは、乾いた布でこまめに除去することが重要です。

またこの部分は、非常にデリケートなので、破損しやすくなっています。

そのため優しくふき取るようにします。

この部分にほこりがたまっていると、ブルーレイディスクを入れても、映像にノイズが入ったり、読み込まないことがあります。

また故障の原因になることもあるので、手入れはしっかり行っていくことが大切です。

ブルーレイやDVDディスクもクリーニングする

またブルーレイやDVDを見る時、ディスク自体にほこりが付着しているケースもあります。

ディスクにほこりがついたまま、無理にディスクトレイに入れてしまうと、この部分も汚れやすくなります。

この場合も故障しやすくなります。

そのためディスクもしっかりクリーニングしておくことが大切です。

ブルーレイやDVDをレンタルする場合、一緒にクリーニングできる場所もあるので、利用すると便利です。

私が絶対おすすめする液晶テレビランキングはこちら

スポンサーリンク

ブルーレイディスク等は入れっぱなしにしない

ブルーレイやDVDディスクを入れっぱなしにする人がいます。

これが続くと、どんなことが起こりやすいのか、説明します。

ディスクの入れっぱなしは故障の原因になることも

「オールインワン型」液晶テレビを購入したら、ブルーレイやDVDなどを見る機会が増えます。

でもブルーレイを見た後、ディスクを入れっぱなしにするのは、よくあることです。

見終わってから、後日もう一度見たいような時、ディスクをそのまま入れておくと手間がかかりません。

でもこれは故障の原因になりやすいので、避けた方が良いです。

次回見る時までディスクを取り出しておく

私も「オールイワン型」液晶テレビを持っていたことがありますが、よくディスクを入れっぱなしにしていたことがあります。

たまにではなく、何度も行っていました。

私は気に入った映画やドラマを見終わった後、何度も繰り返して見ることがあるので、都合が良かったからです。

一方で不具合が生じることも多く、結局あまり長持ちさせることはできませんでした。

一体型なので、入れっぱなしにする機会が多すぎると、壊れやすいと実感しています。

掃除も少しさぼっていたため、これだけが原因とは言えません。

でも故障を避けるため、ブルーレイを見終わったら次回まで、できるだけ取り出しておくことが大切です。

不具合が生じている場合は無理に使用しない

「オールインワン型」液晶テレビでも、不具合が生じることがあります。

不具合が生じた時の注意点を、しっかり理解しておくことが大切です。

ディスクトレイの部分に不具合が生じやすい

「オールインワン型」液晶テレビの不具合は、ディスクトレイの部分に起こりやすいです。

ディスクトレイが突然開かなくなったり、ブルーレイやDVDディスクが取り出せないなど、様々なトラブルが起こることがあります。

不具合が起きると焦ってしまいがちですが、冷静に判断することが大切です。

まずは原因を把握することが大切

「オールイワン型」液晶テレビに不具合が生じたら、まずは原因の把握に努めることが大切です。

焦らずテレビ本体や説明書をしっかり確認します。

何か不具合が生じたら、無理に使わないようにすることが重要です。

無理にディスクを入れると取り出せなくなることも

私もディスクトレイに不具合がよく生じていたのに、無理にディスクを入れてしまい、取り出せなくなったことがあります。

幸い自分のディスクだったので良かったですが、レンタルしたディスクの場合は大変です。

原因を把握できず、不具合がよく生じる場合は、修理を検討することが大切です。

必要な時だけディスクの出し入れをする

「オールインワン型」液晶テレビでは、その他にも注意点があります。

しっかり理解して使うことが大切です。

むやみやたらにディスクの出し入れをしない

現在販売されている液晶テレビの性能は、かなりアップしています。

何か理由がない限り、ディスクの出し入れを多少行っても壊れません。

でもディスクの入れっぱなしも良くないですが、むやみやたらにディスクの出し入れをするのは避けるべきです。

不必要なことをできるだけ避けて故障予防

ブルーレイやDVDなどを見る時や、掃除の時以外は、ディスクトレイを何度も開かないことが大切です。

ディスクトレイは、ディスクを読み取る部分なので、とてもデリケートです。

またどんな電気機器にも言えることですが、使用回数が多くなると、それだけ寿命が短くなっていきます。

そのためできるだけ不必要なことを少なくして、故障の予防につなげることも必要です。

シャープAQUOSLC-40R30

シャープ 40型  液晶 テレビ AQUOS LC-40R30-B ブルーレイ内蔵HDD搭載 ブラック系

ここで「シャープAQUOSLC-40R30」の液晶テレビを紹介します。

「オールインワン型」の液晶テレビです。

その魅力について説明します。

前面ディスクでリモコンも押しやすく分かりやすい

「シャープのAQUOS」は、液晶テレビの中でも人気があります。

中でも「AQUOSLC-40R30」は、「オールインワン型」なので、手軽さが魅力です。

テレビの前面にディスクトレイがあり、リモコンも押しやすくて、ボタンも分かりやすいです。

簡単で分かりやすい「オールインワン型」液晶テレビを使いたいというような人に、おすすめの製品です。

映像や音も美しく様々な機能も搭載

「シャープAQUOSLC-40R30」は、美しい映像を楽しむことができます。

前向きのスピーカーがついているため、音も迫力があります。

スポーツなどを見ると、とても迫力感があります。

また好きな番組を、ブルーレイディスクにダビングすることができます。

ダビングを開始する時間も決められるという、嬉しい機能もあります。

大切に使っていけば、故障せず長く使っていけます。

さらに様々なインターネットの動画なども、楽しむことができます。

まとめ

「オールインワン型」は、他の液晶テレビと同様、ほこりがつきやすいです。

特にディスクトレイの部分にほこりが付着すると、様々な不具合が生じることがあります。

そのためこの部分もしっかり手入れをすることが重要です。

ディスクの入れっぱなしなどにも、注意が必要です。

「オールインワン型」液晶テレビが故障する原因を理解しておき、上手に使っていくことが大切です。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶テレビ