おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ゲームをするための液晶モニタはどう選ぶ?注目したい4つのポイント

   

LG モニター ディスプレイ 27MP38VQ-B 27インチ/フルHD/IPS 非光沢/HDMI端子付/ブルーライト低減機能

液晶モニタは、ゲームをするためには重要な商品です。

どのような液晶モニタを使うかで、ゲームの際の快適さは違ってきます。

しかし、商品を選ぶときは、何となく探していると失敗してしまうので、いくつかのポイントを意識しておくことが大切です。

ここでは、ゲーム用の液晶モニタを選ぶときのポイントについて、詳しく説明していきます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

ゲームに役立つポイント

ゲームのための液晶モニタを選ぶなら、液晶モニタならではの性能に注目してみましょう。

液晶モニタには、通常のテレビにはない特徴を備えた、よりゲーム向きの商品があります。

テレビの場合も、商品によってはゲームモードを選択できたりますが、そうした商品は多くはありません。

普通の家庭にあるテレビでは、ゲームのための性能が十分でないため、不満を感じてしまうこともあるのです。

一方、液晶モニタの場合は、ゲームをすることを想定して、そのための性能がしっかり備わっているものが多く出ています。

したがって、ゲーム用の液晶モニタを選ぶなら、「ゲームに役立つ性能があるか」という点を重視して考えましょう。

表示遅延とリフレッシュレート

ゲームのために液晶モニタを選ぶ際は、表示遅延とリフレッシュレートのふたつに注目してください。

表示遅延とは、簡単にいえば、コントローラーと実際の反応のズレになります。

コントローラーで確実に操作していても、実際の画面の中の動きは、少し遅れている状態のことです。

そのため、表示遅延の大きい商品でゲームをしていると、自分の操作と表示される動きが噛み合わず、余計なストレスを感じることになります。

普通のテレビの場合、ゲームモードを備えた一部の商品以外は、この表示遅延の対策が十分でないことが多く、快適に遊ぶことができません。

しかし、ゲーム用に特化した液晶モニタなら、表示遅延を小さく抑えた商品がほとんどであり、ストレスの心配はなくなります。

そして、リフレッシュレートとは、1秒の間に画面を書き換える回数を表した値のことです。

リフレッシュレートが60Hzの商品であれば、1秒で60回の書き換えが可能ということであり、この値が大きい商品は、より美しい映像を表示することができます。

これも、ゲーム用の液晶モニタによくある優れた性能なので、なるべく大きい値の商品を選びましょう。

PCでゲームをする場合、スペックが低くなければ、144Hzの商品を選んでおくと、きれいな映像でゲームを楽しむことができます。

おすすめ液晶モニタ・ディスプレイランキングはこちら

スポンサーリンク

CS機のための選び方

ゲームといっても、CS機とPCでは、必要な性能は異なります。

PS4などのCS機を主に使う場合は、それに適した選び方をしなければなりません。

CS機でまず注意しておきたいのは、液晶モニタとの接続になります。

現在は、接続にHDMIを使うのが一般的であり、CS機で遊ぶための液晶モニタなら、HDMI端子は必須です。

ほとんどの商品にはきちんと備わっていますが、極端に安いものを選んだりすると、稀についていないこともあるので、注意が必要になります。

予算の関係で安さを重視する場合は、HDMI端子があるかどうか、必ず確認するようにしてください。

また、複数のCS機を使う場合は、HDMI端子が2個以上あると便利です。

1個しかないと、別のCS機で遊びたいときは、いちいち抜き差しすることになります。

この作業自体は特に大変なものではありませんが、頻繁に切り替えるようだと、だんだん煩わしく感じてくるものです。

複数のCS機を使うことがわかっているなら、HDMI端子の数もチェックして、なるべく使いやすいものを選んでおきましょう。

リフレッシュレートは60で

遊ぶのがCS機だけの場合、液晶モニタのリフレッシュレートは、低めでも問題はありません。

なぜなら、CS機のフレームレートは、60が上限になっているからです。

フレームレートとは、1秒間に出力されるフレーム数のことであり、上限が60なら、書き換え回数もそれ以上は必要ありません。

つまり、CS機で遊ぶなら、リフレッシュレートが60Hzでも144Hzでも、あまり関係ないのです。

PCでゲームをする予定がない人は、60Hzの液晶モニタでも、十分に遊ぶことができます。

PCのための選び方

PCの場合、接続端子の種類は、CS機と違って複数あります。

HDMIの他にもDVIやdisplay portなどがあり、どれにするか迷ってしまうこともありますが、映像の美しさを追求したいなら、display portがおすすめです。

display portの性能はとても高く、高い解像度と高いリフレッシュレートに対応できるため、映像にこだわりたい人には最も適しています。

これを使うにはPC側の接続端子もチェックしておく必要がありますが、もし使用できるようなら、display portを備えた商品にしておけば、映像の美しさや迫力を存分に堪能することができるのです。

ただし、CS機とPCの両方でゲームをしたい場合は、display portだけでなく、HDMIもついていることを確認してください。

CS機は基本的にHDMI接続なので、PCの方にばかり注目していると、失敗してしまうことがあります。

FPSなら144Hz

PCでゲームをするなら、CS機の場合と違って、リフレッシュレートはなるべく高い方がおすすめです。

特にFPSのゲームを楽しむなら、144Hzの商品を選んでおくと、とても快適に遊ぶことができます。

FPSはアクション性の高いゲームですが、もしリフレッシュレートが低かった場合は、カクカクとしたぎこちない動きになってしまうことが多いのです。

そうなると、相手の動きも捉えづらくなり、快適に遊ぶことができません。

しかし、144Hzの液晶モニタがあれば、ヌルヌルとした滑らかな動きになり、余計なストレスを感じることなくスムーズにゲームができるのです。

あまりアクションのないゲームなら問題はありませんが、動きが重要になるゲームをプレイするなら、かならずリフレッシュレートを確認しておきましょう。

大きさに注意

ここまでは、液晶モニタの性能に関する説明をしてきましたが、選び方で重要なのは、それだけではありません。

液晶モニタのサイズも、忘れずにチェックしておきましょう。

例えば、FPSで遠くの敵を撃つ場合、画面が小さいと見えにくくなってしまい、正確に当てることができません。

しかし、画面が大きければ、それだけ標的も大きく表示されるため、遊びやすくなるのです。

このように、遊ぶゲームによっては、できるだけ大きい画面が必要になる場合があるので、選ぶときは、サイズもしっかり考慮しておきましょう。

ただし、そのためには、場所に合わせることも大切です。

むやみに大きいものを選んでも、置く場所がなければ遊べないので、場所もあらかじめ確認しておいてください。

予算に合わせよう

サイズについて検討するときは、値段にも注意しておきましょう。

一般的に、大きいサイズの液晶モニタは、それに合わせて値段も高くなっているものです。

遊びやすさを考えれば、なるべく大きいサイズが欲しくなるところですが、予算が少ないなら、ある程度は妥協することも必要になります。

つまり、大きさを見て選ぶといっても、ひとつの要素だけで決めるべきではないということです。

サイズ、場所、値段など、複数の要素を総合して、最も適した商品を探しましょう。

まとめ

液晶モニタでゲームを楽しむなら、普通に映画などを見る場合とは、少し違った選び方をしなければなりません。

ゲームに適した商品を選ばなければ、気持ちよく遊ぶことはできないのです。

そして、ゲームにぴったりの液晶モニタを選ぶなら、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

必要なポイントを押さえて慎重に検討にすれば、最適な商品が見つかります。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 液晶モニタ