おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ショートカットを使ってIllustratorを快適に使う

      2017/09/08

Photoshop & Illustrator ショートカットキーハンディブック

デザイナーがチラシやロゴマークなど、様々な作品を作るのに使用されるアプリケーションで代表的なものといえばIllustratorではないかと思われます。

様々な機能が備わっており、何かをデザインし形にするためには必要不可欠です。

そしてそのIllustratorを更に効率よく使用することができるのがショートカットです。

今回はIllustratorのショートカットについて書かせていただきます。

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

ショートカットの基本

一番最初に覚えておきたいショートカット

Illustratorを使っていると必ず行われる作業がいくつかあると思います。

例えば、作品が完成したときだったり、途中で一時的にその状態を保ちたいときなどは保存の作業が行われます。

また、作業しているときに間違えてしまった、一つ前の状態に戻したいなどといった場合はそれを一つ前の状態に戻す作業で戻したりします。

その際、皆さんはどのようにして対処しているでしょうか。

私が前に勤めていた職場で、Illustratorに慣れていないという人がいましたが、その人はマウスでメニューバーからメニューを選択して「保存」や「取り消し」の対処をしていました。

しかしいつもそんな風に作業している姿を見ていると、それでは手間がかかり何より面倒になってくるのではないかと感じていました。

パソコンで作業をする方ならご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、実はアプリケーションにはそれぞれ対応したメニューにショートカットが設定されています。

ショートカットを使えば、「保存」や「取り消し」だけでなくコピーやペーストなど制作に必要不可欠な作業も手間をかけず簡単にささっと終えることができるのです。

ショートカットを覚えることで、時間と労力の短縮に繋げることができるので、作業を始める前にまずは頻繁に使うメニューのショートカットを覚え、少しでも作業に適した状態にするのが良いと思います。

・保存コマンド+S
・取り消しコマンド+Z
・カットコマンド+X
・コピーコマンド+C
・ペーストコマンド+V

手間を減らすためのショートカット

頻繁に使うメニューには、そこから枝分かれをして機能が少し変化したメニューが各種存在しています。

また、そのメニューにもひとつひとつショートカットが設定されており、これらを使いこなすことができればより手間を省き時間を短縮することが可能になるのでたいへん便利になります。

例えば、コピーしたオブジェクトを貼り付ける「ペースト」にも様々な形式があり、ペーストするオブジェクトの順番や場所を考えたときにそれぞれ設定されたショートカットを適切に使用することができれば、あとから重ね順を入れ替えたり場所を移動させたりする手間をぐっと省き次の作業に移ることができます。

また、これらのショートカットはキーの配列が近いのでそれも一緒に覚えておくと、ショートカットを使うときだけでなく文字を入力するときにも役立ちますのでおすすめです。

・コピーしたオブジェクトを前面へペーストコマンド+F
・コピーしたオブジェクトを後面へペーストコマンド+B
・コピーしたオブジェクトを同じ位置にペーストシフト+コマンド+V
・別名で保存シフト+コマンド+S
・複製を保存オルト+コマンド+S
・やり直しシフト+コマンド+Z

おすすめ液タブ・板タブ製品ランキングはこちら

スポンサーリンク

覚えて便利なツールバーのショートカット

作業範囲を自在にする

制作作業を進めていくうちに、真っ白で何も無かったアートボード内は徐々にたくさんのオブジェクトや文字にあふれてくるかと思います。

デザインによっては細かいレース素材のようなものを描く作業だったり、または看板のように大きな物を作ったりと、内容も様々になってくるのではないでしょうか。

そしてどんなデザインでも修正が入ればいかに複雑な箇所でも作業をしなければならなかったり、少し離れている箇所に修正が入ってきたりと拡大や縮小、または移動する必要でてくることがあるのではないでしょうか。

通常のA4サイズのチラシでもあまりにも細かい修正だと全体を表示したままでは修正をするのは難しいし、修正箇所が多少離れた場所にあったりするときスクロールバーを使って移動するのは少々面倒になることもあると思います。

Illustratorなら、場所移動や拡大・縮小するのに便利なツールも備わっているのでそれを使ってさっと移動させたり、作業に適した拡大・縮小のサイズで修正作業が的確でスムーズに行うことができるのであっという間に終えることができます。

そんな便利ツールにもそれぞれショートカットが設定されており、これらを使えば煩わしさを解消し大変便利に制作作業を進めることができますので、こちらもぜひ覚えておくことをおすすめします。

・手のひらツールスペースキー
・拡大コマンド+スペースキー
・縮小コマンド+オルト+スペースキー

要素を作るツールを素早く使う

デザインには丸や四角、直線や曲線、ときには文字や画像など様々な形式の要素が含まれていて、それらが組み合わさることで一つの形になっています。

それらを作るためにはそれに合わせたツールを使用し、様々な図形や線を描いたり、画像を配置して文字も書いたりすることになり、使うツールもそれに合わせて変えなくてはなりません。

しかし丸や四角を描くために使用する「楕円形ツール」や「長方形ツール」など、図形を描くツールはツールバーの同じ場所に設定されており、マウスで選択するとツールのアイコンを長押ししてそこから使いたいものを選んで……という手順を踏まなければならず、そこがすでに手間のかかる作業になっていたりします。

しかし、それらもショートカットを使えばすぐにツールを選択することができスムーズに描画することができます。

マウスで選ばなくても、対応しているショートカットを覚え使いこなせばたくさんの作業にも対応していくことができるのでぜひ覚えてください。

・長方形ツールM
・楕円形ツールL
・自由変形ツールE
・文字ツールT
・画像を配置シフト+コマンド+E
・選択ツールV
・ダイレクト選択ツールA
・グループ選択ツールシフト+A

変形も効果もショートカットで手間を短縮

制作するデザインによっては、作ったオブジェクトをそのまま使って完成させるということは少ないのではないでしょうか。

おおよそそこから様々な形に変えたり、複数のものを組み合わせたり、または場所を移動させたりしてデザインを完成に近づけ、さらには特殊な効果をかけたりすることで質を上げていることかと思います。

そしてそれらの変形や効果を複数のオブジェクトに同様に適用する場合ももしかしたらあるかもしれません。

その場合、同じ行程を一から行うことになったとして、数が少なく対応しきれるならまだいいですが10や20といった数になるとなかなか大変な作業になると思います。

そんなときもショートカットを使えばすぐに変形や効果に対応することができ、時間も手間も大幅に短縮することができます。

大変便利なおすすめのショートカットの一部ですのでこちらもぜひセットで覚えてみてください。

・変形の繰り返しコマンド+D※移動した場合にも適用される
・前回の効果を適用コマンド+E

制作の強い味方になるツールのショートカット

これまでにあげたショートカットの他にも、使ってみると便利なツールや、慣れ始めるとすごく役に立つツールにもそれぞれショートカットは設定されています。

例えば、オブジェクトの線やアンカーポイントに合わせて一時的にガイドに似たサポートをしてくれる「スマートガイド」にもショートカットが設定されていますし、デザインを線のみで表示し状態を正確に把握し確認することができる「アウトライン」にも設定されています。

これらのように、実際デザインに組み込まれることがないけれど制作するうえで欠かすことのできない便利なツールにもショートカットは設定されており、使うのに慣れることができればより正確に制作作業を進めることができると思いますのでおすすめです。

・スマートガイドコマンド+U
・アウトライン表示コマンド+Y
・定規を表示コマンド+R

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回あげたショートカットは本当に基礎中の基礎という、Illustratorを使っている人ならば知っていて当然ではないかというものばかりでしたが、これができたらもっと特殊なショートカットも使いこなせるようになるのではないでしょうか。

それらを使いこなせれば、Illustratorでの作業は時間が短縮できるし何より楽しく作業が進められるかと思います。

時間があれば、作業を始める前に一度すべてのショートカットを確認し、ぜひたくさんのすばらしい作品を生み出すために役立てていただきたいです。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - デジ絵ソフトウエア