おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

ジュエリーデザイナーになるのならばジュエリーのデザイン専門学校が近道

   

貴金属や宝石を使って装飾品をデザインする人をジュエリーデザイナーと呼びます。

ジュエリーデザイナーは一見華やかな仕事ですが、深い専門的な知識と技術、そしてセンスがなければなりません。

ジュエリーデザイナーに憧れるのならば、専門学校に通って学ぶのが近道です。

ジュエリーのデザインが学べる専門学校について知っておきましょう。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジュエリーデザイナーについて

ジュエリーデザイナーとは貴金属や宝石を使って作るアクセサリーのデザインをする仕事です。

ファッション業界において、無くてはならない存在です。

一見華やかな世界ですが、ジュエリーデザイナーになるためにはさまざまな深い知識やセンスが必要です。

作る人は別にいます

ジュエリーデザイナーはあくまで、ジュエリーのデザインをする人のことをさします。

実際にデザインを見て、その通りに作る人をクラフトマンと呼びます。

アクセサリーはクラフトマンとジュエリーデザイナーの二人三脚で作られているのです。

しかし、中には1人でデザインをして作る人もいます。

私が絶対おすすめするイラスト・アニメ専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジュエリーデザイナーになるためには

ジュエリーデザイナーになるための方法は1つではありませんが、1番の近道はジュエリーのデザインが学べる専門学校に通うことです。

卒業したからといってすぐに確実にジュエリーデザイナーとして身を立てることが約束されるわけではありませんが、専門学校で学んだ知識を生かしてチャンスをつかむことが出きるかもしれません。

ジュエリーのデザインの専門学校を卒業した後の進路

ジュエリーのデザインの専門学校を卒業したからといって確実にジュエリーデザイナーになれるとは限りませんが、宝飾メーカーやアパレルメーカーなどに就職をすることで、道は開かれやすくなります。

最初は希望の部署で働けないこともあります。

ジュエリーのデザインも自分の好みのものではなく、売れるものを考えなければならないことも多いです。

しかし、信頼や実績を積み重ねることで、自分の納得できる仕事に関われるようになっていくでしょう。

工房を構える人もいます

ジュエリーデザイナーの中にはメーカーや会社に就職をするのではなく、独立して自分の工房を構えている人もいます。

ただし、いきなりデザインの専門学校を卒業のあと、工房を構えるのではなく、何年か修行を積んでからです。

オリジナルブランドを作る人もいます。

このような立場になれば、自分のセンスややりたいことをかなり発揮することができるでしょう。

在宅で仕事をする人もいます

ジュエリーデザイナーの中には在宅で仕事をしている人もいます。

主婦業の傍らにやっていたり、副業として行っていたりする人もいますが、中にはそこらへんのサラリーマンよりも稼いでいる人もいます。

ジュエリーのデザインが学べる専門学校について

ジュエリーのデザインだけに特化した専門学校はそれほどおおくはありません。

デザインの専門学校のコースの1つとして設けられていることが多いです。

とくに服飾系や美術系の専門学校にはジュエリーのデザインコースが設けられていることが多いでしょう。

2年制であることが多いですが、稀に、1年制のところもあります。

社会人向けのジュエリーデザインの専門学校もあります

専門学校は若い10代、20代の人だけのものではありません。

社会人向けのコースも設けられている専門学校も多いです。

社会人として働きながら、ジュエリーデザインについて学び、キャリアアップしたい人にはとてもおすすめです。

授業が夜間にあったり、週末にあったり、インターネット上で授業を受けたり課題を提出したりしてあまり通学しなくて良かったりなど、本業と両立しやすいカリキュラムになっていることが多いです。

ジュエリーのデザインの専門学校で学ぶべきこと

一見華やかなジュエリーデザイナーですが、宝石を綺麗に見えるように並べるだけの仕事ではありません。

アクセサリーを作るためには宝石や貴金属などの素材に関する深い知識を持っていなければなりません。

また、デザイン力も必要です。

色彩センスや流行を取り入れる力も大切です。

アクセサリーというのはそれだけではファッションとして存在できません。

むしろ、ファッションの主役ではなく、引き立てるために存在をします。

さらに、彫金や宝飾などのテクニックや知識です。

ジュエリーデザイナー自身は基本的にアクセサリーを作りません。

しかし、実際には作れないようなデザインをしても意味がありません。

ジュエリーのデザイナーの専門学校で取得するべき資格

ジュエリーのデザイナーの専門学校でただ授業を受けるだけでなく、資格の取得も目指しましょう。

専門学校では資格の取得を推奨し、サポートはしてくれますが、実際に勉強して取得するためには本人の努力が必要です。

ジュエリーコーディネーターや貴金属装身具制作技能士、宝石鑑定士、宝石鑑別士などの資格を有していると、就職の際にとても有利です。

ジュエリーデザイナーの専門学校の授業料について

ジュエリーデザイナーの専門学校の授業料については残念ながら安くはありません。

教材費が高いからです。

コンテストに出品するとなると出品料もかかってきます。

まだ、働いていない未成年で、家族の了解が得にくいのならば、一旦別の仕事をして、お金を貯め、社会人コースで学ぶのも1つの選択士です。

ジュエリーやアクセサリーの需要は人類史上、途切れたことがありません。

焦る必要はありません。

ジュエリーデザイナーの専門学校が気になるのならば

ジュエリーのデザインの専門学校について興味があるのならば、まずは資料を取り寄せてみるのがおすすめです。

ホームページや広告だけでは分からない、細かなカリキュラムや費用について知ることが出来ます。

ただ1人で悩んだり、憧れていたりするだけでは何も変わりません。

また、ジュエリーのデザインの専門学校は定期的に学校説明会やオープンキャンパス、見学会などを行っています。

ぜひ、参加してみましょう。

できれば3校以上に行ってみましょう

ジェリーデザインの専門学校はたくさんあります。

とくに、首都圏には多いです。

出来ることならば3校以上の資料を取り寄せ、実際に学校に行ってみることをおすすめします。

1つの専門学校しか見ないと、その専門学校の良いところも悪いところも見えてきません。

複数の専門学校を見ることで、同じジュエリーのデザインが学べる専門学校とはいっても違いがあるのだなということが分かってきます。

通学路、学費、カリキュラム、卒業後の進路、学校の雰囲気などを比較して、自分にあった専門学校を決めるようにしましょう。

比較対象は多ければいいと言うものではありません

複数の専門学校を比較することはいいことですが、比較対象が多ければ多い程良いというわけではありません。

あまりにも多くの学校を比べると、混乱してしまうからです。

絶対に譲れないというポイントをピックアップして、その中から選択をするのが良いでしょう。

まとめ

ジュエリーデザイナーに憧れるのならば、まずはジュエリーのデザインを学ぶことのできる専門学校に行くのが近道です。

ジュエリーデザインに特化した専門学校は少ないですが、美術系や服飾系のデザイン専門学校にはコースがあることが多いです。

ジュエリーデザイナーになるためにはさまざまな深い知識が必要です。

華やかなだけの世界ではありません。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ