おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

スキマ時間を有効に使える!動画視聴タイプのイラスト通信講座はこんな人におすすめ

   

学生としてじっくりイラストを学びたい方の中には、専門学校で学ぶことを選択する方がいるかもしれません。

しかし、社会人として働きながらイラストを学ぶのはレッスン時間を確保するだけでも大変な場合があります。

イラスト通信講座なら自宅でマイペースに学ぶことができますが、中でも動画視聴のイラスト通信講座はスキマ時間を使って学べるので社会人の方に最適です。

ここでは、動画視聴タイプのイラスト通信講座がどんな人に向いているのか見ていくことにしましょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

イラストの基礎をすでに学び終わっている

イラストの学校を卒業したがブランクがある

高校や大学などでイラストの基礎を学んでいる方の中には、卒業後にそのままイラストを描く仕事をしている方もいれば、まったく違う職種に就いている方がいるかもしれません。

イラストの学校を卒業してある程度の期間まったくイラストを描いていない時期があったとしても、イラストの基礎を学び終わっているので、新たにイラストについて学びたくなったら応用的技術を学ぶと良いでしょう。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は、タブレットやスマートフォンがあればイラストの応用的スキルを磨けるのでイラストの基礎を学び終わっている方におすすめです。

初級の講座でイラストを学んだ後スキルアップしたい

イラスト通信講座の中には、初級・中級・上級と講座ごとにステップアップできる内容のものがあります。

初級の講座でイラストを学んだ後で中級の講座を受講するには受講料を準備する必要がありますが、動画視聴タイプのイラスト通信講座はテキストなどを使わないので受講料がリーズナブルです。

できるだけ受講料を抑えながらイラストのスキルアップを目指したい時には、動画視聴タイプのイラスト通信講座がおすすめです。

趣味でイラストを学んだ後プロを目指したくなった

趣味としてイラスト通信講座で学び終わった方の中には、イラストを描く楽しさを知ったことで本格的にプロを目指したくなる方がいるかもしれません。

そんな時、幅広いイラストの表現方法が学べる動画視聴タイプのイラスト通信講座なら、必要な科目を好きなだけ選択して集中的に学べるので便利です。

プロの講師がイラストを描くプロセスを動画の中で丁寧に教えてくれて、目で見て分かりやすいので技術の習得を目指しやすいでしょう。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

プロのイラストレーターとして仕事をしている

デジタルのイラスト技術を取り入れる必要がある

現代はイラスト原稿をデータ化することが多いので、デジタルのイラスト技術を仕事に取り入れる必要に迫られることがあるでしょう。

アナログで描いたイラストをデータ化すると色が原画と微妙に違ってくることがありますが、はじめからペンタブレットを使ってイラストが描ければ鮮明なイラストを納品できる上に、データのやりとりがスムーズになるのでおすすめです。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は、ソフトの使い方を集中的に学べて手軽にデジタルのスキルアップが目指せるのでプロの方におすすめです。

表現力を高めてイラストの仕事の幅を広げたい

プロのイラストレーターの方は、仕事の依頼内容によってイラストのタッチを変える必要があります。

表現力を高めることで、様々な仕事の依頼に対応できるようになるので仕事の実績を積み重ねることができるでしょう。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は幅広い種類の科目があるので、数種類の科目を同時に受講してプロとしての表現力を高めるのに役立ちます。

本格的にイラストのスキルアップをしたくても時間がない

プロのイラストレーターの方の中には、常に仕事を抱えていて本格的にスキルアップしたくてもイラストの学校に通う時間がまったくとれない方もいます。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は動画を繰り返し視聴するだけのレッスンなので、忙しいプロの方でも無理なく学べます。

第一線で活躍するプロの講師から動画を通してイラストが学べるので良い刺激となるでしょう。

仕事依頼に沿って新しい技術が必要となった

プロのイラストレーターは、これまでの仕事が高く評価されて大きな仕事を任されることがあります。

しかし、まったく手掛けたことのない依頼内容の場合、新しいイラストの技術が必要になることもあります。

目の前の仕事をこなしながらイラスト学校に通うのは時間的に無理がありますが、動画視聴タイプのイラスト通信講座なら、必要な技術だけを集中的に学べてレッスンそのものに時間がかからないのでプロの方におすすめです。

毎日忙しくてイラストのレッスン時間が持てない

帰宅時間が不規則でレッスンできない日がある

イラスト通信講座は自宅で好きな時間に学べる点が大きなメリットですが、イラストを学びたくても仕事が忙しく帰宅時間が不規則でレッスンする時間を思うようにとれないことがあります。

そんな時でも、動画視聴タイプのイラスト通信講座なら毎日持ち歩くスマートフォンさえあれば場所を選ばず利用できるので、帰宅してからレッスンしなくても職場の休憩時間を使って気軽にイラストが学べます。

テキストを持ち運ぶ必要もなく、1回のレッスン時間が短いのでイラストのレッスンが長続きしやすいのです。

家事や育児などでスキマ時間しか作れない

イラストが描けるようになれば自分で年賀状やメッセージカードを作成できるようになるので、日常の楽しみが増えます。

家事や育児などで忙しくスキマ時間しか作れない方であっても、動画視聴タイプのイラスト通信講座ならスマートフォン片手に手軽にイラストのレッスンができるので、用事がひと段落した時などに集中的なレッスンが可能です。

1回のレッスン時間が短いのでスキマ時間を使って学びたい方におすすめです。

職場が遠く通勤に時間をとられてレッスンできない

職場が遠く通勤に時間をとられてしまう方は、イラスト学校のように決められた日時に教室に通うのは難しい場合があります。

そんな時でも、動画視聴タイプのイラスト通信講座なら通勤時間を効率良く使ってイラストのレッスンができます。

電車やバスで移動している最中に、スマートフォンを通して動画を再生してレッスンするだけの簡単さなので、レッスンを続ける習慣をうまく身につけることができるでしょう。

幅広いイラストの分野に興味がある

アナログとデジタルのイラストのスキルを学びたい

アナログとデジタルのイラストのスキルを同時に学ぶには受講料がかかることもあります。

しかし、動画視聴タイプのイラスト通信講座なら、科目ごとに受講して必要な事柄だけを選んで学ぶことができるので受講料を抑えることができます。

イラストの基礎を身につけている場合には、動画視聴タイプのレッスンをうまく活用することでアナログとデジタルのイラストのスキルアップを目指すことができます。

イラストとデザインをどちらも学びたい

パンフレットやチラシなどを作成したい時にはデザインの基礎とセンスが必要となりますが、イラストを使用することもあります。

イラストとデザインの両方のスキルがあれば、イメージ通りの作品作りができるのでよりクリエイティブに活動することができます。

動画視聴タイプのイラスト通信講座は幅広い科目の中から好きなものを選んで受講できるので、イラストとデザインを併せて学ぶことができます。

まとめ

イラスト通信講座は自宅で好きな時間にレッスンできるところが魅力ですが、忙しい方の場合テキストを広げてレッスンする時間すらないことがあります。

その点、動画視聴タイプのイラスト通信講座はスマートフォンがあればどこでもレッスンできるので、スキマ時間を使って効率良くイラストが学べます。

また、必要な内容を選んで学べるので目的に合わせてスキルアップを目指せます。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ