おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

スマフォだけでは足りない?タブレット端末とどのように併用できるか?

   

スマフォの時代ですが、PCもタブレット端末もあります。

という方は増えてきています。

ところが、そのどの機種もそれぞれ独立で使用していて、それぞれをコラボレートできずに使用している方が多くおられます。

もちろん、使用するメーカーを統一すればそれに越したことはありませんが、それでもその潜在的なキャパを使いきれていないのが現状です。

それにAndroidのタブレット端末とiPhoneを持っています。

というケースもあるのではないでしょうか?

そこで、どのように上手に併用できるか検証してみました。

それにおすすめのタブレット端末もご紹介します!

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

スマフォとタブレット端末を上手に併用できないとどのような弊害があるのか?

今、多くの方がこの媒体に関してスマフォからスタートするという方がほとんどではないでしょうか。

どの機種もですが、スマフォを使用するには何らかのOSに登録して、その登録されたメールを元に様々なアプリケーションをダウンロードしたりできます。

これのおかげで、ネットオークションでものを買ったり出品したりできます。

さらに、ネットによる買い物は多くあってスマフォを使用するから簡単に購入できるというメリットがあります。

ネットの買い物にはアマゾン、楽天、メルカリ、ヤフオクなど多くあってこの分野での競争は激しいものです。

しかも、スマフォの普及率により、多くの方がショッピングはネットで済ませるという方も多くおられます。

また同じようにタブレット端末でも買い物をするという方も多くおられます。

タブレット端末のメリットはその画面の大きさに伴い操作性が良いというメリットがあります。

そこで、大切なのが登録されたのと同じメルアドそして、パスワードを使用する事です。

しかし、ここで興味深いのが、そのどちらも忘れてしまうパターンです。

そうなると、もう一度登録のために新たなメルアドを作ってパスワードも用意することや、人によってはメルアドを幾つか持っているので、そのいずれかを使用する場合もあります。

別の問題は、今まではスマフォで楽天のみを使っていたけど、メルカリの方が自分には合っているからタブレット端末ではメルカリを使用するようになるというパターンです。

そのような状況で、スマフォでメルカリのショッピングを試みようとしてダウンロードしたけどパスワードを忘れてしまったというパターンです。

このいずれの問題も本人が少し、時間をとってパスワードを取り直すか作り直すかすれば済む問題ですが、社会的な傾向として面倒な手続きは避ける傾向にあります。

そこでもういいや!

となってどんどんと登録するものが統一されないような問題があります。

OSが異なることによる問題もある!

さらにこの分野で問題となっているのがスマフォはiPhoneだけど、タブレット端末はAndroidという場合です。

こうなると別個でメルアドとパスワードが必要となるパターンです。

そして、あまりこの点に詳しくない方はアプリケーションを手に入れた時にそれぞれ別のメルアドで登録してしまう場合があります。

実は、ダウンロードさえすれば登録されるメルアドは同じものを扱えば良いのですが、それができない場合もあります。

もちろん、そのようなケースは稀ではありますが、別々のものとして考えられるのかもしれません。

そして、アンドロイドとアップル製品を別々で持つことによってメールアドレスをより多く持つようになり、いずれ幾つかのアドレスを使わなくなってしまい、いざ必要とされる時に思い出すのに苦労することもあります。

さらに、クラウド関係もあまりにも多くあるので同じような問題を抱えます。

Google Drive, iCloud, One Driveなど数多くあって求められるメールアドレスもそれぞれの会社で使用されているメールアドレスを使用しなければいけません。

このように、情報が交錯しすぎて混乱される場合もあって、この複雑化が主な問題となっています。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

よくあるタブレット端末とスマフォのコンビAndroidとiOSはどう上手く併用できるか

では、どうすれば二つの端末を上手に活用できるのでしょうか?

もちろん、一番良いのはiPhoneとiPadを使う事、そしてラプトップはMacを使用する事が一番ですが、ご存じのとおり、すべてを揃えると値段は相当なものです。

そこで、いずれかの端末はアンドロイドのものにするのが妥協策といえるかもしれません。

ここで、おすすめしたいのがiPhoneとiPadの組み合わせですが、それが高いからという場合は、どちらかをアンドロイド系にする事です。

一般に、iPadは高いので、タブレット端末はアンドロイド系にすると良いかもしれません。

では、この異国の文化をどのように上手にコラボレートできるのでしょうか?

1.まず、持つべきメールアドレスを極力少なくする。

その為に使用するクラウドを一本化するのも一つの手です。

そうなると、iPhoneはiCloudですが、クラウドはgoogleのGmailにするのは妥当といえます。

Gmailはアンドロイドアプリを手に入れるのに必要な個人情報なので、必須であるといえます。

2.基本、ダウンロード後のアプリを使うときには登録するメルアドを一つにしておくこれは、本人の意識の問題で、仕事用のメルアドはiCloudにしてアプリで使用する、アマゾン、楽天、メルカリなどで登録するのはGmailにするというような考え方です。

このようにグループ化することではっきりとラインがあるので忘れるという事は少なくなります。

3.メルアド、LINE、Whatsappなどはすべて一本化するどの端末(タブレット端末、スマフォ)にも同じ電話番号やメールアドレスのSNSアプリなどを登録しておきましょう。

これで、共有化が可能です。

このためにはまず、最初の登録の際に忘れずにダウンロードと登録をしておくことが重要です。

そして、この点でおすすめ方法としてタブレット端末にはメルアドのみにしてLINE(スマフォだけにする)は入れないなど分けておくことも混乱を避けるための別な方法です。

大切なのは結局、持ち主が勉強する事

このように、混乱を避けるための方法を簡単にいくつか提案しましたが、結局のところ大切なのは持ち主がいい加減にメルアドやパスワードを登録しないようにすることです。

テクノロジーに疎い方はこの点で挑戦となるはずです。

だからと言って時間を取って勉強することもできない場合はあることでしょう。

そこで、信頼できる息子や娘に教えてもらう事、あるいはこの分野に詳しい方からの助けを借りることは重要です。

それでも、このすべては金銭に関係するようなことなので慎重にしておく必要があります。

だからこそ絶対に信頼できる人に登録方法やパスワードの記録方法を教えてもらうようにしましょう。

そして、パスワードだけは誰にも教えない、伝えないというのは鉄則です!

これは忘れそうなら大切なノートに記入しておきましょう。

上手に併用するためにもおすすめできるタブレット端末とは?

では、ここで先ほどおすすめしたのがスマフォはiPhoneですが、タブレット端末はアンドロイド系にするというコンビネーションです。

これが良い理由は、iPhoneはやはり操作性などを考慮すると簡単で、良く使用するスマフォには適しているという点です。

そして、iPadはどうしても値段が安くはありません。

それに、安くても古いタイプのiPadを購入するとアプリケーションが豊富なiOSだと昔のiPadでは対応できないというような問題も出てきます。

もちろんアンドロイドも同じことが言えますが、アンドロイドは比較的融通性が効くというメリットもあります。

では、スマフォと併用しても比較的使いやすい、値段がリーズナブルなおすすめタブレット端末を簡単にご紹介します!

ファーウェイMEDIAPADT2PLE701L

こちらは、使用感がスマフォを使用しているかのような操作性の良さがあるタブレット端末です。

また、おすすめできる別の理由は、読書に向いている点でブルーライトカットにできるモードが備わっています。

これによって比較的容易にリーディングができますし画面も大きいので、ショッピングのためにも好都合なタブレット端末です。

ASUSZENPAD8Z830KL

こちらは軽量でありながらタブレット本来の大画面を維持している有用なタブレット端末です。

カメラの性能も高く800万画素での撮影が可能でネットオークションで出品するときにも有効な機能が付いています。

いつも持ち歩くのにも適したタブレット端末なのでスマフォとタブレット端末を持ち歩きたいという方におすすめできます。

ソニーXpediaタブレットZSGP312JP-B

ソニーのXpediaといえばその音の質の高さが売りで、タブレット端末でありながら音楽をソニー的な高音質を楽しむことができます。

さらに、このタブレット端末の別の利点は防水機能が施されている点です。

どこでも持ち運べる、キッチンにも職場でもオッケーなおすすめタブレット端末です。

まとめ

スマフォとタブレット端末を上手に活用できるのなら仕事やショッピングそれに趣味にも有効活用が可能です。

あらゆる分野でクオリティーが高くなる可能性を秘めているからこそ、どちらも上手に活用し併用したいものです。

いずれにしてもすべては一夜で手に入れることが可能とは限りません。

操作性の簡易がより求められている時代ですが、持ち主自身もある程度勉強することは重要なのがわかります。

ある程度の知識と経験を積んでタブレット端末も上手に活用して、すべてのクオリティーを上げていきましょう!

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末