おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

センスを生かした仕事がしたい!パッケージデザインが学べるデザイン専門学校の選び方

   

幅広い種類のデザインの仕事の中でも、パッケージデザインは商業的な要素を含みながらも高いデザインセンスが求められる仕事です。

最終的に立体的なデザインに仕上げるので作品を作るまでに緻密な作業が必要となります。

パッケージデザインの知識や技術を身につけたい場合には、デザイン専門学校で基礎や応用をしっかり学ぶのがおすすめです。

ここでは、パッケージデザインが学べるデザイン専門学校の選び方をご紹介したいと思います。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

パッケージデザインの仕事の魅力とは

自分がデザインしたパッケージが店頭に並ぶ

パッケージデザインの仕事の魅力は、自分がデザインしたパッケージの商品が店頭に並ぶことです。

店頭に並ぶ期間が長い定番商品のパッケージデザインを担当することで、身近な場所にあるスーパーやコンビニなどで自分が手掛けた商品を頻繁に目にすることもあります。

広告など限られた場所でしか目にすることがないデザインと違って、パッケージデザインはより身近なデザインという点で大きな魅力があるのです。

時を越えて同じパッケージが使われることがある

デザインの世界は時代の流れによって使用されるデザインの移り変わりが激しいので、長く使われる可能性が高いパッケージデザインはやりがいを持って取り組むことができます。

特に老舗店が販売している商品のパッケージは時を越えて同じものが使われていることがあります。

そのような店舗の商品のパッケージデザインを担当することで、自分が作り上げたものが多くの方に注目されることがあります。

パッケージデザインによって売上げが左右する

せっかく良質なものを作ったとしても、そのままでは商品の良さは伝わりません。

商品の魅力や購入することのメリットを分かりやすく消費者に伝える役割を持っているのがデザイナーの仕事です。

人目を引く広告によって商品の良さをアピールして、魅力あるパッケージデザインにすることで消費者が思わず商品を手に取りたくなるような衝動を生み出します。

パッケージデザインによって売上げが大きく左右することもあるので、やりがいと共に責任を持って取り組む必要がある仕事です。

デザインが幅広い層から支持される可能性がある

広告は一部のターゲットに向けて作られますが、パッケージデザインは店頭に並ぶことで多くの人の目に留まるという楽しさがあります。

子供からお年寄りまでスーパーやコンビニ、デパートなどを利用する人なら誰でも目にする可能性があるので自分が手掛けたパッケージデザインが幅広い層から支持される可能性があります。

小さなお子さんも知っているパッケージデザインを手掛けることは大きなやりがいにも繋がります。

私が絶対おすすめするイラスト専門学校・通信講座ランキングはこちら

スポンサーリンク

パッケージデザイナーに求められる要素とは

文字・イラスト・写真のレイアウトの能力

パッケージデザインを手掛けるためには、文字・イラスト・写真などのレイアウト能力を磨く必要があります。

パッケージデザインは最終的には立体的なデザインを制作しますが、そのプロセスでは商品名をバランス良く配置したり、効果的にイラストを使うことで商品の魅力を伝えたり、また、写真をプラスするなどバランス良くすべてをまとめる能力が必要なのです、パッケージデザイナーを目指すには、まずはグラフィックデザインの能力を磨くことが大切です。

商品をフラットに眺めてシンプルに表現する能力

パッケージデザインは対象となる商品をフラットに眺めて、その商品の魅力をシンプルに表現する能力が必要です。

商品が持つイメージを色や形にする能力によって、視覚的に強くアピールするデザイン作りを目指すことができます。

発想力も磨く必要がありますが、世の中には魅力的なデザインが溢れているので常にアンテナを張って様々な事柄に興味を持つことも大切な仕事のひとつです。

時代が求めるものをデザインに生かす能力

時代の流れの中で世間から注目されるデザインも変わっていきます。

その時代が求めるものを的確にデザインに生かす能力がなければ、時代遅れのパッケージデザインになったり、または時代から一歩先に進んでいることで一般人からは受け入れられないパッケージデザインになってしまうこともあります。

時代に合わせてほど良く新しさを取り入れながら普遍性のあるパッケージデザインを作り出す能力が必要となります。

クライアントの考えを読み取る能力

パッケージデザインの制作を始める前に、クライアントの考えや希望をヒアリングすることがあります。

打ち合わせを通してクライアントの考えを読み取る能力が必要なので、コミュニケーション能力を磨いておく必要があります。

クライアントの希望を取り入れつつ、専門的なスキルをもとにハイセンスなパッケージデザインを制作できれば仕事を通して高く評価される可能性があります。

パッケージデザインが学べるデザイン専門学校の選び方

グラフィックデザインが学べる専門学校を選ぶ

パッケージデザインという立体的なデザインの段階に入るまでに、商品名やイラストなどをレイアウトする技術を身につける必要があります。

パッケージデザイナーを目指すためには、グラフィックデザインが一通り学べるデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

パッケージデザインコースがある専門学校を選ぶ

パッケージデザインは平面のデザインの要素と立体のデザインの要素のどちらも必要なので、専門的な知識や技術を磨く必要があるのです。

パッケージデザイナーを目指すためにデザイン専門学校を選ぶ時には、パッケージデザインコースがある専門学校を選んで専門的な技術を学ぶことをおすすめします。

デザインソフトについて学べる専門学校を選ぶ

近年デザインのプロの現場ではパソコンやデザインソフトを使った作業が多いため、デザインソフトについて詳しく学べるデザイン専門学校を選ぶことをおすすめします。

パッケージデザイナーを目指すためには、アイディアを紙に描くアナログのスキルと正確なデザイン画にするためのデジタルのスキルの両方が必要となります。

専門学校ではどんな風にパッケージデザインを学ぶのか

①デザインの基礎・応用・発想力を身につける

デザイン専門学校に入学すると、まずはデッサンや文字のレイアウトなどデザインの基礎・イメージを形にする応用力・斬新なアイディアを生み出す発想力などを身につけます。

デザインの土台となる基礎と応用をしっかり身につけることで、自分らしいデザインを作ることができるようになるのです。

②幅広いデザイン制作を通して方向性を決める

パッケージデザインコースがある専門学校では、まずはデザインの基礎となるグラフィックデザインの技術を身につけます。

身につけたスキルを生かした幅広い種類の作品を制作する中で、デザイナーとしての方向性を決めます。

③パッケージデザインコースで専門的な技術を学ぶ

幅広い種類のデザイン制作を経てパッケージデザイン分野に強く惹かれる場合には、パッケージデザインコースを選んで専門的な技術を学んでいきます。

コース選択後は集中的にパッケージデザインについて学ぶので、必要なスキルを効率良く身につけることができます。

まとめ

パッケージデザインはやりがいのある可能性に満ちた職種のひとつです。

デザイン専門学校では、グラフィックデザインに関するスキルを身につけた上でパッケージデザインのスキルを掘り下げて学んでいくので、デザイナーに必要な能力をトータルで身につけることができます。

幅広いデザインのスキルを身につけておけば、イメージを形にしやすくなるので自分のセンスを仕事に発揮することができるでしょう。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 専門学校で学ぶ