おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

タブレット端末で契約をしないで使うためのWiFi接続とは?

   

タブレット端末があれば利用価値がさらに広がるようになって来ましたが、スマホやパソコンのように月々の接続費を支払わなければならないとなるとその負担もかなり大きくなって来ます。

家庭でタブレット端末を使用したいという目的なら、ネット回線にWiFiルーターの導入をすれば実質、接続費はかからなくなります。

どのような方法でどんな機種を選べば良いのかを詳しく見て行きましょう。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

家庭用タブレット端末の選び方

タブレット端末で維持費をゼロにするには、WiFiモデルの本体を選ぶのが前提になります。

維持費としてスマホのように月々の料金が発生する契約をしないで済む方法にするには、欠かせない条件です。

WiFiモデルであれば、家庭で使っているプロバイダ回線を使用できるので、もちろん、使い放題になります。

WiFiモデルを頭に置いたら、今度はOSを決めて行きましょう。

AndroidやiOSがタブレットを動かすためのOSとなります。

自分が使っているスマホと同じOSを選ぶと、馴染みやすく使いやすくなります。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

WiFiルーターの設置をする前に

その前に、家庭でWiFiルーターの設置をしておかなければなりません。

設置をすることで、複数のパソコン、スマホ、タブレットなどの機器を無線で使えるようになります。

WiFiルーターの設置に置いて、注意すべきことをご紹介します。

OSの接続確認情報

WiFiルーターを販売しているサイトでは、OSへの接続確認情報を公開しているので、購入前にはチェックをしておけば安心です。

たとえば、iPadへの接続が可能であるかもすぐに調べられるわけですので、手持ちのタブレット端末やこれから購入する際にも情報を得ておきましょう。

つなぐ機器で「タブレット」を選択

WiFiルーターと一口にいっても様々な商品があり、見た目で区別しようとしても明らかではありません。

そのためには、販売しているサイトでつなぎたい機器から絞り込み検索が出来るようになっているので、まず「タブレット」を選んで行きましょう。

自宅の間取りから選択

次に、自宅の間取りがどれくらいなのかを念頭において、戸建3階かマンション4LDK、戸建2階かマンション3LDKなどの中から、選んでいきます。

間取りに忠実に選ぶ必要はありませんが、参考にして行く判断材料になります。

敢えて、間取りよりも狭い商品を選ぶと思うような接続環境が得られないこともあることを知っておきましょう。

使用しているネット回線から選択

自宅で使用しているインターネット回線により、光ファイバー(高速)、光ファイバー、ADSL、CATVを選択して行きます。

該当する回線を選んで行けば、おすすめの機種にたどり着くようになります。

回線の種類が不明と言う方はまずいないでしょうから、確実に確認をしておきましょう。

通信規格の違い

大切なポイントとして通信規格の違いが挙げられます。

より早い速度を求めるなら「11ac」と表記されているものを選びましょう。

従来の規格でも差支えない場合には、「11n/a/g/b」を選びます。

WiFiルーターは度々買い換えるものではないので、やはり、最新の通信規格を選ぶのが賢明なのは確かです。

絞り込みに役立つ比較表

ご紹介した方法で選択して行くとWiFiルーターの設置が初めてという方でも、機種を絞り込みやすくなりますが、それ以外に判断材料として役立つのが、それぞれの機種の比較表を閲覧することです。

一目瞭然でそれぞれの機種の特徴を比較出来るようになります。

もちろん、タブレット端末におすすめの機能も網羅されているのかもチェックが出来るので決めやすくなります。

WiFiルーターの設置を始めよう

かつては、設置をするのにはかなりの時間がかかるだけではなく、初心者では難しい面も出て来るのが普通でした。

しかし、現在ではかなり改善されているので、スムーズな設定が出来るようになっています。

タブレット端末からの設定も、QRコードを読み取れば可能になっている機種もあるので、比較的手軽に設定がしやすくなっています。

タブレット端末での設定

WiFiルーターの設置をして、タブレット端末での設定も必要になる機種があります。

それぞれの機種でWiFi接続の有無についての設定を「オン」にしておけば、スムーズにつながるようになります。

パソコンでの設定

一方、パソコンでの設定は、所定のURLを入力すると管理画面が開きます。

そちらで、プロバイダ情報やパスワードなどを入力することで完了します。

簡単に設定できるようになってはいるものの、WiFiルーターのプラグを入れる時に同時に設定ボタンを長押しで何十秒押さなければならないことやルーターの点滅や点灯により意味があるので、確認をしながらする必要はあります。

従来のルーター設定では、ネット環境の設定を読み込ませるのに、長いパスワードを入力する必要があるものが大半でした。

現在では、手軽に設定が出来るようになっているため、その分、ボタンの長押しなどの操作は確実に行わないとエラーになってしまうこともあります。

エラー表示の場合には「初期化」も必要

パソコンへの設定をする時に、ルーターが点滅をするなどエラーの表示になることがあります。

その際には、「初期化」と言う作業が必要になります。

ただし、これはルーターにある初期化のボタンを爪楊枝の先端などを使って長押しすることで出来るので、それほど難しいものではありません。

ほとんどの作業でエラーの表示になった場合には、誤ったデータが得られているために初期化をすれば、正常に接続が出来るようになります。

WiFiルーターの設置で接続費をゼロに出来る

タブレット端末を購入するための初期投資はかかりますが、WiFiルーターの設置をすれば家庭内でタブレット端末の接続費はゼロになります。

現在では、スマホを持っていてもタブレットならではの使い勝手の良さもあるので、家庭内での導入も多くなっていますが、ネックになるのがそれぞれの接続費でしょう。

接続費をゼロに出来るようになるWiFiルーターの設置をしない手はありません。

接続費がゼロならWiFiルーターの購入もより良いものを

タブレット端末の接続費が月々かからなくなるわけですので、その分の節約は家計にも大きくゆとりが生まれるようになるのは確かです。

ですから、WiFiルーターを選ぶ際には、出来れば安価なもので済ますよりはより良いグレードのものを選ぶのが賢明です。

たとえば、機能が豊富になるばかりではなく、セキュリティーの強化もされているものがあるので、安全に快適なタブレットライフを楽しむためにも必須ではないでしょうか。

WiFiルーターを選ぶ際には、単なる金額の安さだけで選ぶと思うような速度が出なかったり、接続が途切れてしまったりというトラブルも少なくありません。

快適な通信を求めるのであれば、ある程度の機能を満たしているものを選択するのが得策だと考えておきましょう。

ストレスを感じる使い勝手になれば、結局、ルーターの買い替えに至ったりせっかくのタブレット端末を活用できなくなったりしてしまうので、もったいない話です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまで、タブレット端末は欲しいけれど月々の接続費を思うと戸惑っていたと言う方やお子さんにも安全に使わせたいと思っている方など、WiFiルーターを設置することで接続費をゼロにすることが出来れば、安心して導入出来るようになりますね。

導入の際のポイントをご紹介しましたので、環境に合わせてより良い機種を選ぶ参考になさってみてください。

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末