おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも

*

タブレット端末で料理上手になってみるのは可能か? 独身暮らしに必見

      2017/09/08

料理ブームで、家で何でも作っちゃうことは以前に比べると簡単になっている時代です。

その大きな要因は、ネットで情報が多く手に入れることができ、巧みの熟練技が素人でも動画で見れるようになっているからです。

もちろん、本物の味を追求するには経験と技術の向上の為の訓練が必要です。

それでも、ラーメンの麺の作り方からラーメンスープまで、和洋中に関係なくどのような料理でも作り方の基本を知ることができます。

そこで、便利なのがキッチンにそのまま持ち込めるタブレット端末です。

では、どのようにタブレット端末を活用できるのかまとめてみました。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

料理情報氾濫の時代

何でも手に入る時代から、何でも自家製でできる時代でもある現代です。

料理の名人から言わせるとまだまだ、そんなにあまいものではないと言われるかもしれませんが、これだけ情報が氾濫すると困惑されるかもしれません。

というのが、料理の世界は奥深く、歴史もかなり長いものです。

寿司つくりの職人に関して話すなら、飯を炊くのに3年は必要で、握るのに8年は必要であると言われています。

これは、確かに歴史の深さを物語っています。

当然、かなり上等の寿司をご馳走にあずかるには職人の寿司にはかなわないものです。

そこで、ネットの情報とどうリンクするのか?

というのなら、それはやはりすし飯を作って握りやすい配分に関する情報を得るのにネットは役立つということです。

当然、職人のようにつくることは不可能ですが、とりあえず食べることのできる寿司はできるといったほうが良いでしょう。

ケーキを作るのでも、パスタや麺をつくるのでも同じ理論で考えられます。

適正な配分と基本的な過程を覚えて作るということです。

私が絶対おすすめする液晶タブレットランキングベストはこちら

スポンサーリンク

タブレット端末はどうして料理作りに向いているのか?

では、タブレット端末はどうして料理作りに向いているといえるのでしょうか?

やはりそれは、ネットの情報をキッチンに持ち運ぶことができ、まさに料理のプロがその現場で実践しながら作れるように教えてくれるようなものだからです。

それは、タブレット端末を通して匠の技の動画をどこでも、台所でも見ることができます。

動画にはどのような料理作りについて公表されているでしょうか?

グラタン、クレープ、ラーメンの豚骨スープ、種類に底のないケーキ、ピザ、そして、ありとあらゆる種類のパン、チキン南蛮、寿司、焼き肉、トンカツ、自家製カレーなどもう語りつくせないほどです。

そして、動画に限らず、料理に関するアプリケーションの豊富さもタブレット端末を有効活用できる大きな理由の一つです。

では、料理に活用できるどのようなおすすめアプリがあるのでしょうか?

クックパッドレシピ検索

日本での最大量の料理のレシピを検索が簡単にできる人気のアプリケーションです。

iPad、Androidのどちらでも取得できるアクセスの良い料理系情報発信媒体です。

さらに、カテゴリーごとに細かく分けられており、今ある食材だけでどのように作りたい料理を実践できるのかといったレシピまで取得できるのは魅力的です。

全国の料理マニアが情報を公表してくれていますし、ランク付けと口コミも収められているので自分にあったレシピを検索することができます。

Delish Kitchen

こちらは、おすすめできる最大の理由として動画で料理の作り方を見ることができることです。

料理というのは、料理に使われる用語が存在します。

だからこそ、ここで問題なのがどのように切ればよいのか分からない?

ということです。

例えば、さいの目切りであったり小口切りだったりと用語だけでは分からない時は、このアプリで十分です。

模範を見て料理を学べるおすすめアプリです。

Foodie

出来上がった料理を美味しく見せるように撮影するためのアプリです。

ただ、プロ撮影カメラマンではないのでどのように撮ればよいのかわからないものですが、こちらはジューシーな感じで撮るといったように感覚で撮ることができるアプリです。

作った料理を写真で記録しておくことは大切です。

作った料理を堪能して味わうことができますが、写真として記録することで料理の腕を向上させるモチベーションを維持することにもなります。

綺麗に記録して自分だけの料理アルバムができます。

タブレット端末に付いている料理作りに活用できるアイテムとは?

では、タブレットは確かに、料理用の情報を得るものとして素晴らしい媒体だということは分かりました。

しかし、それだけではないタブレット端末には料理に役立てる多くの機能があります。

  1. 料理を動画撮影して、多くの友人に作った料理を共有できます
  2. 写真を撮ってアルバムにすることもできます
  3. LINE, whatsapp, Skypeなどを使って、料理を作っている最中に料理作りの情報をお互い共有したり教えてもらうことができます
  4. 料理を作りながら音楽を聴くこともできます

このように、タブレット端末に付いている基本的な機能でこれだけのことができます。

さらに、タブレット端末はどこでも持ち運ぶことができるので、動画撮影や写真撮影で、訪ねた街や国で発見した料理法や食材を記録することでさらに料理の知識を増やすこともできます。

特に海外では日本ほど撮影されることを嫌がることはないので、もちろんマナーは重要ですが迷惑がかからないなら撮影して海外ならではの料理方法を撮影して貴重な情報として記録できます。

料理作りの為のおすすめタブレット端末はどれ?

ここでおすすめしたい料理作りにも十分に活用できるおすすめタブレット端末をまとめてみました。

好き嫌いはあるので、抑えておくべきポイントをまず、お伝えします。

大きさは、8インチ以上のほうが動画やネットの情報が見やすいです。

音も鮮明に録音できるものや、音をきれいに聴けるものならベストです。

調理中に聞かれる音は感覚をつかむのに貴重なので見逃せないポイントです。

画面の鮮明さも重要で、特に動画撮影のために必要な部類に入ります。

では、具体的にどういったタブレット端末がおすすめなのかご紹介します。

Xpedia Tablet Z SGP 312JP

こちらは、ソニーの力作でインチも10インチと画面が大きくて見やすいのが特徴です。

また、どうしてキッチンに対応できているのか?

この大きさのタブレット端末では珍しく防水加工が施されているからです。

解像度も1920×1200で、鮮明に画面を見ることができるので、料理の教師としてしっかりとアドバイスを受け止めて理解できます。

こちらのタブレットは料理をあまり知らない方が料理を学びたいと思われる方におすすめしたいタブレット端末です。

Apple iPad Air 2

この定番のアイパッドの強みは大きくて軽いことです。

重さは435gで、インチは9.7インチです。

情報処理速度も速くて情報を読み取る時間が長くてイライラしがちな方にはおすすめできます。

また、タブレット端末を使ったことがない初心者の方でも簡単に操作できるのもおすすめできるポイントです。

iPadならではの使いやすいアプリも多く、料理を作るのに必要なアイテムが豊富で選べることができます。

ネットを使って初めて料理作りに挑戦という方にもおすすめします。

Huawei Media Pad T1

こちらのタブレット端末のストロングポイントは、駆動時間の長さです。

48時間もバッテリーが持つのは、外で持ち歩いてでも使いたいという方にもおすすめできます。

さらに、広視野角IPSスクリーンなので様々な角度からでも画面を鮮明に見ることができるので、料理中にパット画面を見ても情報しっかりとキャッチできます。

大きさは7インチですが、90%以上の透過率なので光の屈折がなく、しかもWSVGA画素、1600万色なので画面が綺麗で、見やすいので問題なしです。

旅先でも、友人の家でも料理をするという方にとっては良きパートナーとなるタブレット端末です。

まとめ

男子も料理をする時代で、一人暮らしの方も増えている現代において料理をする人が増えてきています。

せっかく料理に時間と費用をかけるのなら、それなりに本格的な料理を作りたいものです。

そこで、ネットの情報はクオリティーがそれなりに高い料理を作るのに大きいな助けになります。

それでも、キッチンでその情報を得たいものです。

その為のタブレット端末だからこそ上手に活用して料理上手を目指しましょう!

スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - タブレット端末